So-net無料ブログ作成

どんどんズレている気がする [お仕事(講義・講演)]

10月31日(木)

今年度(6月)に続き、神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部看護学科からゲスト講義(精神看護学Ⅱ)の依頼。
2年続きの依頼ということは、まあ評判は悪くなかったということなので、よろこんでお引き受けする。

『保健の科学』(杏林出版)という雑誌から「ICD-11とLGBT(仮)」というテーマで執筆依頼。
まあ、書けなくはないけど・・・。

仕事の依頼があるのは、とてもありがたいことなのだけど、自分の本当の専門領域から、どんどんズレている気がする。

私はもっと世の中の役に立たない、セクシュアルでマニアックなことを話したり書いたりしたいのだ。
nice!(0)  コメント(0) 

『週刊現代』2019年11月2・9日合併号、特集「巨乳の心理学」 [現代の性(一般)]

10月31日(木)

『週刊現代』(講談社)2019年11月2・9日合併号の巻末特集「巨乳の心理学」。
IMG_0739.JPG
↑ 巻末特集の内扉の上部。
下3分の2は乳房のアップ写真なので、ここには載せられない。
IMG_0741.JPG
↑ 表紙を見ると、死期が遠くない高齢男性が読者層であることがわかる。

自分が仕事としてかかわった記事だけど、あまりに内容が低劣で、紹介する気にならなかった。

私のコメントは下記。
--------------------------------
明治大学非常勤講師で、性社会・文化史を研究する三橋順子さんが乳房への興味の変遷を解説する。
「江戸時代の春画がでは大半が着衣性交です。胸を露出したものは少ない。性器や顔や髪を微に入り細を穿って精緻に描くような情熱が、乳房にはありません。かつての日本人は、乳房に強い関心を持たなかったのです。
 ’80年代初頭まで、電車や公園内で母親が授乳する光景は日常的に見られました。公共の場での授乳が消滅したのは、社会全体で乳房が性的な対象として見られるようになったからです」

あと、3つある短いコラムの1つ「乳房は”圏外”だった」も、私のネタ。
「江戸時代の性生活における技法に関する書籍には『男性期』『女性器』の9段階に分けられたランキングはあるが、『乳房』に関してのランキングはなかった」

nice!(0)  コメント(0) 

首里城、焼失 [事件・事故]

10月31日(木)

起きてパソコンを開いたら、首里城の火災、正殿ほか焼失のニュースに呆然。
首里城焼失.jpg
南海の王国:琉球の象徴、沖縄の人たちの誇りが無惨な姿に。
首里城焼失2.jpg
図面はあるから復元はできるだろうが、はたして何年かかることか。

ノートルダム大聖堂の火災も衝撃だったが、行ったことのない外国のことなので、どこか他人事だった。
でも、首里城は行ったことあるし、沖縄の人たちの思いも(ある程度)わかる。
復元遺構としても、とてもすばらしく勉強になるところ。
それだけに。ショックが大きい。
首里城.jpg
↑ 2013年6月、首里城正殿前で

首里城見学記
https://junko-mitsuhashi.blog.ss-blog.jp/2013-06-10-3
nice!(0)  コメント(0) 

10月30日(水)ブログ「日記」の手入れ [日常]

10月30日(水) 晴れ  東京  22.7度  湿度55%(15時) 

10時半、起床。
朝食は、スイートポテトデニッシュとコーヒー。
191030 (1).JPG
今日は、休養。
溜まっているブログ「日記」の手入れ。

昼食はレトルトカレー。
191030 (2).JPG
けっこうスパイシーで、まずまずの味。
191030 (3).JPG

零余子(むかご)、これだけで190円。
191030 (4).JPG
半分は蒸してそのまま食べる。
半分は、ご飯に入れる。
191030 (5).JPG
もう少し塩気がよかったかも。

夕食は、鶏鍋。
191030 (6).JPG
体が温まる。
191030 (8).JPG
庭でなったカボス。
191030 (7).JPG
食べきれないほど成っている。

夜中、またブログ「日記」の手入れ。
就寝、3時。

nice!(0)  コメント(0) 

トランスジェンダーの自転車王者、女子種目出場禁止は「人権否定と同じ」 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

10月30日(水)

Trans-womanアスリートの女子競技からの排除には、人権擁護の観点から絶対反対。

しかし、女子競技の公平性という観点から、まったく無条件に参加というわけにはいかないだろう。
なんらかの基準は設けるべきだと思う。

そうなると、やはりテストステロン(男性ホルモン)値の抑制が、(万全ではないが)いちばん現実的だと思う。

-------------------------------------------------------
トランスジェンダーの自転車王者、女子種目出場禁止は「人権否定と同じ」

レイチェル・マッキノン.jpg
UCIマスターズ・トラック世界選手権、女子スプリント35歳~39歳の部を制したレイチェル・マッキノン(2019年10月19日撮影)。(c)OLI SCARFF / AFP

【10月30日 AFP】スポーツ界でトランスジェンダー女性が女子種目に出場することについて議論が広がりを見せる中、トランスジェンダーの自転車選手、レイチェル・マッキノン(Rachel McKinnon、カナダ)が、自身には女性種目に出場する権利があると主張した。

スポーツ界では国際陸上競技連盟(IAAF)が先日、トランスジェンダーの女子選手はテストステロン値を著しく下げなくてはならないとする新規則を導入した。しかし、スウェーデンのカロリンスカ研究所(Karolinska Institute)によれば、トランスジェンダー女性のテストステロン値を抑制しても、筋力を減らす効果は限定的だとされている。

マッキノンもその研究結果を知っていると言うが、トランスジェンダー女性が競技に参加することは人権で保障されていると話す。

今月英マンチェスターで行われたUCIマスターズ・トラック世界選手権(2019 UCI Track Cycling World Masters Championship)の女子スプリント35歳~39歳の部で連覇したマッキノンは、大会開幕前に英スカイニューズ(Sky News)に対し、「すべての医療記録は私が女性であると示している」「医師には女性として扱われているし、レース資格も女性。でも私の存在に反対する人は、いまだに私を男性だと考えたがっている」と述べた。

「女性より男性の方が強いという固定観念が存在するから、人々は不当なアドバンテージがあると考える。トランスジェンダーの女性が競技するのを妨げたり、薬の服用を義務付けたりするのは、人権を否定しているのと同じ」

また、トランスジェンダー女性が他の女子選手よりも身体的な優位性を持つことはあり得るとした上で、「1位の男性選手と1位の女性選手よりも、同じ性別の1位と8位の選手の差の方が大きい五輪競技は多い」と付け加えた。(c)AFP

[AFPニュース]2019年10月30日 10:32 発信地:ロンドン/英国
https://www.afpbb.com/articles/-/3250335?fbclid=IwAR1-9d5sFdAL2G0T4ziZ5DJjXqPL28YNYRtxuhiqCUJrVZCGWZ_7aq5q90o

nice!(1)  コメント(0) 

高3男子にわいせつ行為 埼玉県の教諭逮捕 [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

10月30日(水)

児童買春禁止法の大きな効用は、わいせつ行為の対象が少年であっても、適用できること。
これまで法の適用外(野放し)だった少年に対する買春行為を摘発し、かなり厳しい罰則(5年以下の懲役又は300万円以下の罰金)を科せるようになった。

この高校教員も有罪なら懲戒免職だろう。

-------------------------------------------------------
渋谷のトイレで高3男子にわいせつ行為 埼玉県の教諭逮捕

事件事故 県警少年捜査課と栄署は28日、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで、埼玉県所沢市、同県立高校教諭の男(42)を逮捕した。

逮捕容疑は、6月9日午前11時半から約20分間、東京都渋谷区の商業施設内の男子トイレで、東京都大田区に住む高校3年の男子生徒(17)に現金7千円を渡し、わいせつな行為をした、としている。「18歳以上だと思っていた」と供述、容疑を否認しているという。

署によると、2人は6月にツイッターで知り合ったという。県警のサイバーパトロールで発覚した。

『神奈川新聞』 2019年10月28日 19:28
https://www.kanaloco.jp/article/entry-204957.html



nice!(0)  コメント(0) 

1960年代のゲイバーの映像 [性社会史研究(性別越境・同性愛)]

10月30日(水)

28日放送のNHK総合「首都圏ネットワーク」特集「オリンピックとLGBT」で流れた1960年代のゲイバーの映像。
IMG_0688 - コピー.JPG
ほんの数秒だが、NHKのアーカイブスにある唯一のゲイバーの映像。
他にも同様の保存映像はないと思われ、きわめて貴重。
場所は、銀座の「青江」と思われる。


nice!(0)  コメント(0) 

前田 良『パパは女子高生だった―女の子だったパパが最高裁で逆転勝訴してつかんだ家族のカタチ』 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

10月30日(水)

前田 良さんから新著『パパは女子高生だった――女の子だったパパが最高裁で逆転勝訴してつかんだ家族のカタチ』(明石書店、2019年10月)をいただく。
パパは女子高生だった.jpg
ありがとうございました。
講義などでも、紹介したいと思います。

nice!(0)  コメント(0) 

「頭 カルピス」「カラダ カルピス」 [日常(料理・食べ物)]

10月30日(水)

新製品の「サポート カルピス」、なんでも、頭が良くなるカルピスらしい。(← そんなこと書いてないにゃ)
IMG_0681.JPG
子供の頃から「カルピスで育った」と言われたくらいの「カルピス小僧」なので、乳酸飲料の味にはうるさいが、これはおいしい。

いつもは画像右の「体脂肪を減らす カラダ カルピス」を飲んでいる。
IMG_0730.JPG
これからは「頭 カルピス」も飲むようにしよう。

nice!(0)  コメント(0) 

「富士回遊16号」が壊れた [お仕事(講義・講演)]

10月29日(火)
(続き)
都留文科大学での講義(2コマ)を終えての帰路。

富士急行・都留文科大学前駅から15時33分発の特急「富士回遊16号」に乗る。
車内で出欠記入をしている内に大月駅に到着。

そこで甲府から中央本線を走ってくる「かいじ16号」が連結するのだが・・・。
いつもは、ほんの軽い衝撃なののに、今日はガッシャンという感じでかなりの衝撃。
「あれ?今日はずいぶん(連結作業が)荒いな」と思った。

連結作業が終われば、すぐに発車するはずなのに、なかなか動かない。

そのうち「連結作業の確認をしていますので、しばらくお待ちください」の車内放送。
それが、
「連結作業の確認を行っていますが、時間がかかりそうです」
になり、さらに
「向かいのホームの各駅停車高尾行が先に発車します」
これはおかしいな、かなり重大なトラブル発生だな、と思っていたら、
「富士回遊16号とかいじ16号は、車両故障のため大月駅で運転を打ち切ります」
のアナウンス。

近くの席の外国人女性が何か尋ねてきた(たぶん「どうしたのですか?」)ので、手で×印を作って、降りるように伝える。

ホームに降りて、「富士回遊」と「かいじ」の連結部(3号車と4号車の間)を見ると、連結器はつながっているものの車両をつなぐ幌がない。
向こうが見える状態。
IMG_0721.JPG
ここからは推測だが、荒っぽい連結作業の衝撃で、連結後に自動的に出てくるはずの幌(を動かす装置)が故障して、手動でも動かせない状態になってしまったと思われる。

IMG_0722.JPG
↑ 幌が畳まれたまま。
IMG_0785.JPG
↑ ほんとうはこうなるはず(2019年11月5日撮影)

「富士回遊」と「かいじ」の乗客は、肌寒いホームで15分ほど待たされ、後続の特急「あずさ22号」を大月駅に臨時停車させて収容。

復旧2日目ということで、(全車)指定席に空席が多く、幸いほとんどの人が座れた。
結局、大月を発車したのは、16時55分。
「富士回遊16号」の大月駅発車は15時55分だから、1時間遅れたことになる。
立川駅には17時40分着(1時間10分遅れ)

ということで、通常より1時間20分遅れで、武蔵小杉駅に帰着。

自宅最寄り駅前の「ドトール」で休憩
191029-4.JPG
やれやれ。

19時半、帰宅。
夕食は、回鍋肉を作る。
191029-5.JPG

食後、1時間半ほど仮眠。
お風呂に入って温まる。
就寝、1時。

nice!(0)  コメント(0)