SSブログ
スポーツ ブログトップ
前の10件 | -

今年のフロンターレ [スポーツ]

5月14日(土)

開幕から無敗街道を突っ走った昨シーズンが「異常」で、今シーズンが「通常」なのだろうな。

川崎フロンターレ 2-0 アビスパ福岡

これで12試合8勝2分2敗、勝点26、得点19、失点12、得失点差+7。

首位を行く鹿島アントラーズ(13試合、勝点28)を勝点差2で追う展開。
3位は、横浜Fマリノス(12試合、勝点24)。

現在のところ、実力&安定感で、この3チームが抜けているように思う。


nice!(0)  コメント(0) 

佐々木朗希投手、28年ぶりの完全試合 [スポーツ]

4月10日(日)

ロッテの佐々木朗希投手(20)が、オリックス戦でプロ野球28年ぶりの完全試合を達成。

すごいなぁ。

完全試合だけでも偉業なのに、13連続奪三振の日本記録も(これまでの記録は9連続で、64年ぶりの更新)。
19奪三振は日本タイ記録。
20歳5カ月での達成は史上最年少記録。

最速164キロの速球と140キロ台後半の高速フォークのコンビネーション。
あの、高速フォークはまず打てない。
プロのバッターがまともにバットに当たらないのだから。


nice!(0)  コメント(0) 

サッカーW杯2023出場決定! [スポーツ]

3月24日(木)

W杯2022(カタール)アジア最終予選B組、2位日本代表はアウェーで、3位オーストラリア代表と最終決戦。

苦戦の末、後半39分に入ったFW三苫が、44分DF山根(フロンターレ)のクロスに合わせて決勝点。
さらにロスタイムに、ドリブルで持ち込み駄目押し。

2ー0の勝利。
W杯出場決定!
おめでとうございます

お気に入りの同じ選手ばかりをかたくなに使い続けた森保監督の方針を見事に裏切った、フロンターレ出身の三苫、偉い!
nice!(0)  コメント(0) 

日本代表はフロンターレ選抜? [スポーツ]

3月19日(土)
J1 第5節

サンフレッチェ広島 0-2 川崎フロンターレ

これで、7試合5勝1分1敗、勝点16、12得点、7失点、得失点差+5。
開幕直後の失点の多さが、だいぶ改善されてきた。
でも、代表選に選手を取られ、苦境が続く。

ところで、W杯アジア最終予選、オーストラリア戦の予想先発メンバーはこんな感じらしい。

三笘 伊東
守田 田中
遠藤
旗手 谷口 吉田 山根

FWの三苫、MFの守田と田中、DFの旗手、谷口、山根。
フィールドプレーヤー10人の内6人がフロンターレに在籍した選手(谷口と山根は現在も所属)。
Jリーグのオリジナルメンバー(オリジナル10)ではない二流チームと蔑まれ、代表選で冷遇されてきたチームに、ここまで頼らざるを得ない日本代表。

nice!(0)  コメント(0) 

J1、序盤戦 [スポーツ]

3月6日(日)
J1、まだ序盤戦だけど、今シーズンの様相が見えてきた感じ。

1 横浜Fマリノス  5試合3勝1分1敗 勝点10 +4
2 川崎フロンターレ 5試合3勝1分1敗 勝点10 +2
3 柏レイソル     3試合2勝  1敗 勝点6 +3
4  鹿島アントラーズ 3試合2勝  1敗 勝点6  +1
5 ジュビロ磐田   3試合1勝1分1敗 勝点4 +2
6 名古屋グランパス  2試合1勝1分   勝点3 +2

試合数がバラついているが、やはり横浜Fマリノスが優勝候補筆頭だろう。
続いて、レイソル、アントラーズ、グランパスあたり。
伏兵は、J1復帰のジュビロか。

3連覇を狙うはずのフロンターレは、選手不足で苦しい。
連敗をせず、地道に勝点を拾って、早く残留を決めて欲しい


nice!(0)  コメント(0) 

フィギアスケート・エキシビション [スポーツ]

2月20日(日)

オリンピックのフィギアスケート・エキシビションは、世界最高レベルのアイスショー。
スペインやイタリアのラテン系選手の演技はコミカルで楽しい。
スペインペアはエアロビクス。
イタリアペアは「ロッキー」。上半身裸で表情にダウン。
クビテラシビリ(ジョージア)の演技には、トゥルソワ(ROC)が、ジャスミン役でランプをもって登場。
そのトゥルソワはセクシーにワンダーウーマン
キーガンメッシング(カナダ)は禁じ手くんバックフィリップ。
樋口新葉さんはピンクの衣装で「Primavera」。
坂本香織さんは黒の衣装でタンゴ。
宇野昌磨くんはマイケルジャクソン。
羽生結弦くんは「春よこい」で、まるで桜の精。
鍵山優真くんはMISIAの「明日へ」。

いよいよ金メダリスト。
シェルバコワ(ROC)、白い天使のような衣装で美しい。
アイスダンスの優勝ペアガブリエラ・パパダキス+ギヨーム・シゼロン組(フランス)はとても情緒的。
ネイサン・チェン(アメリカ)、けっこう本気で滑ってる。
バックフリップ入れた。
ラストは、ペア優勝の隋文静・韓聡組(中国)。
本当なら「トリ」は男子シングルの王者なのだけど、地元だから仕方がないか。


nice!(0)  コメント(0) 

カーリング女子「ロコソラーレ」決勝進出 [スポーツ]

2月18日(金)

カーリング女子 準決勝
日本 8ー6 スイス

日| 001 041 0101=8
ス| 010 100 3010=6

予選1位のスイスを破り、決勝進出!
銀メダル以上が確定。

決勝戦の相手はイギリス。
延長戦の激戦の末、スウェーデンを破る。
ス | 4010020103| 0 = 11
イ | 0301102040| 1 = 12


nice!(0)  コメント(0) 

J1開幕戦 [スポーツ]

2月18日(金)
J1開幕戦。
いきなり「多摩川クラシコ」。

川崎フロンターレ 1ー0 FC東京
(勝点3)        (勝点0)

ダミアンの決勝ゴールで勝ったものの、試合内容は押されっぱなし。
メンバーが揃わない。

3連覇をを目指す今シーズンだけど、若い主力選手が次々に渡欧してしまい、苦戦だと思う。
評論家の予想もかんばしくない。
優勝争いはきついかもしれないが、いつものようにコツコツ勝点を積んでいくしかない。。
nice!(0)  コメント(0) 

よかった、よかった [スポーツ]

2月17日(木)

北京冬季オリンピック、スピードスケート女子1000m
高木美帆選手が金メダル。

良かった。これだけ頑張って金なしでは、あまりに可哀そうだと思っていたので。
これで、金・銀・銀、銀、すごいな。

女子フィギア
金 アンナ・シェルバコワ(ロシア)
銀 アレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア)
銅 坂本香織(日本)
4 カミラ・ワリエワ(ロシア)
5 樋口新葉(日本)

やはり、4回転を跳ばないと、基礎点で勝負にならない。
ワリエワは精神的に辛かったのだろう、
シャンプが崩れ、演技全体にに精彩がなかった。

坂本香織選手が銅メダル。
SP、フリーともにノーミス&自己ベストの見事な演技が、日本女子フィギア4人目(過去は銀・伊藤みどり、金・荒川静香、銀・浅田真央)のメダルにつながった。
トリプルアクセルを着氷して5位の樋口新葉選手も、よくやった。
nice!(0)  コメント(0) 

W杯2022アジア最終予選第8戦 [スポーツ]

2月1日(火)

W杯2022アジア最終予選第8戦

日本 2ー0 サウジアラビア
(勝点18) (勝点19)

首位を独走していたサウジアラビアに完勝。
W杯、出場に望みをつなぐ。
次のオーストラリア戦(アウェー)が最終決戦。

オマーン 2-2 オーストラリア
(勝点8)    (勝点15)

ライバルのオーストラリアが引き分け。

これで日本との勝点差は3になったが、得失点差で依然、オーストラリアが優位のため、次戦、オーストラリア戦(アウェー)で日本が負けると、勝点で並び得失点差で、逆転される状況に変わりはない。

勝てば、最終戦(ベトナム)を待たずに、W杯出場が決定する。

ベトナム 3-1 中国
(勝点3)   (勝点5)

ここまで全敗だったベトナムが、ホームで中国に勝って意地を見せた。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - スポーツ ブログトップ