SSブログ
お仕事(調査) ブログトップ
前の10件 | -

1月7日(金)国会図書館へ [お仕事(調査)]

1月7日(金)

14時過ぎ、予約しておいた国会図書館へ。
IMG_9629.JPG
この感じだと、またいつ閉館になってしまうかわからないので。

比較的空いていた。

3時間ほど、資料と論文(針間克己先生の3本)のコピー作業。

17時過ぎ、退館。

国会議事堂の上にお月様。
IMG_9632.JPGIMG_9633.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

9月30日(木)国会図書館へ [お仕事(調査)]

9月30日(木)

13時過ぎ、久しぶりに、永田町の国会図書館へ。
IMG_9026.JPG
友人の訃報の悲しみと、苦手な高湿度で、心身不調。
いつものように頑張れず、予定していた調べものだけを済ます。

15時、退館。
nice!(0)  コメント(0) 

8月14日(土)葛飾・柴又へ [お仕事(調査)]

8月14日(土)

お天気、悪いけど、久しぶりに外出。
東京を横切って葛飾・柴又へ。
19年ぶりに寅さんに再会。
IMG_8530 - コピー.JPG
14時50分、柴又駅から数分の「喫茶セピア」の2階にある「キャンディ・キャンディ博物館」へ。
IMG_8493.JPG

29日(日)のトークライブのご挨拶と事前取材。

広いとは言えないスペースに、キャンディ・キャンディグッズがいっぱい。
IMG_8498.JPG
↑ 身長130cmm等身のキャンディ人形。
頭部はキャンディさんの手製(なんとなくご本人に似ている)
IMG_8511.JPG
↑ 物語に出てくる教会。キャンディさん手製で、ステンドグラスも表現されている。

フジテレビ「ザ・ノンフィクション」のリアクション対応でお疲れと聞いて心配しいたキャンディ・ミルキィさん、お元気な様子で何より。
IMG_8497.JPG





nice!(0)  コメント(0) 

3月3日(水)国会図書館へ [お仕事(調査)]

3月3日(水) 晴れ  東京  11.8度  湿度30%(15時)

10時、起床。
朝食はダークチェリーパイとコーヒー。
210303-1.JPG
12時半、家を出る

新丸子駅前の河津桜、満開。
IMG_6857.JPG

昼食は、永田町駅構内の「C&Cカレー」。
210303-2.JPG
カツが切れていて揚げるまで、ちょっと待たされる。

14時、久しぶりに国会図書館へ。
IMG_6868.JPG
3時間ほど調べもの。
それなり成果有り。
17時20分、退館。
IMG_6866.JPG
ちょっと疲れた。

自宅最寄り駅前の「ドトール」で休憩。
210303-3.JPG
抹茶ミルフィーユとコーヒー。

19時、帰宅。
夕食は、釜飯を注文。
私は、鰻玉子。
210303-4 (1).JPG
210303-4 (2).JPG
210303-4 (4).JPG
家猫さんは蟹・いくら・ウニの三色。
210303-4 (3).JPG
おいしかった。

就寝、3時。

nice!(0)  コメント(0) 

7月31日(金)久しぶりの国会図書館 [お仕事(調査)]

7月31日(金)  曇り  東京  29.6度  湿度75%(15時)

9時、起床。
朝食は、マロンロールとコーヒー。
IMG_4332.JPG
化粧と身支度。

11時、家を出る。
東急目黒線・東京メトロ南北線で永田町駅下車。
抽選に当たったので、国会図書館へ。
IMG_4338.JPGIMG_4335.JPG
入館は本館からのみ、アルコールで手指消毒、体温検査が必須。

それは、まあ、良いのだけど、本館は例によって空調の効きが悪く、蒸し暑い。
ペットボトル持ち込み不可は図書館だから仕方がないが、館内の水飲み機は全部、使用禁止。

14時05分に本館6階の食堂に行ったら、食券が「発売中止」。
あれ?と思ったら、営業時間12~14時。
仕方なく、新館の喫茶室に行ってみたら、やはり12~14時。

結局、在館中の4時間、水分補給ができなかった。
私のように、少量多数回、水分補給する習慣がある人には辛い。

やはり軽い脱水症状に。

16時30分、退館。
IMG_4337.JPG
疲れたけど、ミッション・コンプリート。
これで、夏休み中に、論考3本くらい書ける。

永田町駅構内の「C&Cカレー」で、やっと遅い昼食。
IMG_4339.JPG
入館前に食べて置くべきだった(後悔)。

自宅最寄り駅前の「ドトール」でクールダウン。
IMG_4340.JPG

夕食は、煮カツを作るが、昼食がとても遅かったのと、疲労で、あまり食べられない。
IMG_4341.JPG

食後、涼しい部屋で2時間ほど眠り、やっと体調回復。

夜中、コピーしてきた資料の整理と分析。

就寝、4時。



nice!(1)  コメント(0) 

11月1日(金)国会図書館へ [お仕事(調査)]

11月1日(金)  晴れ  東京  23.9度  湿度64%(15時)

10時半、起床。
朝食は、ラズベリークリームパンとコーヒー。
IMG_0746.JPG

今日は学園祭の準備とかで関東学院大学の講義はお休み。
ちと左足が痛むが、籠ってばかりいられないので、これから国会図書館に行ってくる。
ただ、「日本のクィア・アート」に入れるゲイ・エロティック・アートの資料収集なので、あまり心が躍らない。
これがきれいなトランス姐さんの資料収集なら、気合の入り方がぜんぜん違うのだが。

12時40分、家を出る。
IMG_0748 - コピー.JPG
さわやかな秋晴れ。
IMG_0750.JPG
東急目黒線→東京メトロ南北線で永田町駅へ。
昼食は駅構内の「C&Cカレー」。
IMG_0749.JPG

14時、国会図書館に入館。
さっそく、田亀源五郎先生の『日本のゲイ・エロティック・アート』Vol.1~3を請求したら、一般書籍の閲覧室(本館2階)ではなく「図書別室」(本館3階)に行くように言われる。
で、私しかいない隔離されたような部屋で、本を出してもらったが、著作権の関係で、絵は1枚の半分、田亀先生の解説・解題も(署名記事なので)半分以下しかコピーできないとのこと。
まあ、国会図書館が、著作権法を杓子定規に適用する図書館なのは今までの経験でよく知っているので、予想通りなのだが。
だから、私は、著作権法の適用が少し緩い(抜け道がある)都立中央図書館(広尾)を好んで利用するのだが、この本は、都立中央図書館には収蔵されていない。
まあ、田亀先生が集めたゲイ・エロティック・アートがどんな感じなのかはわかったし、データとしてまず知りたかった主な画家の生没年もメモしたから、無駄ではなかったのだが・・・。
でも、やっぱり絵がまったくコピーできないと仕事上(「日本のクィア・アート」の台本つくり)困る。

気を取り直して、論文6本をコピー。
16時半、退館。
IMG_0751.JPG

東京メトロ半蔵門線で神保町へ。
「東京堂書店」で、読みたい論考が載っている『現代思想』(青土社)を購入。

19時、帰宅。
資料収集がうまくいかなかったことに腹が立つ。
で、腹が立ったら、お金で解決(←それ、駄目にゃ! 悪い癖にゃ!)。
ド~~~~ン(地雷を踏む音)。
日本のゲイ・エロティック・アート1.jpg日本のゲイ・エロティック・アート3.jpg
Amazonで1万5000円を散財。

夕食は、家猫さんが「発作」を起こして買ってきた超高級(200gで3000円!)松坂牛。
191101-4 (1).JPG
塩・胡椒だけして、あっさり味のミニ・ステーキに。
191101-4 (2).JPG
おいしい!

お風呂に入って温まる。

就寝、2時。

nice!(0)  コメント(0) 

10月5日(土)鹿児島出張2日目(その1:鹿児島市「常磐遊廓」跡のフィールドワーク) [お仕事(調査)]

10月5日(土)  晴れ  鹿児島  30.8度  湿度52%(15時)

7時、起床(東急REIホテル)。
8時50分、朝食。
9時半、チェックアウト。
鹿児島中央駅前の「ソラリア西鉄ホテル」に荷物を預ける。

午前中、鹿児島市「常磐遊廓」跡(甲突町)のフィールドワーク。

暑い! 平年より+3.7度




nice!(0)  コメント(0) 

10月4日(金)鹿児島出張1日目(その1:出水市のフィールドワーク) [お仕事(調査)]

10月4日(金)  晴れ  鹿児島  31.0度  湿度61%(15時)

6時半、起床。
朝食は、アップルパイとコーヒー。
IMG_0318.JPG
8時半、家を出る。
武蔵小杉駅からJR南武線で川崎駅へ、地下道を歩いて京急川崎駅から羽田空港へ。
先月の沖縄出張では、台風15号の影響で空港までがすごく大変だったが、今日は何事もなし。
早く着きすぎたので、22番搭乗口近くの「ねんりん屋」へ。
IMG_0320.JPGIMG_0321.JPG
温かいバームクーヘンにアイスクリームをのせて食べる。

10時00分羽田空港発SNA073便(B737-800)に搭乗(10分延発)。
IMG_0323.JPG
10時30分、離陸。
空弁は「穴守いなり寿司。
IMG_0324.JPG
機内サービスのあご出汁スープがおいしい。
IMG_0325.JPG

11時54分、鹿児島空港に着陸。
予定より10分ほど遅れたが、荷物の回収、バスへの乗車はスムーズにいく。
12時50分、鹿児島中央駅駅に到着。
荷物をコインロッカーに預けて、九州新幹線13時04分発「さくら404号」に乗車。
IMG_0326.JPG
ふ~、間に合った。

居眠りする間もなく、13時27分、2つ先の出水駅で下車。
あれ?新幹線口にタクシーがいない。
在来線口に回ってみる。
やっぱりない。

C56(92号機)がいた。
IMG_0329.JPG
なかなか状態が良い。

やっと来たタクシーで鹿児島県立出水高校へ。
IMG_0340.JPG
↑ 武家屋敷風の白壁がめぐる。

校門前の「出水兵児(いずみへこ)」の碑を撮影。
IMG_0334 - コピー.JPG
IMG_0337 - コピー.JPG
IMG_0333 - コピー.JPG
碑は思ったより小さかったけども、薩摩藩の北の守り(肥後隈本藩との国境)「出水兵児」の気概が感じられる。
IMG_0335.JPG
↑ 1966年(昭和41)商業科卒業生の建立。

8分ほど歩いて、肥薩おれんじ鉄道線(旧・鹿児島本線)西出水駅へ。
IMG_0341.JPG
周辺に高校が多いので朝夕は生徒たちで賑わうが、平日昼間なので誰もいない。
IMG_0342.JPG

10月とは思えない暖かな風に吹かれながら無人のホームのベンチに座っていると、電車通学だった高校生の頃を思い出す。
あれからもう50年、ずいぶん遠いところまで来てしまった。
IMG_0342.JPG
乗客は私だけで、ほんとうに誰もいない。
ふと、本当に電車は来るのだろうか?と不安になる。

14時24分、来たのは「くまモン」電車だった。
IMG_0343.JPG
車内には、あちこちに「くまモン」(熊本県のマスコットキャラクター)がいる。
IMG_0345.JPG
IMG_0346.JPG
IMG_0347.JPG
IMG_0349.JPG
IMG_0344.JPG
↑ これが、いちばん風情があってよろしい。

14時40分、2つ隣の米ノ津(こめのつ)駅で下車。
IMG_0351.JPG
IMG_0350.JPG

米ノ津は、八代海に面する薩摩藩領最北の港町。
駅から緩い坂道を上って薩摩二宮「加紫久利(かしくり)神社」を目指す。


以前、論文「強豪力士は女だった!? ―鹿児島県出水市加紫久利神社の石燈籠をめぐる説話から―」(都留文科大学ジェンダープログラム7周年記念論集『ジェンダー研究で拓く共生社会』論創社 2013年3月)で取り上げた江戸時代の力士(関脇)出水川奉納の石灯籠(の残骸)を見学。

夕方、鹿児島市に戻る。


nice!(0)  コメント(0) 

紐付き研究費よりも、研究上の精神と行動の自由を選ぶ [お仕事(調査)]

9月13日(金)

Facebookとブログに「今日(9日)から沖縄出張」と書いたことを、某共同研究プロジェクトの代表者からメールで咎められた。
インタビュー対象者のプライバシーを守る「倫理規定」に触れるのだそうだ。

私、ただ「沖縄出張」と書いただけで、調査に行くとも、インタビューをしに行くとも、その対象者が誰とも、それが某共同研究プロジェクトの調査の一環であるとも、まったく書いていないのに。

また、「用務以外の活動はしないこと」と釘をさされた。
申請した内容以外の調査行動は「対象外調査」で「倫理規定」違反とのこと。

私のようなタイプの研究者は、街を歩き、景色を見て、物を食べることも、すべてフィールドワークであり、広い意味の調査だ。
それをしてはいけないとなると、身動きができなくなる。

実はもう、そのメールをもらった9日夜の時点で、那覇の戦後の性風俗街「栄町」のフィールドワーク調査(対象外調査)をしてしまった。
12日には、沖縄県立博物館で開催中の「台湾展―黒潮でつながる隣ジマ―」に行くつもりだった(実際に「対象外調査」した)。

ということで、そうした「倫理規定」とやらは、私にはとうてい遵守できないので、共同研究プロジェクトから離脱する旨をお返事した。
「倫理規定」違反とやらを後から外部から指摘されて、ご迷惑をかけたくないので、リスク回避として前もって降りるということ。

その代わり、今回の沖縄出張の経費(交通費と宿泊代で12~13万円)は申請しない(もらわない)。

私は、10数万円の理不尽な制約が多い紐付き研究費よりも、研究上の精神と行動の自由を選ぶ。

nice!(1)  コメント(0) 

9月11日(水)沖縄出張3日目(南定四郎さんのインタビュー調査②) [お仕事(調査)]

9月11日(水)  晴れ  那覇  32.9度  湿度69%(15時)

7時、起床。
よく眠ったので、体調回復。

9時、朝食。
1階のレストラン「野の葡萄」で沖縄料理のバイキング。
190911-1 (1).JPG
沖縄そばにソーキ。
190911-1 (2).JPG
デザート。
190911-1 (4).JPG

10時、ホテルを出て、牧志駅からゆいレールに乗る。
ホームから見える壺屋小学校で「エイサー」の練習をしている。
IMG_9917.JPG
IMG_9918.JPG

今日は旭町駅で下車。
那覇バスターミナルとデッキでつながっていて便利。

少し早かったので、階上の商業施設「那覇オーパ」 で、フルーツ・ティー。
190911-2.JPG
10時半、昨日と同様、石田仁さんと待ち合わせて、中部方面行のバスに乗る。
車中、資料読み。

1時間10分ほど乗車して、昨日より1つ手前でバスを降りる。
下車したら目の前が「やよい軒」。
ここでいいや。
190911-3 (1).JPG
↑ おろしハンバーグ定食
190911-3 (2).JPG

タクシーを拾って15分ほど走り、南定四郎さん(ゲイ雑誌『アドン』の元編集長で、ゲイ・アクティビスト)のお宅へ。
昨日同様、お座敷で、13時から16時まで、3時間ほどお話をうかがう。
まず、昨日、聞き洩らした、ご両親について質問。
続いて、三島由紀夫への強い思いについて。
「期待過剰」というお返事に納得。
2日目は、ゲイアクティビストとしての活動について、お話しいただく。
1996年の「パレード事件」、『アドン』廃業、ゲイ・アクティビスト引退後の20年間についてもうかがう。
最後に、現在、沖縄での「空とぶ船」の活動について。

ゲイ・アクティビスト南定四郎の活動の未知の部分を補うという研究者としての知的関心が満たされただけでなく、優れた活動家の長く真摯な活動を生でうかがうことができ、一人の人間として、とても勉強になった。
実に、得難い機会だった。

16時過ぎ、インタビュー調査終了。
南さんとパートナーさんが、ワインで打ち上げ会をしてくださる。
IMG_9924.JPG
お庭でなったドラゴンフルーツ。
IMG_9925.JPG
パートナーさん、最初「乾杯だけ」と言っていたのが、話が弾みずっとお付き合いくださった。
驚いたのは、南さんがインタビューで「一回り(12歳)下」と言っていた年齢が実は「20歳下」だったこと。
「いったいいつからそう思っていたのよ」と大笑いになった。
インタビューのデータ、訂正しておきます。

さらに日常の健康法もうかがう。
自分は南さんの年齢になって、これだけしっかりインタビューに答えられるか全く自信がない。
というか、そもそも88歳までは生きないだろう。
それだけでも、実にすばらしいことだが、なお、地元での活動にプランと夢を持たれている。

記念撮影。
IMG_9928 - コピー.JPG
IMG_9934.JPG
二階の事務所も見せていただく。

18時40分、来年のTRPでの再会を約して辞去。
タクシーで、往きに降りたバス停まで行ってもらう。

バスに乗り換え那覇に戻る。
那覇バスターミナルで、石田さんと「お疲れさまでした」と挨拶を交わして分かれる。
(続く)

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - お仕事(調査) ブログトップ