SSブログ
テレビ批評(光る君へ) ブログトップ
前の10件 | -

紫式部の女房名と出仕時期 [テレビ批評(光る君へ)]

6月30日(日)

「光る君へ」(第26回)「いけにえの姫」

ドラマの設定はともかく、紫式部の前歴はほとんど不明で、発出仕の時期も諸説ある。

そこで、注目すべきはた「式部」という女房名。
当時の慣例として女房名は、父や夫の官職からつける。
式部の場合、父・藤原為時の官職(式部大丞)に由来すると思われる。

とすれば、永延元年(987年)の源倫子・藤原道長の結婚に際し、倫子付きの女房として出仕していた可能性がある。

ちなみに、倫子と式部は、ともに右大臣・藤原定方を曾祖父とする遠縁。

出仕が、為時の越前守就任(長徳元年=995)以後なら、女房名は「越前」になるはずだからだ。

さらに、現代、通説になっている(『紫式部日記』に記されている)寛弘2年(1006)が初出仕だとすれば、女房名は夫・藤原宣孝の最終官歴・山城守にちなんで「山城」になるはずだが、そうではない。
(先に同じ名の女房がいれば別)。

私は、永延元年(987年)頃、出仕説を支持している。



nice!(0)  コメント(0) 

彰子、登場 [テレビ批評(光る君へ)]

6月30日(日)

「光る君へ」(第26回)「いけにえの姫」
彰子.jpg
裳着の時(長保元年=999)彰子はまだ数えで11歳。
道長・倫子夫妻でなくとも、、ますます妖艶さを増す中宮・定子と「勝負にならない」のは明らか。

それにしても、あの幼い無口な姫君が、腰結い役を務めてくれた女院様(東三条院)をしのぐ大女院(上東門院)になろうとは。

姉を小馬鹿にしていた田鶴君(たづ:頼通)の50年に及ぶ長期安定政権をもたらしたのはこの姉の力。


nice!(0)  コメント(0) 

「傾国の中宮」 [テレビ批評(光る君へ)]

6月30日(日)

「光る君へ」(第26回)「いけにえの姫」

出家してもなお一条天皇の愛を一身に集める中宮・定子を、藤原実資が「傾国の中宮」と批判。
そもそも一夫多妻制の社会で、権力者が特定の妻だけを過剰に寵愛するのは、政治の乱れにつながることは、唐・玄宗皇帝と楊貴妃の故事など、当時の常識。

まして、一度、出家した女性を寵愛し、子まで儲けるのは、当時の倫理観からして、許されることではない。

天皇の不徳が天変地異の頻発につながるのは「天人相関説」が信じられていた当時では当然。

天人相関説-----中国思想の用語で、天と人との間に密接な関係があり、相互に影響を与えあっているという古代中国の思想 。天人感応説とも言う 。

nice!(0)  コメント(0) 

従兄弟なんだけど [テレビ批評(光る君へ)]

6月2日(日)

宋の商人から調停に献上された鸚鵡を見る藤原公任(左)と藤原実資。
実資と公任.jpg
顔の色が違いすぎると、「X」などで評判。
ちなみに、2人は血縁的に従兄弟。


nice!(0)  コメント(0) 

藤原道長、また押し倒される [テレビ批評(光る君へ)]

6月2日(日)

「光る君へ」

明子さま(高松殿:左大臣源高明の娘:醍醐源氏)に押し倒される藤原道長。
明子さma.jpg
道長は、以前、倫子さま(土御門殿:左大臣源雅信の娘・宇多源氏)にも押し倒されている。

「光る君へ」の姫君たちは、ほんとうに強い。
その背景には、財産(邸宅など)が女系相続であるということが大きい。
道長は、政治権力は握ったが、この時点ではまだ財産形成はほとんどしていない。
nice!(0)  コメント(0) 

「苦学寒夜、紅涙霑襟、除目後朝、蒼天在眼」 [テレビ批評(光る君へ)]

5月19日(日)

「光る君へ」

藤原為時(紫式部の父)が淡路守(下国)から越前守(大国)に任命替えになるきっかけとなった申文(申請書)「苦学寒夜、紅涙霑襟、除目後朝、蒼天在眼」(苦学の寒夜は紅涙襟を霑し、除目の後朝は、蒼天眼に在り)が「まひろ」の代作だったという脚本に驚く。

これは『古事談』にある説話で、為時の文才とそれを見抜いて抜擢した一条天皇の英明さを伝える話。
nice!(0)  コメント(0) 

古麻呂の再登場 [テレビ批評(光る君へ)]

5月12日(日)

「光る君へ」第19回
古麻呂 再登場2.jpg
倫子さまが「古麻呂」と呼んでいたから、間違いなく古麻呂だ。
古麻呂 再登場.jpg
初登場から11年経っている。
猫病院などあるはずもない当時の猫としては長生き。
nice!(0)  コメント(0) 

何が書いある? [テレビ批評(光る君へ)]

5月12日(日)

「光る君へ」第19回。

倫子さまが覗き見していた道長の日記。
御堂関白記 長徳元年.jpg
長徳元年(995)8月18日条
牽き分けし御馬を直廬に持ち来る。
使いの近衛に疋絹を給ひ了んぬ。

東国の御牧から貢上されてきた御馬を牽き分けて、私の直廬(宮中での宿舎)に持ってきた。使の近衛に疋絹を与えた。

読まれてまずいことは書いていない。

ちなみに、長徳元年の『御堂関白記』自筆本は残っていないので、これは時代考証の倉本一宏先生の指導による番組スタッフの復元。
よくできている。
記事は「御堂御記抄」にある。

さらに、倉本教授によると、この種の日記が記入できる間空き具注暦は、前年の内に注文しておく特注品なので、この年以前に日記を書く習慣がなかった道長は持っていなかっただろう、とのこと。
なるほど。
nice!(0)  コメント(0) 

『御堂関白記』の思い出 [テレビ批評(光る君へ)]

5月12日(日)

「光る君へ」第19回

30歳という異例の若さで、内覧・右大臣として執政の座に着いた藤原道長。
蔵人頭に抜擢された藤原行成に、日記を書くように勧められる。

道長は政権首座になった長徳元年(995)から日記を書き始める。
初めのうちは記述も飛び飛びで、一日の記述量も少ない(1~2行)。
それでも頑張って書き続ける内に、記述量も増え、内容も充実していく。
藤原実資の『小右記』や、行成の『権記』ほどではないが。

今夜の放送後の「紀行」で、道長の自筆日記『御堂関白記』(国宝)を収蔵している「陽明文庫」(道長の子孫の近衛家の御文庫)が紹介されていた。
御堂関白記.jpg
私は2度、見学したことがある。
1度は大学院時代(男性研究者時代)、私の古記録読みの師匠である山中裕先生に連れられて。

もう1度は、国際日本文化研究センターの共同研究会で、「光る君へ」の時代考証を務める倉本教授教授尾中にに連れられて。

『御堂関白記』は国宝なので、通常はガラスケースの中に展示されている。
ところが、倉本教授が「裏書を見たい」と希望。
すると、文庫の管理者(文庫長)の名和修さんが、ケースの鍵を開けて「日記」を取り出し、該当箇所を出して裏返した。
その様子が、実に手慣れていて、かつ大胆で、ドキドキした。

その余録で、国宝をケース越でなく直にみることができた。

こういう場合の訓練は受けていても、やはり、緊張するものだ。

ちなみに、汗や涎はもちろん、女性研究者の場合は化粧品の粉が落ちるのも厳禁なので、覆い被さるように見てはいけない。

nice!(0)  コメント(0) 

古麻呂、生きていた!? [テレビ批評(光る君へ)]

5月6日(月・祝)

「光る君へ」第19回(予告)

こ、これは古麻呂なのか?
440969475_10211199033168022_6701323233520285892_n.jpg
古麻呂の初登場は、第5回で984年、第19回は「長徳の変」だから995年。
11年も経っている。

古麻呂、初登場の時、すでに子猫ではなかった。
ということは13歳前後か?

倫子さまに大切にされているとはいえ、猫としては長生きだ。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - テレビ批評(光る君へ) ブログトップ