SSブログ
現代の性(同性愛・L/G/B/T) ブログトップ
前の10件 | -

ニューヨークの「ゲイ地区」の変遷 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

9月12日(日)

北丸さんの『愛と差別と友情とLGBTQ+』を読んで、今まで整理できてなかったニューヨーク市の「ゲイ地区」の変遷がやっと頭に入った。

グリニッジ・ビレッジ(住宅街)
 ↓(1990年代、北隣に移動)
チェルシー(元・倉庫街)
 ↓(2000年代)
ブルックリン(マンハッタン島の東南向こう岸)

なにしろ、ニューヨークの地理がまったく頭に入ってないので、イメージができなかった。
その点、71頁の地図は、とてもありがたい。

例によって日本に引き寄せて考えると、そもそも東京にはゲイの人たちが集住する地区はない。
新宿「二丁目ゲイタウン」と言われるが、あそこはゲイを顧客とするお店(飲食店)が集中している街で、二丁目に住んでいるゲイは少ない。
ほとんどのゲイは、「ゲイタウン」以外から、夜なり週末なりに通ってきて楽しむ街だ。
遠い人は他県からやってくる。

ニューヨークの「ゲイ地区」が居住地であり、人々がそこで生活しているのとは、かなり異なる。
これは、かなりというか、本質的な構造差である。

要は「カミングアウト」の問題だと思う。
以前のアメリカでは、ゲイであることを「カミングアウト」すると、周囲(地域)の人たちの人間関係がうまくいかなくなり、現居住地を離れて、大都会(ニューヨークやサンフランシスコ)に出ていき、仲間たちと集まって住むしかなかった。

日本の場合、多くのゲイは「カミングアウト」しなかったので、「隠れゲイ」として、住み続けることができた。
田舎の保守的な故郷に嫌気がさして、東京や大阪に出てきても、一般の住宅地に住んで、二丁目に通っていれば、問題はなかった。

前川直哉さんが『〈男性同性愛者〉の社会史』の219頁で、日本のゲイは「カミングアウトではなく、(二丁目という)クローゼットの充実」を選んだと指摘している。
その通りだろう。

ただ、2015年以降、「カミングアウト」するゲイは増えたはずだ。
それでも、ゲイが集住化する傾向は見られない。
少なくとも東京では、ゲイであることをカミングアウトしたとしても、周囲の環境が悪化することは、もうあまりないだろう。

「見ればすぐにわかる」Trans-womanの私ですら、現住地でもう13年になるが、別に居住環境は悪化していないのだから。


nice!(0)  コメント(0) 

北丸雄二さんの新著『愛と差別と友情とLGBRQ+』 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

8月27日(金)
北丸雄二さんから新著『愛と差別と友情とLGBRQ+』(人々舎)をいただく。
ありがとうございました。
愛と差別と友情とLGBRQ+.jpg
440頁余のお弁当箱のような大著。
まず、同じく著述を業とする者として、これだけの分量を書くエネルギー(情熱)に感服。

以下、概括的な(まだ精読していない)感想。
内容のほとんどは、アメリカのゲイ現代史。
1993年から2018年前まで25年間の在米生活の見聞がベースになっている。
その期間は、クリントン(2期)、ブッシュ(息子)、オバマ(2期)、トランプの4代の大統領に及ぶ。

しかも、北丸さんは、学者・研究者ではなく、叩き上げのジャーナリスト。
視座が地についている。
そんな著者、他にはいない。

そこから生まれる豊富な情報量とリアリティこそが、本書の真骨頂であり、他に例のない稀有で貴重な記録(同時代史)になっている。

「です、ます調」の文体も読みやすく、読者に「伝える」ことへの意識の高さがわかる。
ということで、大勢の方に読んで欲しい掛け値なし、お世辞なし、忖度なしの好著である。


nice!(0)  コメント(0) 

国会議員が威圧的な言動をしてはいけない [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

8月17日(火)

またか・・・。
どうしてこうチンピラ的な威圧的な言動を繰り返すのだろう。
とても残念。

これでは、議員としての資質に問題があると言われても仕方がない。
よくよく反省して、以後、言動を改めて欲しい。

国会議員は国民から選ばれた人ではあっても、けっして「偉い人」ではない。
まして、現場でご苦労されている職員さんに威圧的な言動をするなんて言語道断。
「実るほど頭を垂れる稲穂かな」の気持ちでいてほしい。

誰とは書かない。察してください。




nice!(0)  コメント(0) 

アメリカの「LGBTQ」向けの高齢者施設 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

7月28日(水)

これからの日本で必要とされるのは、まさにこうした「LGBTQ」向けの高齢者施設。

しかし、5月に出た『老年精神医学』のLGBT特集号(32巻5号 ワールドプランニング 2021年5月)にまったく反応がなかったように、多くのLGBTQ当事者にとっては他人事。

若さと健康は永遠のものではない。
「老」「孤」「病」は誰にも訪れるのに、自分は無関係と思ってしまう。
それをもう30年以上も続けている。

近年の「LGBTブーム」の中でも、「老後問題」は、いちばん関心が薄く、資金が回らないところ。
ほんとうにそれで、いいのか?

---------------------------------------
LGBTQ向け高齢者施設、米ヒューストンに登場 米最大
safe_image (2).jpeg
米テキサス州ヒューストンのLGBTQ向け高齢者施設「ロー・ハリントンセンター」の自室で話すドラァグクイーンのディナ・ジェイコブスさん(中央、2021年6月24日撮影)。(c)Francois PICARD / AFP

【AFP=時事】自分らしく生きようとするトランスジェンダーのディナ・ジェイコブス(Dina Jacobs)さんにとって、人生は困難の連続だった。だが、ようやく長かったトンネルの出口に光が見えてきた。

「どんなことだろうと最終的にはどうにかなる。500万回の『ノー』と1回の『イエス』。その1回がこれ。これが私のイエスです」。ドラァグパフォーマーとして57年間ステージに立ってきたジェイコブスさんは、控え目なワンベッドルームに記者らを案内し、そう話した。

6月下旬に正式オープンした集合住宅「ロー・ハリントン高齢者生活センター(Law Harrington Senior Living Center)」は、寝室1部屋もしくは2部屋の住戸112戸と、図書室やドッグパークなどの共用施設を備えるLGBTQ(性的少数者)向けの高齢者施設だ。

高齢で体が弱くなった人々が地域で暮らし続けるために住居を提供することと、より広範なLGBTQコミュニティーを温かく受け入れていくことを目的に設置されたこの施設に、ハワイ出身のジェイコブスさんも部屋を借りることになった。月々の家賃は500ドル(約5万5000円)を超えない。

開所式に出席したヒューストン(Houston)のアニース・パーカー(Annise Parker)前市長は、「多くの性的少数者は介護を担う子どもがいない。またLGBTQであることを公にして経済的に困窮したり、職を失ったりしている場合もある」と指摘する。

パーカー氏は、8年前にロサンゼルスにある同様の施設を訪れ、ヒューストンにも社会的弱者を温かく迎え入れる集合住宅が必要だと考えるようになったという。パーカー氏自身、市長になる前から性的少数者であることを公言していた。当時、性的少数者であることを公にする市長は、米主要都市ではほぼ皆無だった。

■前向きな環境
ロー・ハリントン高齢者生活センターは、LGBTQの高齢者の受け入れに特化した施設としては全米最大を誇る。ヒューストン出身の権利活動家、チャールズ・ロー(Charles Law)とジーン・ハリントン(Gene Harrington)の名前を取って命名された。施設中央のタワーは、LGBTQを象徴する虹色で彩られている。

このプロジェクトを主導したのは、1978年創設の性的少数者支援組織、モントローズ・センター(Montrose Center)で、開設資金として2650万ドル(約30億円)を集めた。

入居者はLGBTQコミュニティーを支援する「レガシー・コミュニティー・ヘルス・サービシズ(Legacy Community Health Services)」の医療クリニックも利用できる。

同団体によると、高齢の性的少数者は過去に差別的に扱われた体験から病院に行かないことも多いという。

■「暴力は日常茶飯事」
ジェイコブスさんは、「ハワイにいた60年代当時、暴力を受けることは日常茶飯事だった。私たちが私たちであるという、それだけの理由で」と振り返る。

また、尊厳を持って人生を満喫できなかったLGBTQの活動家たちのことを思わずにはいられないと話し、ロー・ハリントン・センターのような温かい場所がもっと早くからつくられるべきだったと続けた。

その日の夜、ジェイコブスさんはグラマラスなドレス姿で、ヒューストンのおしゃれな性的少数者たちを前に歌を披露した。曲は米歌手ダイアナ・ロス(Diana Ross)が1978年のミュージカル「The Wiz」で歌って有名になった「ホーム(Home)」だった。

「AFPBB News」2021年7月24日 9時0分
nice!(0)  コメント(0) 

「SAKISIRU」のインタビュー記事(最終回) [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

7月21日(水)

「SAKISIRU」のインタビュー記事、3回連載の最終回。
safe_image (4).jpeg
「なぜ『人権意識』と『性の多様性』は共有されないのか」
トランスジェンダーだけど法案に反対した研究者に聞く #3
https://sakisiru.jp/6023

インタビューを採ってくださった梶原麻衣子記者、
掲載してくださった「SAKISIRU」編集長の新田哲史さま、
ありがとうございました。
nice!(0)  コメント(0) 

「SAKISIRU」のインタビュー記事(その2) [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

7月20日(日)

保守系のサイト「SAKISIRU」のインタビューを受けました。
3回連載の2回目です。
safe_image (2).jpeg
https://sakisiru.jp/6019
大激論のLGBT法案、「差別を許さない」文言は本当に危険か
トランスジェンダーだけど法案に反対した研究者に聞く #2
nice!(0)  コメント(0) 

「SAKISIRU」のインタビュー記事(その1) [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

7月19日(月)

保守系のサイト「SAKISIRU」のインタビューを受けました。
今日から、3回の連載です。
safe_image (3).jpeg
大激論のLGBT法案、「条文報じず賛成論」メディアへの疑問 ートランスジェンダーだけど法案に反対した研究者に聞く #1ー
https://sakisiru.jp/6014

知人・友人も多いLGBT法案推進派の「活動家」の皆さんに忖度することなく、言いたいことをはっきり言いました。
より良い法律を作り、より人権が真っ当に認められる社会にしていかなければならない、という思いは同じだと思います。


nice!(0)  コメント(0) 

今朝の朝日新聞はLBTの揃い踏み [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

7月15日(木)

今朝の「朝日新聞」30ー31面、右に『片袖の魚』の東海林毅監督とイシヅカユウさん、左に芥川賞受賞の李琴美さんの写真。
IMG_8244.JPG
LBTの揃い踏み。
IMG_8245.JPG
IMG_8246.JPG
琴峰さんは「ひと」欄にも。
IMG_8247.JPG

こんなことってあるのだなぁ。
長生きはするものだ。

ちなみに、その間には、いろいろ学恩を被った前・法政大学学長の田中優子先生。
この紙面、切り抜かないで、このまま保存しよう。
nice!(0)  コメント(0) 

LGBTの芥川賞受賞 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

7月14日(水)

LGBTの芥川賞受賞
第122回(1999年下半期)藤野千夜「夏の約束」 T
第165回(2021年上半期)李 琴峰「彼岸花が咲く島」 L

ではGは?
たぶんいるのだと思うが、オープンにしているGの芥川作家はいない。

芥川賞はとっていないが、三島由紀夫。
彼がゲイであったことは、作品や言動、いくつかの証言などからして、ほぼ間違いないと思うが、終生、それをオープンにすることはなく、著作権の継承者である遺族も認めていない。

Gであってもそれをオープンにできない、ホモソーシャルで、極端なヘテロセクシズム、それが日本の文壇の体質なのだと思う。

それを打ち破るGの芥川賞作家が早く出現することを望む。
nice!(0)  コメント(0) 

李琴峰さん『彼岸花が咲く島』、第165回芥川賞 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

7月14日(水)

李琴峰さん『彼岸花が咲く島』、第165回芥川賞!
おめでとうございます。

『独り舞』を読んで、文章の美しさ、巧さに感服して以来、いつかは受賞すると信じていた。
ずっと応援してきた作家なので、とてもうれしい。

李琴峰さんに最初に会ったのは、今は亡き新宿2丁目の「オカマルト」だった。
マー様に「台湾から(日本に)来て、小説を書いている方」と紹介された。
あれは何年前だったのだろう?
2017年冬だったか、2018年の年明けだったか・・・。

映画『片袖の魚』のパンフレット書籍『点から線へ トランスジェンダーの“いま”を越えて』が、新・芥川賞作家李琴峰さんのエッセーを巻頭に据えたのは、実に慧眼。

一方、昨年、私の不人気でまったく客が集まらず流れた、李琴峰さんと私の公開対談、余計に残念。
もう2度とそんな機会はないだろう。
芥川賞作家と野良講師では格が違い過ぎるし、なにより芥川賞作家はとても忙しくなるので、そんなマイナーな企画は成立しない。


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 現代の性(同性愛・L/G/B/T) ブログトップ