So-net無料ブログ作成
現代の性(性犯罪・セクハラ) ブログトップ
前の10件 | -

児童施設内の性暴力、同性の子同士が大半 [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

9月29日(日)

この調査結果、かなり重大だと思う。
「加害児の89%、被害児の64%は男子。男子から男子への性暴力が全体の62%を占めた」

男性間の性暴力は、同性愛者が加害者になるよりも、異性愛者の支配欲求による加害の方がずっと多いと推測される。

-------------------------------------------------
児童施設内の性暴力、同性の子同士が大半 「性的衝動以外の理由、示唆」専門家らが調査・分析

児童福祉施設内の子ども同士で起きる性暴力は、同性間が7割を占め、特に男子同士の事案に重大な傾向がある――。こうした調査結果を、施設職員らのグループがまとめた。子ども間の性暴力の多くが、性的衝動によるものではなく、支配欲や知的障害など別の理由で起きていることを示唆しているという。

児童福祉施設内での性暴力の実態は長年、明らかにされてこなかった。厚生労働省が全国の実態調査をしたが、具体的な内容の分析や公表はされていない。

調査したのは、大阪府や兵庫県内の児童福祉施設や児童相談所の職員、研究者らでつくる「神戸児童間性暴力研究会」。原則18歳までの子どもが生活する児童養護施設など、全国にある入所型の児童福祉施設21カ所で、過去10年間に起きた子ども間の性暴力について詳しく聞き取った。集まった197の事案について分析した。

加害児と被害児を1対1でとらえた場合、調査対象は308ケースになった。加害児は156人、被害児は192人だった。加害児の89%、被害児の64%は男子。男子から男子への性暴力が全体の62%を占めた。全国の児童福祉施設の入所者は、男子が55%(厚労省調べ)。今回の調査では、男子の割合がそれに比べて多かった。

加害児の年齢は、85%が9歳以上。被害児は各年齢層にいるものの小学生が60%を占めた。

また調査によると、加害児の43%に知的障害、33%に発達障害などがあった。被害児もそれぞれ37%、24%だった。

性暴力の内容については、レイプに近いものから就学前の子どもの好奇心から来る探索行動までと幅広かった。ケースの重大度を5段階に分類したところ、男子が加害児の場合は、女子に比べて重大な事案が多かった。

研究会によると、性暴力の態様について(1)暴力的言動を背景にした強制的行動(2)支配の道具として使われる行動(3)主に知的障害のある子どもが自分の性衝動に適切に対応できず、代わりに性暴力に至るもの(4)性被害を受けた子どもが自ら同じような状況になること(再現)を求めた結果の行為(5)幼児が体への興味などからとる探索的な行動――などに分類できることも見えてきたという。

研究会は、今後さらに結果を分析し、支援の仕方や予防・早期発見・対応策について探る。

研究会代表の遠藤洋二・関西福祉科学大学教授(児童福祉)は「施設は、子ども間の性暴力の問題について隠したり、過小評価したりするのではなく、現実を見据えて対応するという意識をもつことが重要だ」と話している。(編集委員・大久保真紀)
る児

『朝日新聞』2019年9月28日16時30分
https://www.asahi.com/articles/DA3S14197658.html



nice!(1)  コメント(0) 

男子高校生買春の疑い、新潟の小学校校長ら逮捕 [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

9月18日(水)

まったく、なんでこういうことするかな。
「性欲が抑えられない」なら去勢処置すればいいのに。

『毎日新聞』によると、神奈川県警が川崎市川崎市の会社員を逮捕 → 相手の大阪府枚方市の高校生が浮上 → その客の新潟県柏崎市の小学校校長を逮捕という流れのようだ。

高校生、どうも一方的な被害者とは言えないような感じ。

-----------------------------------
男子高校生買春の疑い、新潟の小学校長ら逮捕

神奈川県警は、男子高校生に金銭を渡す約束をし、わいせつ行為をした児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、新潟県柏崎市、長岡市立宮本小の校長、宮嶋浩一容疑者(58)ら計2人を逮捕した。

県警によると、他に逮捕されたのは川崎市川崎区、会社員、小橋勝洋容疑者(37)。2人の逮捕容疑は3月23日、大阪市此花区のホテル室内で、大阪府枚方市の高校3年の男子生徒(17)に金銭を渡す約束をして、わいせつな行為をしたとしている。

両容疑者は送金・決済サービス「LINE Pay」で計5万円を男子生徒に支払ったといい、容疑を認めている。宮嶋容疑者は「性的欲望を抑えられなかった。ばれなければ大丈夫と安易に考えた」と供述している。

『産経新聞』2019年9月18日 13時48分
https://www.sankei.com/affairs/news/190918/afr1909180017-n1.html?fbclid=IwAR31p_9nXfm06NU40lOCXKGaPV7yYNqHFfsT-WYaYf4D_yUbKOW19kOGefA
-----------------------------------
買春容疑で、校長ら逮捕

男子高校生を買春したとして、神奈川県警は18日、新潟県長岡市立小学校校長、宮嶋浩市容疑者(58)=同県柏崎市桜木町=ら2人を児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕したと発表した。宮嶋容疑者は容疑を認め、「教職員に倫理的教育をする立場として違法だとわかっていたが、性的欲望を抑えられなかった」と話しているという。

逮捕容疑は今年3月、大阪府枚方市の高校3年の男子生徒(17)に金銭を支払う約束をし、大阪市此花区のホテルでわいせつな行為をしたとしている。

県警少年捜査課によると、ほかに逮捕されたのは川崎市川崎区鋼管通1の会社員、小橋勝洋容疑者(37)。男子生徒と両容疑者は動画サイトを通じて知り合った。金銭の支払いは電子マネーだったという。【池田直】

『毎日新聞』2019年09月18日 13時46分
nice!(1)  コメント(0) 

秋田県の学校は盗撮し放題? [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

5月17日(金)

これはすごい!
秋田県の学校は、校内だけでなら盗撮し放題(罪にならない)なのだ。

県条例がそうなっているのなら、県警は立件しようがない。

【追記】
秋田県は平成21年(2009)の条例改正で「住居、浴場、更衣場、便所その他通常人が衣服の全部又は一部を着けない状態でいる場合がある場所」での盗撮を追加した。
しかし、教室や職場などでの盗撮については追加規定しなかった。





----------------------------------------------------
秋田の校内盗撮、県警立件見送り 条例「公共の場」に該当せず

秋田市立中学校で4月、同僚の女性職員のスカート内を盗撮したとして捜査していた男性臨時講師(28)について、秋田県警は県迷惑防止条例違反の疑いでの立件を見送る方針を固めた。16日、県警への取材で分かった。条例は不特定多数の人が利用する「公共の場所、乗り物」での盗撮を規制しているが、校舎をこれに当てはめるのは困難という。

秋田市教育委員会によると、臨時講師は4月、教室内で女性職員2人を小型カメラで盗撮。学校が県警に被害届を出していた。

臨時講師は1月に県内の公共施設で10代の女性の下着を盗撮したとして4月12日に逮捕、送検された。

「共同通信」2019/5/16 12:19 (JST)5/16 15:32 (JST)updated
https://this.kiji.is/501595177369125985?fbclid=IwAR3MaKp14ekXafYlTRieZgi3W3-ErtS-QuFOLS4uv1CfjNcx4q2RhgSY8R0


nice!(0)  コメント(0) 

副校長たちの性犯罪 [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

12月1日(土)

なぜ「副校長」の性犯罪が続発するのだろう?
やはり、ストレスが強いのか?
それとも、そういうタイプがなりやすい職階なのか?

(1)2018年8月6日
東京都立荒川工業高校の男性副校長(59歳)が、路上で泥酔状態の女性に声を掛け、ホテルに連れ込み、わいせつな行為をしたとして、準強制わいせつの容疑で逮捕。→ 懲戒免職決定
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018080600451&g=soc

(2)2018年11月27日
東京都墨田区立桜堤中学校の男性副校長(50歳)が、教え子だった男子中学生の服を脱がせて写真を撮ったとして、児童福祉法違反(有害支配)の容疑で逮捕。
https://www.sanspo.com/…/news/201…/tro18112713430011-n1.html

(3)2018年11月30日
私立市原中央高校(千葉県市原市)の男性副校長(61歳)が、修学旅行の引率で訪れた京都市左京区の旅館で泥酔し、女湯に侵入し、放尿。
https://www.asahi.com/articles/ASLCY5CT7LCYUDCB00V.html

nice!(1)  コメント(0) 

17歳女子を買春容疑 横浜の高3男子(19歳)逮捕 [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

11月19日(月)
(メモ)
年齢差2歳(19歳男子と17歳女子)、ほぼ同世代でも、児童買春法違反になる事例。

-----------------------------------------
17歳女子を買春容疑 横浜の高3男子逮捕

県警少年捜査課と鶴見署は13日、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで、横浜市旭区に住む県立高校3年の男子生徒(19)を逮捕した。

逮捕容疑は3月11日、同市西区のホテルで、横須賀市に住む高校2年の女子生徒(17)に現金4万円を渡す約束をしてみだらな行為をした、としている。

『神奈川新聞』2018/11/13 20:48 更新:2018/11/13 20:53
https://www.kanaloco.jp/article/371643/


nice!(0)  コメント(0) 

女性と間違え…男性の胸もんでキス 男逮捕 [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

8月16日(木)

もう20年以上前のことだけど、深夜の新宿・歌舞伎町の路上で、「もう帰るの?遊ぼうよ」という声とともに後ろから右肩を強くつかまれたことがある。

引っ張られた勢いを利用して、相手の懐に入り、腕を手繰るようにして、少し体をかがめて捻ったら、偶然にも、「払い腰」のような体勢になり、相手の男が歩道に転がった。

私もハイヒールだったのでバランスを崩してしまい、よろけた拍子に、偶然にも、男の股間を思い切り踏んづけてしまった。

男は50歳前後に見える酔っ払いオヤジで、なんか白目剥いて悶絶していたけど、怖いからそのまま逃げた。

夜の街を女性の格好で歩くのなら、女性と同様に(あるいは、女性以上に)性暴力の被害に遭うことを想定して、日ごろから心構え・備えをしていないと駄目。

私は、店もママや先輩たちから、そうしたリスク管理の仕方(何段階かある)を教わったが、今はどうなのだろう? ちゃんと伝わっていないような気がする。

-----------------------------------------------
女性と間違え…男性の胸もんでキス 男逮捕

東京・台東区の路上で20代の男性に無理やり抱きついた上、キスするなどしたとして、48歳の男が逮捕された。警視庁は、男が、女性の格好をしていた被害者の男性を女性と見間違えて、犯行に及んだとみている。

強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、会社員の斎藤賢一容疑者。警視庁によると斎藤容疑者は今年4月、台東区の路上で20代の男性に無理やり横から抱きついた上、胸をもんでキスをするなどした疑いがもたれている。

被害にあった男性は当時、女性の格好をしていたということで、警視庁は酒に酔っていた斎藤容疑者が女性と見間違い、犯行に及んだとみている。

調べに対し、斎藤容疑者は、「キスをしたり、胸を触ったことに間違いありません」と話しているという。

「日本テレビ・NEWS24」2018年8月14日 21:48
http://www.news24.jp/articles/2018/08/14/07401421.html


nice!(0)  コメント(0) 

早稲田大学、渡部直己教授を解任 院生に「俺の女にしてやる」 [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

7月28日(土)

これだけ悪質なセクハラ常習教授を懲戒解雇処分にしない(一般の解雇処分)ところが、いかにも早稲田大学らしい。

身内をかばい、身内に甘い、ぬるま湯体質では、セクハラ体質の改善は無理。

-------------------------------------------------------
早大、渡部直己教授を解任 院生に「俺の女にしてやる」

早稲田大は27日、文芸評論家で文学学術院教授の渡部直己氏(66)が、教え子だった元大学院生の女性(27)にセクハラやパワハラをしたとして、同日付で解任したと発表した。女性は相談した別の教授から「口止め」されたとも訴えており、早大は調査を続ける。

女性は2016年4月に現代文芸コースに入学したが、今春に退学。6月に被害を申し立てていた。発表によると、渡部氏は女性の背中や頭を触るなどし、2人での食事に連れ出して「俺の女にしてやる」「卒業したら女として扱ってやる」などと言ったほか、他の学生にもハラスメントをしていた。

早大は「指導教員の立場や優越的地位を利用して、卒業後に『愛人』になるよう迫った行為は本学教員としての適格性を欠く」などとし、女性や関係者におわびした。解任は一般的な解雇にあたり、懲戒処分ではないという。

渡部氏は取材に「教育熱と恋愛感情をときどき間違えてしまう。相手の気持ちを考えられなかったことは、教育者として万死に値する。本当に申し訳ない」と話していた。

女性は「渡部氏が教壇に立つ資格がないとされた点で意義がある」とした上で、過去の事例や口止めしたとされる教授らに対する調査の徹底を求めた。(土居新平)

『朝日新聞』2018年7月27日20時00分
https://www.asahi.com/articles/ASL7F41YFL7FUTIL01L.html





nice!(0)  コメント(0) 

早大名物教授「過度な求愛」セクハラ疑惑 [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

6月20日(水)

「おれの女になれ」って、いったいいつの時代だよ。
その教授は論外だけど、「つぶされるかもしれないので、口外しないでほしい」と被害者に言った別の教授もひどい。

一応、早稲田大学に教員として籍がある者として、言いにくい部分もあるのだが、どうもいろいろ聞くと、早稲田大学は、セクハラ&隠蔽が「伝統」というか、組織体質になっているような気がする。

もっと、風通しを良くしないとね。

それにしても、「フェミニズムやジェンダー論を教えている大学という教育現場で、ハラスメントが起こっていること、そしてハラスメント防止の組織が実際には機能していないということに絶望しました」という被害者学生の言葉、きついなぁ。
「ジェンダー研究所」の先生たち、どう対応するのだろう?
(私はいろいろあって辞めちゃったけど)

早大名物教授「過度な求愛」セクハラ疑惑
別の教授は「口外するな」と要望か
http://president.jp/articles/-/25434
「プレジデントオンライン」2018年6月20日
nice!(0)  コメント(1) 

「セクハラ共同体」を守る人々 [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

4月24日(火)

福田淳一財務事務次官(58歳)による女性記者のセクシャルハラスメント事件は、女性記者への重大な人権侵害であることは言うまでもない。
同時に、マスメディアにおける女性記者の困難な状況、体を張ったリスクが多い取材を強いる上司の姿勢など、いろいりな問題を浮き上がらせた。

一方、福田財務次官にセクハラ言動は、あまりに典型的で「ああ、こういうおじさん、たくさんいたなぁ」と、私は思ってしまう。
今まで、ブログで取り上げなかったのは、「重大だが珍しくはない」という気持ちからだった。

ところが、この数日、下村博文前文部科学大臣や麻生副総理・財務大臣のセクハラ擁護発言が続き、これはもう福田財務次官だけの問題ではなく、「セクハラ共同体」の問題なのだ、とあらためて思うようになった。

つまり、日本の「伝統」を重んじる「セクハラ共同体」にとって、今回の財務事務次官事件は、「共同体」に降りかかった大きな災難なのだ。
このままでは、日本社会の「伝統」であるセクハラが途絶えてしまいかねない・・・、「伝統」を重視する下村先生や麻生閣下が強い危機感を抱き、「セクハラ共同体」を守るための発言をなさるのは、そういう意味で、当然だと思う。

「共同体」の人たちにとっては、これからも末永くセクハラの場(場所・機会)を維持したい、というのが本音なのだと思う。

大学の講義でも話したのだが、日本で公に「セクハラ」が概念化されたのは1997年の「男女雇用機会均等法」の改正でだった。
司法の場では、1990年に静岡地方裁判所沼津支部で、ホテル従業員に対する課長のセクシャルハラスメントに対して損害賠償(慰謝料)の支払いを命じた判決が、最初のセクハラ裁判とのこと(中川弁護士のご教示)。

それ以前は、少し大袈裟に言えば、やりたい放題だった。
その時代に男性性を構築してしまった男性は、よほどしっかり意識しないと、「セクハラ共同体」から抜けられない。
具体的に言うと、1997年に大学を卒業して社会に出る23歳とすると2018年に44歳、つまり、現在40代半ば以上の男性ということになる。

とくに問題なのは、1980年代後半のバブル期に男性性を構築した人で、1988年に28歳とすると今年58歳、まさに辞任した財務事務次官(58歳)の世代。
この世代は前後に比べて、買春志向が強いというデータもある。

私は、「雇用機会均等法」の改正でセクハラが禁止された1997年頃、お店のお客さん(某一流企業系列の社長)の常習セクハラを「もうそういう時代じゃないのですから、お止めになった方がいいです」と本気で諫めたことがあった。

それから20年、いくらなんでも、少しはマシになったろうと思っていたら、今回の事務次官の言動と、それを擁護する人々の発言で、「セクハラ共同体」がいまだに健在であることを痛感した。

nice!(0)  コメント(0) 

大阪・高槻市「連続靴脱がせ事件」解決へ [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

2月28日(水)

大阪・高槻市の「連続靴脱がせ事件」の容疑者を逮捕。
がやっと解決。
2011年から13年にかけて、大阪府高槻市で女性の靴を無理矢理脱がせて持ち去る事件が少なくとも10件連続して起こった。

この事件についてブログでフェティシズムと関連させた解釈で見解を述べた。
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2013-04-16-2

それが新聞記者の目に止まって新聞にコメントが掲載されたことがある。

SCN_001020(2).jpg
↑ 『日刊スポーツ』2013年6月17日号

そうか、犯行が2013年4月でパッタリ止まったのは、犯人が高槻を離れた(転勤?)からか・・・。

私の解釈が当たっていたかはともかく、ずっと気になっていたので、ようやく解決に至ってうれしい。
-------------------------------------------------
大阪府警 7年前の事件 転倒させハイヒール強奪の男逮捕

大阪府高槻市で2011年7月、女性が履いていたハイヒールを奪って負傷させたとして、大阪府警高槻署は28日、香川県琴平町上櫛梨、会社員、沢田知明容疑者(31)を強盗致傷の疑いで逮捕した。

高槻市内では11年8月~13年4月に、若い女性が履いていたハイヒールやブーツを奪われた事件が他に9件続いており、高槻署が関連を調べている。

逮捕容疑は11年7月11日夜、高槻市真上町の集合住宅で、階段を上っていた30代女性会社員の右足を後ろからつかんで転倒させ、左足のハイヒールを盗んだとしている。女性は右足首捻挫などのけが。沢田容疑者は容疑を認めている。

現場の遺留品から沢田容疑者が浮上した。事件当時、高槻市内に住んでいたという。【加藤佑輔】

『毎日新聞』2018年2月28日 22時46分(最終更新 2月28日 22時51分)
https://mainichi.jp/articles/20180301/k00/00m/040/137000c


nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - 現代の性(性犯罪・セクハラ) ブログトップ