So-net無料ブログ作成
現代の性(性犯罪・セクハラ) ブログトップ
前の10件 | -

連続男色わいせつ事件? [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

11月23日(土)

兵庫県西宮市で連続男色わいせつ事件?
ゲイ業界の識者によると、報道通りには受けとれない、謎が多い、とのこと。

---------------------------------------------
男性宅に侵入し下着切る 容疑で弁護士逮捕 兵庫県警

男性が就寝中の住宅に侵入し、下着を刃物で切るなどのわいせつな行為をしたとして、兵庫県警西宮署は23日、準強制わいせつなどの疑いで、同県西宮市山口町上山口の弁護士、児玉淳容疑者(33)を逮捕、送検したと発表した。容疑を認めているという。

逮捕、送検容疑は10日午前0時半〜6時ごろ、県内の住宅に侵入し、就寝中の男性(39)の下着や、同居の男性(20)のズボンを切断したなどとしている。鋭利な刃物を使ったとみられるが、2人にけがはなかった。39歳の男性が起床した際に気づき、110番通報した。

同署によると、西宮市内で男性が住む民家に何者かが侵入する被害が6月から数件起きており、関連を調べている。

『産経新聞』2019/11/23 15:59
https://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/sankei-wst1911230014.html
nice!(0)  コメント(0) 

歌舞伎町で、女装外国人男性を逮捕 [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

11月22日

「FFNニュース」、今一つ、逮捕された状況がよくわからない。
女性との売春を勧誘したのなら、売春防止法(斡旋)違反。
でも女装した男性との売春を勧誘(客引き)した場合は、売春防止法は適用外のはず。
なぜなら、売春防止法は、売春の主体を女性と設定している法律だから。
逮捕理由は、東京都迷惑防止条例(客引き)違反かと思われるが、この記事では明確でない。

逮捕された場合、逮捕の法的根拠(何の罪で逮捕されたのか?)を書くのは、この種の記事の常識だったのに。
事件記者のレベルの低下がうかがえる。
職業訓練がされていないのだろうか?
---------------------------------------------------
国際的組織? 女装男が売春目的で... 客引き行為疑い

売春目的で客引き行為をした疑いで、フィリピン国籍の男が逮捕された。

ジェフリー・ハリアレス・アンビョン容疑者(29)は、18日夜、東京・歌舞伎町の路上で、売春目的で「1万5,000円」などと言って、女装姿で客引き行為をした疑いが持たれている。

アンビョン容疑者が声をかけた相手が、警戒中の警察官だったことから逮捕に至ったもので、調べに対し、アンビョン容疑者は容疑を否認している。

警視庁は、歌舞伎町で、男性相手の売春を目的とした外国人の男らが増えていて、国際的な犯罪組織が関与しているとみて捜査している。

「FNNニュース」2019年11月20日 水曜 午後0:42
https://blog.ss-blog.jp/MyPage/blog/article/regist/input
---------------------------------------------------
こちらの記事の方が、状況がよくわかる。
さすがは「東スポ」。
やはり、逮捕理由は、東京都迷惑防止条例違反だった。

ただ、「ニューハーフだけではなく、未改造のレディーボーイもいる」というのは変。
レディーボーイもニューハーフも身体改造の程度で定義されるものではないから。
ほぼ同義(商業的なトランスジェンダー)で、レディーボーイは主に東南アジアの、ニューハーフは日本だけの呼称。

---------------------------------------------------
新宿歌舞伎町に増えた「立ちんぼ外国人」捕らえてみればニューハーフだった

東京・新宿の歌舞伎町で、かつてないほど外国人の“立ちんぼ”が増えている。歌舞伎町で売春目的で客引きをしたとして、東京都迷惑防止条例違反の疑いで、フィリピン国籍の男が先日、逮捕された。ニューハーフだった。

男は警戒中の私服警官に18日「1万5000円」と声を掛けた疑い。容疑を否認しているという。

ここ十数年ほど、歌舞伎町は援助交際目的の若い日本人女性が立ちんぼする姿がみられていた。女性たちは東京都健康プラザ「ハイジア」という高層ビルの周辺に立っていたが、この数年は激減。代わりに高齢女性や外国人の立ちんぼが増えた。

歌舞伎町事情通は「援交目的の女性は出会い系サイト、マッチングアプリが中心になったようです。寒い中、立っていなくても、漫画喫茶で待ってればいいから楽なんです。援交女性が減りすぎたので、彼女たちからショバ代を取っていた“用心棒”もいなくなりました。そのスキに外国人が増えましたね」と語る。

歌舞伎町では、ハイジア周辺と大手ホテルチェーン前が立ちんぼスポットと化している。圧倒的に中国人が多く、韓国、タイ、ベトナムなどアジア人が多い。

「自称スペイン人、イタリア人が増えていますが、実際はフィリピン人のニューハーフが多い。日本人は“金髪好き”ですから。先月もフィリピン人ニューハーフが逮捕されたように、フィリピン人の男が増えていますね。ニューハーフだけではなく、未改造のレディーボーイもいるそうです。ニューハーフらが増えているのは、いい稼ぎ場だったシンガポールで公共の場での客引きなど違法風俗の摘発が厳しくなり、稼ぎになる日本に来ているからだそう」(同)

東京五輪を控え、外国人観光客が激増しそうな歌舞伎町は、取り締まりが厳しくなりそうだ。

「東スポWeb」2019年11月21日 16時0分
https://www.tokyo-sports.co.jp/social/incident/1629387/?fbclid=IwAR1342diKwRS6YWfqdQC3g8KNFQDJ8oergPJQ1dQjSRpeo7yLu9vCS2SAFQ

nice!(0)  コメント(0) 

テレビ山口の愚行 [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

11月16日(土)

「読売テレビ」の前例が、ぜんぜん反省されてなくて、ほぼ同様のことが繰り返される。
地方テレビ局の人権意識の低さに、あきれた。

実際問題、世の中、変な人はたくさんいる。
でも、普通は、変な人に向かって「変!」とか「珍!」とは言わない。
ましてや、マスメディアが「変!」とか「珍!」と言うのは言語道断。

----------------------------------------
性的少数者を「珍 女性のような男性」 テレビ山口

TBS系列のテレビ山口(山口市、tys)が今月放送した情報番組で、街頭で取材した性的マイノリティーの人を「珍 女性のような男性」として取り上げていたことがわかった。取材を受けた本人は「事前に何の説明もなく、こういう形で性別をさらされるとは思わなかった。偏見に満ちた放送でショックだ」と話している。

取材を受けた人は、出生時の性と自認する性が一致しないトランスジェンダー。テレビ山口に対して、放送に至った経緯の説明を求めている。

テレビ山口によると、山口県内向けの情報番組「週末ちぐまや家族」の中で、地域で珍しい名字の人や店などをアポなしで訪ねる企画のVTRで取り上げた。出演者のタレントが県内のある地域で作業着姿で車のオイル交換をしている人に出会い、「オイル交換?」「女性で?」「自分で自分の車を?」と話しかけ、「変わっているって言われませんか」と発言。「実はこの方にはある訳が」とナレーションが入った。

CMを挟み、本人がいないところで親族とやりとりしたタレントが「わざとですか」「実は男性なんですか」「びっくりしたぁ」と話し、本人の映像に重ねて「(マル囲みで)珍 女性のような男性」というテロップを出した。

本人は朝日新聞の取材に対し「女性として取材を受けたのに、私自身に確認せずにわざわざ男性だとさらされた。職場の同僚や取引先が放送を見たらと考えて一時は絶望的になった」と話した。

テレビ山口の池田泰・総務局長は取材に、「放送前に細心の注意を払うべき内容で、ご指摘を真摯(しんし)に受け止めている。当初は女性だと思って取材をしたが、放送の可否を本人に確認すべきだったと反省している。字幕についても適切ではなかった」と答えた。本人に直接謝罪する意向という。取材には番組プロデューサーが同席していたといい、「プロデューサー本人が取材を担当しており、チェックが抜けてしまった可能性がある」という。改めて、弁護士による性や人権についての社員研修を行うとしている。

テレビ山口は放送番組基準にテレビ山口は放送番組基準に「性的少数者を取り上げる場合は、その人権に十分配慮する」「人種・性別・職業・境遇・信条などによって取り扱いを差別しない」と掲げている。(伊藤宏樹)

NPO代表「命落とす人も」
テレビ山口の放送について、企業での性的少数者に関する研修などに取り組むNPO法人「虹色ダイバーシティ」(大阪市)の村木真紀代表は「本人の許可なく性の情報を暴露することは『アウティング』と呼ばれ、人権侵害にあたる。メンタルを崩して、命を落としてしまう人もいる」と、問題の深刻さを指摘する。

放送での性別の取り扱いをめぐっては、読売テレビ(同)が5月に放送した報道番組の街頭ロケで、出演者が一般人の性別を確認しようと体に触れたり、保険証を確認したりして批判を受けた。番組のコーナーは終了した。

同局は「差別を助長することになるかもしれないことへの配慮が大きく欠如していた」と番組で謝罪。経緯を検証し、性的少数者に関する研修を社員ら向けに開いた。この放送は放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会で審議されている。

村木代表は「放送に至るまでのチェック体制を検証し、性的少数者の人たちがどんなことに困っているのか学ぶ必要がある。読売テレビの問題があったのに、また繰り返されてしまったことが残念でならない」と話している。(杢田光)

『朝日新聞』2019年11月14日22時00分
https://digital.asahi.com/articles/ASMCG5S30MCGTZNB015.html?pn=7
nice!(0)  コメント(0) 

高3男子にわいせつ行為 埼玉県の教諭逮捕 [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

10月30日(水)

児童買春禁止法の大きな効用は、わいせつ行為の対象が少年であっても、適用できること。
これまで法の適用外(野放し)だった少年に対する買春行為を摘発し、かなり厳しい罰則(5年以下の懲役又は300万円以下の罰金)を科せるようになった。

この高校教員も有罪なら懲戒免職だろう。

-------------------------------------------------------
渋谷のトイレで高3男子にわいせつ行為 埼玉県の教諭逮捕

事件事故 県警少年捜査課と栄署は28日、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで、埼玉県所沢市、同県立高校教諭の男(42)を逮捕した。

逮捕容疑は、6月9日午前11時半から約20分間、東京都渋谷区の商業施設内の男子トイレで、東京都大田区に住む高校3年の男子生徒(17)に現金7千円を渡し、わいせつな行為をした、としている。「18歳以上だと思っていた」と供述、容疑を否認しているという。

署によると、2人は6月にツイッターで知り合ったという。県警のサイバーパトロールで発覚した。

『神奈川新聞』 2019年10月28日 19:28
https://www.kanaloco.jp/article/entry-204957.html



nice!(0)  コメント(0) 

児童施設内の性暴力、同性の子同士が大半 [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

9月29日(日)

この調査結果、かなり重大だと思う。
「加害児の89%、被害児の64%は男子。男子から男子への性暴力が全体の62%を占めた」

男性間の性暴力は、同性愛者が加害者になるよりも、異性愛者の支配欲求による加害の方がずっと多いと推測される。

-------------------------------------------------
児童施設内の性暴力、同性の子同士が大半 「性的衝動以外の理由、示唆」専門家らが調査・分析

児童福祉施設内の子ども同士で起きる性暴力は、同性間が7割を占め、特に男子同士の事案に重大な傾向がある――。こうした調査結果を、施設職員らのグループがまとめた。子ども間の性暴力の多くが、性的衝動によるものではなく、支配欲や知的障害など別の理由で起きていることを示唆しているという。

児童福祉施設内での性暴力の実態は長年、明らかにされてこなかった。厚生労働省が全国の実態調査をしたが、具体的な内容の分析や公表はされていない。

調査したのは、大阪府や兵庫県内の児童福祉施設や児童相談所の職員、研究者らでつくる「神戸児童間性暴力研究会」。原則18歳までの子どもが生活する児童養護施設など、全国にある入所型の児童福祉施設21カ所で、過去10年間に起きた子ども間の性暴力について詳しく聞き取った。集まった197の事案について分析した。

加害児と被害児を1対1でとらえた場合、調査対象は308ケースになった。加害児は156人、被害児は192人だった。加害児の89%、被害児の64%は男子。男子から男子への性暴力が全体の62%を占めた。全国の児童福祉施設の入所者は、男子が55%(厚労省調べ)。今回の調査では、男子の割合がそれに比べて多かった。

加害児の年齢は、85%が9歳以上。被害児は各年齢層にいるものの小学生が60%を占めた。

また調査によると、加害児の43%に知的障害、33%に発達障害などがあった。被害児もそれぞれ37%、24%だった。

性暴力の内容については、レイプに近いものから就学前の子どもの好奇心から来る探索行動までと幅広かった。ケースの重大度を5段階に分類したところ、男子が加害児の場合は、女子に比べて重大な事案が多かった。

研究会によると、性暴力の態様について(1)暴力的言動を背景にした強制的行動(2)支配の道具として使われる行動(3)主に知的障害のある子どもが自分の性衝動に適切に対応できず、代わりに性暴力に至るもの(4)性被害を受けた子どもが自ら同じような状況になること(再現)を求めた結果の行為(5)幼児が体への興味などからとる探索的な行動――などに分類できることも見えてきたという。

研究会は、今後さらに結果を分析し、支援の仕方や予防・早期発見・対応策について探る。

研究会代表の遠藤洋二・関西福祉科学大学教授(児童福祉)は「施設は、子ども間の性暴力の問題について隠したり、過小評価したりするのではなく、現実を見据えて対応するという意識をもつことが重要だ」と話している。(編集委員・大久保真紀)
る児

『朝日新聞』2019年9月28日16時30分
https://www.asahi.com/articles/DA3S14197658.html



nice!(1)  コメント(0) 

男子高校生買春の疑い、新潟の小学校校長ら逮捕 [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

9月18日(水)

まったく、なんでこういうことするかな。
「性欲が抑えられない」なら去勢処置すればいいのに。

『毎日新聞』によると、神奈川県警が川崎市川崎市の会社員を逮捕 → 相手の大阪府枚方市の高校生が浮上 → その客の新潟県柏崎市の小学校校長を逮捕という流れのようだ。

高校生、どうも一方的な被害者とは言えないような感じ。

-----------------------------------
男子高校生買春の疑い、新潟の小学校長ら逮捕

神奈川県警は、男子高校生に金銭を渡す約束をし、わいせつ行為をした児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、新潟県柏崎市、長岡市立宮本小の校長、宮嶋浩一容疑者(58)ら計2人を逮捕した。

県警によると、他に逮捕されたのは川崎市川崎区、会社員、小橋勝洋容疑者(37)。2人の逮捕容疑は3月23日、大阪市此花区のホテル室内で、大阪府枚方市の高校3年の男子生徒(17)に金銭を渡す約束をして、わいせつな行為をしたとしている。

両容疑者は送金・決済サービス「LINE Pay」で計5万円を男子生徒に支払ったといい、容疑を認めている。宮嶋容疑者は「性的欲望を抑えられなかった。ばれなければ大丈夫と安易に考えた」と供述している。

『産経新聞』2019年9月18日 13時48分
https://www.sankei.com/affairs/news/190918/afr1909180017-n1.html?fbclid=IwAR31p_9nXfm06NU40lOCXKGaPV7yYNqHFfsT-WYaYf4D_yUbKOW19kOGefA
-----------------------------------
買春容疑で、校長ら逮捕

男子高校生を買春したとして、神奈川県警は18日、新潟県長岡市立小学校校長、宮嶋浩市容疑者(58)=同県柏崎市桜木町=ら2人を児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕したと発表した。宮嶋容疑者は容疑を認め、「教職員に倫理的教育をする立場として違法だとわかっていたが、性的欲望を抑えられなかった」と話しているという。

逮捕容疑は今年3月、大阪府枚方市の高校3年の男子生徒(17)に金銭を支払う約束をし、大阪市此花区のホテルでわいせつな行為をしたとしている。

県警少年捜査課によると、ほかに逮捕されたのは川崎市川崎区鋼管通1の会社員、小橋勝洋容疑者(37)。男子生徒と両容疑者は動画サイトを通じて知り合った。金銭の支払いは電子マネーだったという。【池田直】

『毎日新聞』2019年09月18日 13時46分
nice!(1)  コメント(0) 

秋田県の学校は盗撮し放題? [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

5月17日(金)

これはすごい!
秋田県の学校は、校内だけでなら盗撮し放題(罪にならない)なのだ。

県条例がそうなっているのなら、県警は立件しようがない。

【追記】
秋田県は平成21年(2009)の条例改正で「住居、浴場、更衣場、便所その他通常人が衣服の全部又は一部を着けない状態でいる場合がある場所」での盗撮を追加した。
しかし、教室や職場などでの盗撮については追加規定しなかった。





----------------------------------------------------
秋田の校内盗撮、県警立件見送り 条例「公共の場」に該当せず

秋田市立中学校で4月、同僚の女性職員のスカート内を盗撮したとして捜査していた男性臨時講師(28)について、秋田県警は県迷惑防止条例違反の疑いでの立件を見送る方針を固めた。16日、県警への取材で分かった。条例は不特定多数の人が利用する「公共の場所、乗り物」での盗撮を規制しているが、校舎をこれに当てはめるのは困難という。

秋田市教育委員会によると、臨時講師は4月、教室内で女性職員2人を小型カメラで盗撮。学校が県警に被害届を出していた。

臨時講師は1月に県内の公共施設で10代の女性の下着を盗撮したとして4月12日に逮捕、送検された。

「共同通信」2019/5/16 12:19 (JST)5/16 15:32 (JST)updated
https://this.kiji.is/501595177369125985?fbclid=IwAR3MaKp14ekXafYlTRieZgi3W3-ErtS-QuFOLS4uv1CfjNcx4q2RhgSY8R0


nice!(0)  コメント(0) 

副校長たちの性犯罪 [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

12月1日(土)

なぜ「副校長」の性犯罪が続発するのだろう?
やはり、ストレスが強いのか?
それとも、そういうタイプがなりやすい職階なのか?

(1)2018年8月6日
東京都立荒川工業高校の男性副校長(59歳)が、路上で泥酔状態の女性に声を掛け、ホテルに連れ込み、わいせつな行為をしたとして、準強制わいせつの容疑で逮捕。→ 懲戒免職決定
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018080600451&g=soc

(2)2018年11月27日
東京都墨田区立桜堤中学校の男性副校長(50歳)が、教え子だった男子中学生の服を脱がせて写真を撮ったとして、児童福祉法違反(有害支配)の容疑で逮捕。
https://www.sanspo.com/…/news/201…/tro18112713430011-n1.html

(3)2018年11月30日
私立市原中央高校(千葉県市原市)の男性副校長(61歳)が、修学旅行の引率で訪れた京都市左京区の旅館で泥酔し、女湯に侵入し、放尿。
https://www.asahi.com/articles/ASLCY5CT7LCYUDCB00V.html

nice!(1)  コメント(0) 

17歳女子を買春容疑 横浜の高3男子(19歳)逮捕 [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

11月19日(月)
(メモ)
年齢差2歳(19歳男子と17歳女子)、ほぼ同世代でも、児童買春法違反になる事例。

-----------------------------------------
17歳女子を買春容疑 横浜の高3男子逮捕

県警少年捜査課と鶴見署は13日、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで、横浜市旭区に住む県立高校3年の男子生徒(19)を逮捕した。

逮捕容疑は3月11日、同市西区のホテルで、横須賀市に住む高校2年の女子生徒(17)に現金4万円を渡す約束をしてみだらな行為をした、としている。

『神奈川新聞』2018/11/13 20:48 更新:2018/11/13 20:53
https://www.kanaloco.jp/article/371643/


nice!(0)  コメント(0) 

女性と間違え…男性の胸もんでキス 男逮捕 [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

8月16日(木)

もう20年以上前のことだけど、深夜の新宿・歌舞伎町の路上で、「もう帰るの?遊ぼうよ」という声とともに後ろから右肩を強くつかまれたことがある。

引っ張られた勢いを利用して、相手の懐に入り、腕を手繰るようにして、少し体をかがめて捻ったら、偶然にも、「払い腰」のような体勢になり、相手の男が歩道に転がった。

私もハイヒールだったのでバランスを崩してしまい、よろけた拍子に、偶然にも、男の股間を思い切り踏んづけてしまった。

男は50歳前後に見える酔っ払いオヤジで、なんか白目剥いて悶絶していたけど、怖いからそのまま逃げた。

夜の街を女性の格好で歩くのなら、女性と同様に(あるいは、女性以上に)性暴力の被害に遭うことを想定して、日ごろから心構え・備えをしていないと駄目。

私は、店もママや先輩たちから、そうしたリスク管理の仕方(何段階かある)を教わったが、今はどうなのだろう? ちゃんと伝わっていないような気がする。

-----------------------------------------------
女性と間違え…男性の胸もんでキス 男逮捕

東京・台東区の路上で20代の男性に無理やり抱きついた上、キスするなどしたとして、48歳の男が逮捕された。警視庁は、男が、女性の格好をしていた被害者の男性を女性と見間違えて、犯行に及んだとみている。

強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、会社員の斎藤賢一容疑者。警視庁によると斎藤容疑者は今年4月、台東区の路上で20代の男性に無理やり横から抱きついた上、胸をもんでキスをするなどした疑いがもたれている。

被害にあった男性は当時、女性の格好をしていたということで、警視庁は酒に酔っていた斎藤容疑者が女性と見間違い、犯行に及んだとみている。

調べに対し、斎藤容疑者は、「キスをしたり、胸を触ったことに間違いありません」と話しているという。

「日本テレビ・NEWS24」2018年8月14日 21:48
http://www.news24.jp/articles/2018/08/14/07401421.html


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 現代の性(性犯罪・セクハラ) ブログトップ