So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

NZホワイト島の火山噴火、観光客5人死亡 [地震・火山・地質]

12月9日(月)

ニュージーランド北部沖のホワイト島が噴火。
噴火の直前に、火口内を歩いていた観光客は、まあ、助からないだろう。
死者・行方不明63人の大惨劇になった木曽御嶽山(2014年9月)の二の舞。
火山を甘く見すぎ。

【19時】死者5人、行方不明少なくとも10人の続報
--------------------------------------
NZホワイト島の火山噴火、付近に外国人含む観光客約50人 1人死亡
ホワイト島2.jpg
ホワイト島.jpg
【12月9日 AFP】ニュージーランド北部沖にあるホワイト島(White Island、マオリ名:ファカアリ、Whakaari)の火山が9日、突然噴火した。当局によると噴火時、島とその周辺には外国人を含む観光客が50人ほどいたとみられ、少なくとも1人が死亡したほか、複数の負傷者や行方不明者が出ているという。

ニュージーランドの警察当局は、1人の死亡を確認したと発表。島内にいて連絡が取れなくなっている人の数は正確に分かっていないが、「現時点では警察・救急当局が島に上陸するのは危険すぎる」との見解を示した。また、ジャシンダ・アーダーン(Jacinda Ardern)首相は噴火時、島とその周辺には「ニュージーランド人と海外からの観光客」がいたことを明らかにした。

噴火したホワイト島は、ニュージーランド北島(North Island)の景勝地プレンティー湾(Bay of Plenty)の沖合約50キロにある火山島。ヘルメットやガスマスクを着用して噴火口を歩く観光ツアーが人気で、毎年およそ1万人が訪れる。

9日も噴火直前の午後2時10分(日本時間同午前10時10分)ごろ、噴火口の内側を歩く数人の観光客の姿がライブカメラに映っていたが、すぐに画面は噴火のため暗転。観光客の安否が気遣われている。

警察は、噴火時刻を午後2時11分と発表している。ニュージーランド政府の危機管理当局によると、噴火の規模は「中程度」だが、火山周辺は危険な状況だという。噴火時のホワイト島とその周辺には50人前後の観光客がいたとされる。現場に急行中の救急隊には、負傷者が20人ほどいるとの情報が入っているという。 

北島ファカタネ(Whakatane)のジュディ・ターナー(Judy Turner)市長は、AFPに「複数の負傷者が出ており」救助活動が行われていると述べた。

ニュージーランドの地震監視サービス「ジオネット(GeoNet)」によると、ホワイト島はニュージーランドで最も活発な円すい火山で、全体の70%が海中にある。過去50年間に頻繁に噴火を繰り返しており、直近では2016年に噴火。今年8月、ニュージーランド軍は噴火に備えた緊急シェルターとして、重さ2.4トンのコンテナをホワイト島に空輸していた。(c)AFP

「AFP通信」2019年12月9日 16:44 発信地:ウェリントン/ニュージーランド [ ニュージーランド アジア・オセアニア ]

nice!(0)  コメント(0) 

ちゃんと目的がある「お金集め」は悪いことではない [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

12月8日(日)

「LIVE PRIDE」のチケット(11,000円)が高い!という意見がある。
まあ、高いといえば高い。
私なんて、同じ日に大学の講義で稼いだお金がそのままスライドだ。
でも、個人的には十分にその価値はあった。

そもそも、「LIVE PRIDE」はチャリティー・イベントだ。
通常の料金に、チャリティー分(おそらく3,000円か4,000円)が乗っている。
チャリティーの趣旨に賛同して、寄付をするつもりで、チケットを買ってくださる方がターゲットだし、ほとんどの方はそれで納得していると思う。

大切なことは、チャリティーで集めたお金が、ちゃんと目的通りに有効に使われるかどうかで、それはしっかり見守りたい。

前にも書いたけど、困難な状況にある人に手を差し伸べようと思ったり、世の中を少しでも変えていこうとしたら、それなりのお金がいる。

私だって、自由に使えるお金が1000万円もあったら、少しは世のため人のために何かできるだろうし、1億円あったら、トランスジェンダー・アーカイブができる。

だけど、私にはお金を集める能力も、お金を稼ぐ才能もない。
それでも、「お金集め」って、ある意味「お金儲け」より難しい、ということはわかる。

ちゃんと目的があってお金を集めるのは、まったく悪いことではないし、そうした能力がある人を、私は尊敬する。

「お金集め」と「お金儲け」の区別がつかず、「お金集め」を批判する人って、ほんとうに困ったものだ。
nice!(0)  コメント(0) 

クリスマス・イルミネーション [日常(花・街・山・猫・蝶)]

12月7日(土)

クリスマス・イルミネーション。

汐留「電通ビル」
IMG_1216.JPG

「日テレタワー」脇
IMG_1217.JPG

JR大井町駅前
IMG_1221.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

12月6日(土)化粧文化研究者ネットワーク 第53回研究会 皮膚科学の基礎を学ぶ [お勉強(研究会)]

12月6日(土) 雨のち曇り  東京  7.1度  湿度85%(15時)

「資生堂」汐留ビルで開催された「化粧文化研究者ネットワーク 第53回研究会」に参加。

平尾哲二さん(武庫川女子大学薬学部教授)の講演「角層から得られる皮膚情報」を聴講。

平尾さんは、資生堂の研究所で角層細胞の性状解析や微量成分の分析に関する研究に長年たずさわった方で、皮膚科学の基礎を、とても分かりやすく講義してくださった。

いろいろな知見が得られたが、超単純化すると、
「顔の皮膚は特殊(Bodyの皮膚に比べて角層が薄く、バリアも弱い)」
「やっぱり保湿が大事(水分が多すぎてもいけないが)」
「お手入れは、お風呂のあとがいちばん効果的(バリアが緩むので有用成分が浸透しやすい)」

質疑応答で、男女の皮膚の差について質問。
最大の違いは、男性は男性ホルモンの影響で皮脂が格段に多いこと。
他は、生理的にはあまり変わらない。
それより、生活習慣的な違い、具体的には頻繁な髭剃り(角層を削っている)、保湿などに無頓着、煙草の煙などの悪影響が大きい、とのこと。
やはり皮脂か・・・。

懇親会・二次会で、資生堂のヘア&メーキャップスクール「SABFA(サブファ)」元・校長の富川栄先生(山口小夜子さんなど多くの資生堂モデルを手掛けた伝説的なヘアー&メイキャッパー)のお話をいろいろうかがえたのも、有益だった。

自分の研究に直接的には関わらない研究会は楽しい。

nice!(0)  コメント(0) 

「LIVE PRIDE ~愛をつなぎ、社会を変える。~」 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

12月6日(金)

18時過ぎ、有楽町駅で下車。

東京国際フォーラム ホールAで開催された「LIVE PRIDE ~愛をつなぎ、社会を変える。~」へ。
IMG_1198.JPG
IMG_1199.JPG
素晴らしかった。
lp_MISIA.jpg
lp_finale.jpg
iqEh9QGch44E2Xuw8KY5e80hYedPvWHodmk1Q6wb6TarQLcFfwB5pEj2zfIlQpm7.jpg
ライブにも感動したけど、日本のLGBTQがあの大ホールを埋めるイベントをできるようになったこと、それだけ社会的力をつけたことが実感できて感動した。
ほんとうに素晴らしいことだと思う。
冥土の良い土産になった。
ありがとうございました。

--------------------------------------
一応、主催団体の「プライドハウス東京」のメンバーなので、「関係者席」だったのだけど、大ホールの+状の大通路の交差点左前の絶好のポジション。
IMG_1203.JPG
IMG_1204.JPG
で、お隣は2日違いの兄さんの北丸雄二さん。
「関係者席」というより「長老席」だったのかも。
良いお席をありがとうございました。
--------------------------------------
「LIVE PRIDE」前半のお目当ては、中村中さん。
「友達の詩」ライブで聞くのは2度目だけど、相変わらず素晴らしい。
Trans-woman特有の耳に心地よい艶のある声質。
しかも、彼女の場合、高音域になっても艶が失われない。
トレーニングはもちろんだが、やはり天性のものだと思う
いったい音域、何オクターブあるのだろう?
lp_ataru.jpg
ギターを弾きながらやや低い声域で歌う「不良少年」も聞きごたえ、見ごたえがあった。
わずか2曲のステージではもったいない。
日本を代表するトランスジェンダー歌手なのだがら、もっと聞きたかった。
--------------------------------------
前半のもうひとつの見どころは、八方不美人。
大きなステージで、どうかな?と思ったが、すごく頑張っていた。
歌ももちろん、振りのシンクロ度、目まぐるしいポジションチェンジ、見事だった。
ノリの良さは、会場の反応を見ていればわかる。
lp_happo.jpg
このくらい大きなステージになると、ドリアン・ロロブリジーダさんの長身はよく映える。
その一方で、身体がコンパクトなちあきホイみさんは目立たなくなる。
今日のようなシックな色味ではなく、もっと膨張色系の衣装の方がいいのかもしれない。
--------------------------------------
「LIVE PRIDE」、あえて難を言うなら、GとDQの存在感が圧倒的で、Lの姿がほとんど感じられなかったこと。
女性は、ユーミンと清水ミチコさんはヘテロセクシュアル自認、MISIAさんもたぶん。
Tは中村中さんが孤軍奮闘していたからまだいいが、Lの存在感のなさは、やはり気になった。

詳しいレポートは下記。
「松任谷由実、MISIAらが出演 日本初のLGBTQ支援をテーマにした音楽イベント『コカ・コーラ presents LIVE PRIDE〜愛をつなぎ、社会を変える。〜』が開催」
https://www.musicman.co.jp/artist/280051?fbclid=IwAR2qvbhspMlBd4QLkxK24yUsga-uxv6JHUEyCllfBIRRl0YSrKEFeszmid8
「コカ・コーラ presents LIVE PRIDE 〜愛をつなぎ、社会を変える。〜」(後藤純一)
https://gladxx.jp/features/2019/scene/6134.html?fbclid=IwAR2ssF23zt_o-Z5MXflY2Z4o5yDB_4_90BowgzobA4Jtx8dx-Qqr2pYjbOI
nice!(0)  コメント(0) 

12月6日(金)関東学院大学「セクシュアリティ論」第9講は 「『恋愛』と『結婚』のジェンダー&セクシュアリティ ―その歴史―」 [お仕事(講義・講演)]

12月6日(金)  曇り  横浜  10.4度  湿度34%

9時半、起床。
朝食は、アップルパイとコーヒー。
IMG_1195.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。
紺地に白い雲のような模様のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショートブーツ、ベージュのバッグ。
黒のカシミアのポンチョ。

12時、家を出る。
東急東横線で横浜へ。
今日は京浜急行ホームの「タリーズコーヒー」に寄らず、12時55分発快特(三崎口行)に乗車。
13時13分、金沢八景駅に到着。

昼食は、旧バス停近くの「Coco壱番屋」、
IMG_1196.JPG
↑ 卵サラダ
IMG_1197.JPG
↑ 豚しゃぶカレー+茄子

13時46分発のバスに乗る。
13時55分、講師控え室へ。
レジュメは260部×2を印刷.
今日は2回に分けて運ぶ。

15時、講義開始。
まず、第8講「性の多様性とL/G/B/T」の残りを解説 。

1 「性」の4要素と多様性
(1)人間の「性」は、単純なものではなく、複数の要素から構成されている
(2)「性」を構成する要素は、基本的には独立のもので、必ずしも連動するとは限らない
(3)「性」を構成する要素が複数であることから、必然的に「性」の多様性が生まれる
2 「性」を多層構造で考える
(1)多数派の男性・女性
(2)同性愛の男性・女性
(3)トランスジェンダー
3 L/G/B/Tをめぐる諸問題
(1)L/G/B/Tとは?
--------------(ここから)--------------
(2)同性パートナーシップ/同性婚とは?
(3)「性同一性障害(Gender Identity Disorder=GID)」がなくなった

続いて、第9講は 「『恋愛』と『結婚』のジェンダー&セクシュアリティ ―その歴史―」に入る。

1 「結婚」の歴史
(1)形態的に
(2)階層的に
(3)制度的に
 ※ 神前結婚式の始まり
2 「恋愛」概念の誕生
-------------(ここまで)-------------
 ※ 「愛」はどこから来た?

3 近代における結婚システム
(1)見合い婚  近代?~1960年代
(2)「囲い込み婚」(職場結婚) 1960~1980年代
(3)恋愛結婚

15時30分、終了。
いろいろしゃべっていたら、かなり残ってしまった。

今日は、残業せず、辞去。
16時49分のバス)に乗る。
金沢八景駅17時06発、青砥行き特快に乗車。
横浜駅で、JR東海道線に乗り換え、さらに新橋駅で山手線に乗り換え、18時05文有楽町駅に到着。
(続く)
nice!(0)  コメント(0) 

30本、行くかな? [お仕事(執筆・成果)]

12月5日(木)

今、月初め恒例の「研究業績書」の加筆作業(今月は論文1本、論考2本)をして、ふと気づいたのだけど、2019年に書いたものが27本(論文3本、論考20本、書評2本、インタビュー2本)になっていた。
https://junko-mitsuhashi.blog.ss-blog.jp/2014-04-23-4
年内に間違いなくあと2本、たぶん3本出るので、限りなく30本に近づきそう。
nice!(0)  コメント(0) 

テストページが送られてきた [お仕事(執筆)]

12月5日(木)

「プレジデント・オンライン」掲載予定の「ニューハーフ風俗で、今、起こっていること」のテストページが送られてきた。

タイトルやサブタイトルに「ペニス」と入れるのはNGとのこと。
で、「研究者も驚いた(ニューハーフ風俗の)『ペニスサイズ表記』」が駄目になった。
Yahooが検索で撥ねるので、アクセス数が伸びないし、転載もされなくなり、致命的らしい。

また、編集者との話では、ニューハーフ風俗店のサイトをスクリーンショットして、暈し&コラージュしてイメージフォトに使う予定だったのだけど、「(それでも)特定の店の宣伝になりかねない」という編集長の判断でNGに。

で、どこからも文句が出ない(?)、歴史的な画像を使うことに。
‏色子の送り (2).jpg鈴木春信「艶色真似ゑ門」1 - コピー.jpg
まあ、考えてみれば、鈴木春信の「色子の送り」(1767~68年?)は、ニューハーフのデリバリーだし、春信「艶色真似ゑ門」はまさに「営業中」の画像だし。

nice!(0)  コメント(0) 

12月5日(木)銀行巡り [日常]

12月5日(木)  晴れ  東京  14.5度  湿度43%(15時)

11時、起床。
もう1時間、早く起きるつもりだったが、体が辛く起きられなかった。
朝食は、アップルデニッシュとコーヒー。
191205-1.JPG

13時、家を出る。
今さら、空が秋っぽい。
IMG_1185.JPG
今日は銀行巡り。
東急目黒線(大岡山駅乗換)東急大井町線(大井町駅乗換)JR京浜東北線で東京駅へ。
八重洲口徒歩5分の足利銀行・東京支店へ。
IMG_1186.JPG
「東京支店」とあるように、東京にここしか支店がないのって、ほんとうに不便。
せめて、新宿に支店を置いて欲しい。

JR山手線で恵比寿駅へ。
駅近くの「みずほ銀行」がないか見渡したが、見つからない(八重洲口でも探したがなかった)。
仕方なく、東京メトロ日比谷線に1駅だけ乗り、中目黒駅で東急東横線に乗り換えて祐天寺駅で下車。
みずほ銀行・祐天寺支店に向かったが、15時2分到着で窓口業務アウト。
がっかり。

気を取り直して、学芸大学駅に移動。
東口のりそな銀行、西口の三井住友銀行を巡り、最後に宝くじ売場で、年末ジャンボ宝くじを購入。

5つのミッションのうち4つは達成。

やや疲労気味で、遅い昼食。
東口路地の「たけいち」へ。
191205-2 (2).JPG
↑ 味玉入り 濃厚鶏骨醤油そば(980円)
あれ?トッピングが変わった。
鶏チャーシューが手羽中に。
191205-2 (1).JPG
まあ、おいしいから、いいや。

自宅最寄り駅に戻り、駅前の「ドトール」で休憩。
191205-3.JPG
18時、帰宅。

夕食は、煮カツ。
191205-4 (1).JPG
カツがちょっと上等だった(厚すぎた)。
191205-4 (2).JPG

お風呂に入って、髪を洗う。
就寝、2時。





nice!(0)  コメント(0) 

北関東震源、M4後半、最大震度4、三連発 [地震・火山・地質]

12月4日(水)
20191204103923395-04193509.jpg
4日19時35分ころ、震源地は、栃木県北部(北緯36.9度、東経139.7度)で、震源の深さは約10km、地震の規模はM4.7。
日光市、那須塩原市で震度4を観測。
------------------------------------

3日から4日にかけて、北関東を震源とするM4後半、最大震度4クラスの地震が3連発。
① 12月3日10時18分 茨城県南部 M4.7 深さ60km
② 12月4日10時38分 茨城県北部 M4.8 深さ10km
③ 12月4日19地05分 栃木県北部 M4.7 深さ10km
①は千葉県北西部~埼玉県東部~茨城県南部に広がる「関東の地震の巣」が震源の地震で、とくに珍しくもない。
被害が出るような地震はまず起こらない。
②は茨城県北部を震源とする、浅い、おそらく正断層型(張力で起きる)の地震で、2011年の東日本太平洋大地震の直後から数多く発生するようになった。
これも、近年お馴染みのタイプ。
③の栃木県北部を震源とし、しかも浅い地震は、あまり見たことがない。
①と②たまたま時期が重なったというだけだが、③は今後、少し注意してみたい。



nice!(0)  コメント(1) 
前の10件 | -