SSブログ
前の10件 | -

「通っていいですか?」 [日常(花・街・山・猫・蝶)]

9月18日(金)

秩父の家から帰ろうとしたら、道の真ん中で、猫が毛づくろいをしていた。
IMG_4864.JPG
「通っていいですか?」と尋ねたら、「いいよ」と立ち上がった。
で、人と人がすれ違うように、すれ違った。
IMG_4865.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

秩父の家の百日紅 [日常(花・街・山・猫・蝶)]

9月18日(金)
秩父の家の百日紅。
花色は真っ赤。
IMG_4862.JPG
2本あるのだが、1本は私が生まれる前、もう1本は、私が子供のころからあった。
つまり、樹齢(少なくとも)60~70年なので、百日紅としては、すごく巨木化している。
IMG_4863.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

9月18日(金)3カ月ぶりのお墓参り [日常]

9月18日(金)

8時、起床。
ちょっと心身が辛いけど、予定を1日前倒して、秩父にお墓参りに行く。
そうしないと、いろいろ回らないから。

10時過ぎ、家を出る。
郵便局に寄って、査読結果を郵送。

11時半、池袋へ。
特急に似る前に、ちょっと早めの昼食。
「パルコ」8階のレストラン街の隅にある怪しいタイ料理屋。
ランチ・バイキング(1250円)。
IMG_4855.JPG
1品注文して、あとはバイキング・メニューからという仕組み。
バイキング料理を取るときは、使い捨てに手袋をする(左上に手袋が見える)。

メインのガパオライス(ハーフ)
IMG_4856.JPG
バイキング・メニューのグリーンカレー
IMG_4857.JPG
デザートのタピオカ・ココナッツミルク。イチゴジャム入り。
IMG_4858.JPG

12時30分、西武池袋駅発の特急「ラビュー」で秩父へ。
IMG_4859.JPG

まず、足利銀行で、お金を出し入れして通帳記入。
14時25分、秩父の家へ。
タクシーを呼んで、3カ月ぶりのお墓参り。
IMG_4861.JPG
日差しはないが蒸し暑く、汗が出る。
草むしりをした分、いつもより時間がかかり、待たせてあるタクシーのメーターが上がる(+700円ほど)。
まあ、仕方ない。

16時23分、西武秩父駅発の特急で東京に戻る。
帰りも「ラビュー」。
IMG_4866.JPG
ほとんど誰も乗ってない。
発車時刻になっても乗客は1桁。

ブルーベリー・ジェラートでクールダウン。
IMG_4867.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

9月17日(木)久しぶりの横浜 [性社会史研究(遊廓・赤線・街娼)]

9月17日(木)

14時半、久しぶりに横浜へ。
IMG_4842.JPG
昼食は、横浜・日本大通りの「横濱洋食 LUNCHAN AVENUE」でオムライス。
IMG_4846.JPG
IMG_4844.JPG
味とお値段のバランス、高い天井の雰囲気が良く、この界隈に来るとき、何回か寄ったが、9月30日で閉店。
IMG_4843.JPG
原因は「コロナ禍」による客の減少とのこと。
もう日本、ほんとうに駄目になるのだな。

横浜に来た目的は「常盤とよ子追悼展」を見るため。
IMG_4847.JPG
「横浜都市発展記念館」4階常設展示室で「第一部:写真家・常盤とよ子の軌跡」(有料)、
旧第一玄関で「第二部:常盤とよ子が写した戦後横浜の女性たち」(無料)

常盤とよ子(1928~2019年)さんは、戦後日本の女性カメラマンの草分け的存在で、「赤線」時代の真金町、「青線」伊勢佐木町・末吉町界隈、そして本牧の「チャブ屋」街に生きる女性の姿を数多く撮影した。
常盤とよ子1.jpg
常盤とよ子2.jpg
写真エッセー『危険な毒花』(1957年)は当時、大きな評判になった。
常盤とよこ3.jpg
会期は、9月22日(火・祝)まで。

山下公園へ。
IMG_4848.JPG
海を見ながら、つくづく世の中に居場所がないなぁ、もう生きていても仕方ないなぁ、と思う。
このまま、海に飛び込んじゃおうかなと思って、ちょっと覗き込んだけど、私、けっこう泳ぎが上手なのだ。
IMG_4850.JPG
このくらいの海だと、まず死にきれずに、人様に迷惑をかけるだけなので、止めにした。
また別の方法を考えよう。
nice!(0)  コメント(0) 

月一連載の執筆 [お仕事(執筆)]

9月16日(水)
(続き)
夜中になって、なぜか調子が出てきたので、月曜日(21日)が締切の月1連載エッセーの原稿を書いてしまった。
昼間はかなり調子が悪かったのに・・・。

自分でもこういう好不調の波はわからない。

就寝、4時半。

nice!(0)  コメント(0) 

9月16日(水)いつまでも「夏休み」というわけにはいかないので [お仕事(講義・講演)]

9月16日(水)  曇り  東京  28.1  湿度70%(15時)

昼間は、心身不調で、何もできず。

でも、いつまでも「夏休み」というわけにはいかず、夜になって、後期の講義の準備を始める。

とりあえず、来週金曜日から始まる関東学院大学「セクシュアリティ論」第1講のレジュメをアップ。
都留文科大学「ジェンダー研究1」は再来週火曜からなので、レジュメは作ったけど、まだアップしない。
nice!(0)  コメント(0) 

安倍内閣総辞職、菅内閣発足 [政治・選挙]

9月15日(水)

安倍内閣が総辞職。
「悪夢の7年8カ月」がようやく終わった。

菅内閣が発足。

【衆議院首班指名】
菅 義偉  314票
枝野幸男  134票
片山虎之助  11票
中山成彬    2票
小泉進次郎   1票

小泉進次郎に誰が入れたのか?
(無所属の松山穂高議員とのこと)

【参議院首班指名】
菅 義偉  142票
枝野幸男   78票
片山虎之助  16票
伊藤孝恵    1票
白 票     3票

こちらも、伊藤孝恵って誰?
と思って調べたおら、国民民主党所属の参議院議員で、愛知選挙区当選1回の人。
誰が入れたのだろう?
(無所属の寺田静議員とのこと)

まだ内閣総理大臣に指名されていないのに(首班指名は16日)、菅義偉新内閣の組閣が終了。
内閣総理大臣 菅 義偉(新任、無派閥、71歳、神奈川2区、当選8回)
副総理・財務大臣 麻生太郎(再任、麻生派、79歳、福岡8回、当選13回)
総務大臣 武田良太(再任、二階派、52歳、福岡11区、当選6回)
法務大臣 上川陽子(再入閣、岸田派、67歳、静岡1区、当選6回)
外務大臣 茂木敏充(再任、竹下派、64歳、栃木5区、当選9回)
文部科学大臣 萩生田光一(再任、57歳、東京24区、当選5回)
厚生労働大臣 田村憲久(再入閣、石破派、55歳、三重1区、当選8回)
農林水産大臣 野上浩太郎(初入閣、細田派、53歳、参院富山 当選3回)
経済産業大臣 梶山弘志(再任、無派閥、64歳、茨城4区、当選7回)
国土交通大臣 赤羽一嘉(再任、公明党、62歳、兵庫2区、当選8回)
環境大臣 小泉進次郎(再任、無派閥、39歳、神奈川11区、当選4回)
防衛大臣 岸信夫(初入閣、細田派、61歳、山口2区、参2回+衆3回) 
官房長官 加藤勝信(横滑り、竹下派、64歳、岡山5区、当選6回)
復興大臣 平沢勝栄(初入閣、二階派、75歳、東京17区、当選8回)
国家公安委員長 小此木八郎(初入閣、無派閥、55歳、神奈川3区、当選8回) 
行政改革担当大臣 河野太郎(横滑り、麻生派、57歳、神奈川15区、当選6回)
経済再生大臣 西村康稔(再任、細田派、57歳、兵庫9区、当選6回)
五輪担当大臣 橋本聖子(再任。細田派、55歳、参院比例、当選5回)
万博担当大臣 井上信治(初入閣、麻生派、50歳、東京25区、当選6回)
一億総活躍担当大臣 坂本哲志(初入閣、石原派、69歳、熊本3区、当選8回)
デジタル担当大臣 平井卓也(再入閣、岸田派、62歳、香川1区、当選7回)

再任、横滑り、返り咲きが多く、抜擢が少ない地味な内閣。

平沢勝栄先生、当選8回、75歳での初入閣は、うれしいだろうな。
ウハウハ喜びすぎてひっくり返らないか心配。
それに対し、当選11回でいまだ大臣経験がない逢沢一郎先生は、今回もまた涙。




nice!(0)  コメント(0) 

L・G・B・T、マンパワーの違い [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

9月15日(火)

L・G・B・T+アライで、まとまって何かやる場合のバランスってほんとうに難しい。
それぞれのマンパワーに違いがありすぎるからだ。

たとえば、LGBT10人で何かしようとして、人数比率に忠実に枠を割り振ったら、L・G・B・T=2・4・3.5・0.5くらいだろう。

いわゆる「活動の場」にいる人数で考えたら、Bが少なく、アライの人もいるので、L・G・B・T・アライ=2・4・1・1・2くらいだろうか。

さらに活動度というかマンパワーを考慮すると、L&B・G・T・アライ=2:5:1:2が実勢かなと思う。
そして、Tの1はTrans-manだ。

結果、見かけ男性7:見かけ女性3くらいになり、「ジェンダー平等」は難しい。
かなり気を遣っても、画像のような結果(7:2)になってしまう。
「プライドハウス東京レガシー」記者会見.jpg
↑「プライドハウス東京・レガシー」の記者会見

「カテゴリー平等」の理念からしたらL・G・B・T・アライ=2・2・2・2・2で、Bとアライの2は男女で分け、Tの2はTrans-manとTrans-womanで分けるのが理想だ。
そうすれば、見かけ5:5で「ジェンダー平等」が達成できる。

しかし、現実は大違いで、Trans-womanが存在する余地はLGBT世界にはほとんどない。
だから、Trans-womanは否応なく、狭いLGBT世界ではなく、もっと広い世界を目指すことになる。

まあ、仕方がない。
ともかく、Trans-womanは数が少ない、マイノリティの中のマイノリティなのだから。

nice!(0)  コメント(0) 

9月15日(火)追加収書リスト作り [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

9月15日(火)  曇り  東京  27.7度  湿度70%(15時)

「LGBTQアーカイブ」の追加収書リストを作るため自宅の書棚の本を棚卸したいのだけど、書棚の前に大量のファイルが積んであって、手が届かない。
仕方なく、本を積んで踏み台にしてやっと降ろせた。

そもそもは膨大な書籍やファイルを蓄積した自分が悪いのだけど、足に支障がある(前期)高齢者がする作業ではないな。

16時、リスト作り終了。
3時間近くかかった。

遅い昼食、
お蕎麦を茹でる。
IMG_4832.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

気持ちが疲れた一日 [日常(料理・食べ物)]

9月14日(月)
(続き)
18時20分から40分ほど、かなり気疲れがする密談。

その後、19~20時30分、オンライン会議。

21時、新宿三丁目駅まで歩いたところで、夕食を食べていないことに気づき、駅の上の牛たんの「ねぎし」へ。
IMG_4828.JPG
「ねぎしセット」(1450円)。
IMG_4829.JPG
昔に比べてお肉が減ったけど、私が食べられる量も減っているので、ちょうどよい。

22時、帰宅。

22時30分~23時10分、密談相手とは別の方と、気疲れがする内容の電話。
ということで、とても気持ちが疲れた一日だった。

就寝、4時。


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -