SSブログ
性社会史研究(一般) ブログトップ
前の10件 | -

河原梓水『SMの思想史―戦後日本における支配と暴力をめぐる夢と欲望』 [性社会史研究(一般)]

5月10日(金)

河原梓水さんの新著『SMの思想史―戦後日本における支配と暴力をめぐる夢と欲望』(青弓社、3000円+税)をいただく。
SMの思想史.jpg
ありがとうございました。

日本初の本格的なSM史研究で、セクシュアリティ研究の欠落を埋めるという点でまさに画期的な業績。

10数年、同じ研究会で研究報告を聴いてきた者として,とても感慨深い。

400頁を超える分厚さと、グレーの地味な装丁が、江戸時代の街奉行所で罪人を拷問する際に使った「抱き石」を思わせる。

「まだ吐かぬか、もう20冊抱かせろ」
「うぎゃ~~~ぁ!」

きっと20冊単位で売れるだろう。


nice!(0)  コメント(0) 

明治8年(1875)の川崎「金山神社」 [性社会史研究(一般)]

4月6日(土)
松崎貴之さんという、ともかく昔の新聞をたくさん読んで記事を拾うことを趣味(生きがい)にしている方が、明治8年(1875)の『横浜毎日新聞』(10月28日・11月8日)に川崎の「金山神社」についての記事を見つけてくださった。
横浜毎日新聞 明治8年10月28日.jpg
↑ 『横浜毎日新聞』明治8年(1875)10月28日
横浜毎日新聞 明治8年11月8日.jpg
↑ 『横浜毎日新聞』明治8年(1875)11月8日

すでに明治初期に「かなまらさま」が「淫祠」として摘発(弾圧)されていたことが判明した。
nice!(1)  コメント(0) 

3月2日(土)性慾研究会(2024年第1回) [性社会史研究(一般)]

3月2日(土)

性慾研究会(2024年第1回)前田珈琲→室町・井上先生別邸

【構想】斎藤 光「若水美登里について」
【研究報告】安 浚鉉「女+姦=四人の女が姦しい 近代移行期における強姦事件と近代的司法システムの成立」
【研究報告】河原梓水「SMの思想史 戦後日本における支配と暴力をめぐる夢と欲望」
nice!(0)  コメント(0) 

1月19日(金)Joe McReynolds氏と面談 [性社会史研究(一般)]

1月19日(金)

13時、家を出る。
自宅から徒歩23分の「猿田彦コーヒー・武蔵小杉店」へ。

14時15分~16時45分、Joe McReynolds氏(慶應義塾大学「建築とアーバンイズム研究所」)と面談(通訳さん同席)。
2時間半ほど、レクチャー、。
テーマは、多様性と「盛り場」の地理学。

都市地理学なんて、まったくの.専門外なんだけど。
まあ、よろこんでいただけたようだから、良しとしよう。

nice!(0)  コメント(0) 

12月17日(日)性慾研究会(2023年第5回)・東京合宿(2日目)巡見「明治東京・男色事件の現場検証」 [性社会史研究(一般)]

12月17日(日)
 
性慾研究会(2023年第5回)・東京合宿(2日目)

巡見「明治東京・男色事件の現場検証」

ガイド:古川誠さん
① 麹町少年殺害・臀肉切り事件
② 神楽坂界隈少年強鶏姦事件

9時半、JR四ツ谷駅出発、昼食休憩(飯田橋)を挟み、15時まで。
歩数、約1万2000歩。

久しぶりの巡見で、楽しかったけど、高齢者(井上先生、私)は足腰がもう限界。
nice!(0)  コメント(0) 

12月16日(土)性慾研究会(2023年第5回)・東京合宿(1日目) [性社会史研究(一般)]

12月16日(土) 

性慾研究会(2023年第5回)・東京合宿(1日目)

13時20分、開会(四谷「ルノアール」会議室)。
(合評会)『躍動するゲイ・ムーブメント』(明石書店、2023年4月)
(関連報告)三橋順子「『躍動するゲイ・ムーブメント』への砂川秀樹氏の「抗議」に対する反証」
(研究報告)斎藤光「モダンガールカテゴリーについての試論/私論」
18時、閉会。

参加者14名、井上章一、斎藤光、古川誠、澁谷知美、松田さおり、赤枝香奈子、石田仁、河原梓水、鹿野由行、エルドアン・エリフ、亀山哲寛、横井あき、吉川孝(初参加、甲南大学)、三橋順子。

次回は、3月2日(土)、京都で開催予定。

東京合宿、すごく久しぶりの気がして、いつ以来だろう? と調べてみたら、2014年9月以来。
9年前か・・・。
『性欲の研究 東京のエロ地理』(平凡社)の表紙モデルさんをゲストに迎えて、銀座「ライオン」で懇親会だった。
巡見は、本郷・白山・鶯谷を歩いた。



nice!(0)  コメント(0) 

6月24日(土)「性欲研究会」(2023年第3回) [性社会史研究(一般)]

6月24日(土)

新横浜駅10時07分発の「のぞみ65号」で京都へ。
車中、満席。
連結部分の床に座っている人もいる。

12時00分、京都駅着。
京都駅も大混雑。

塩小路口の「新阪急ホテル」に荷物を預け、地下鉄で四条へ。
地下鉄も長蛇の列。

12時45分、井上先生の室町別邸へ。
------------------------------------------
「性欲研究会」(2023年第3回) 京都室町・井上先生別邸
13時過ぎ開会。
初参加の方が2人いるので、はじめに簡潔に自己紹介。

【研究報告】亀山哲寛「日本におけるアセクシャルの概念形成(仮)」
【研究報告】河原梓水「M男性まさくんの語り」

今日の出席者、井上章一、斎藤光、古川誠、渋谷知美、河原梓水、、安浚鉉(あんじゅんひょん,
初参加:東京大学外国人研究生)、横井あき(初参加:早稲田大学人間科学部)、三橋順子。

初参加のお二人、安さんは江戸後期~明治期の「強姦」、横井さんは「デブ専」がテーマとのこと。
ぜひ、定着してほしい。

17時45分、閉会。

次回は、9月2日(土)13:00~、の予定。

懇親会は、ベトナム料理「サイゴンサイゴン龍馬」(六角御幸町)
席が近かった斉藤光さん、安さんといろいろお話。


nice!(0)  コメント(0) 

4月8日(土)「性欲研究会」(2023年第2回) [性社会史研究(一般)]

4月8日(土)

今日は、京都で「性欲研究会」。
9時、家を出る。
初めて東急新横浜線を利津用して新横浜駅へ。
新横浜駅の乗り換え、東急のホームが地下4階で、そこから長いエスカレーターで地下1階の改札へ、そこからまたエスカレータで地上2階へ、そして少し水平移動して1つ降りて、新幹線改札口へ。
それなりに時間がかかる。
それでも、菊名乗り換えよりは面倒が少ない。

新横浜駅10時00分発「のぞみ321号」に乗車。
富士山は、背景が曇り空で、コントラストが良くない。
IMG_4650.JPG
名古屋駅を過ぎたあたりで、早めの昼食。
IMG_4653.JPG
11時57分、京都駅に到着。
ホテルに荷物を預けて、地下鉄で四条へ。
地上に出たら雨が降っていて驚く。

12時40分、井上章一先生の室町別邸へ。

------------------------------------------
「性欲研究会」(2023年第2回) 京都室町・井上先生別邸
13時過ぎ開会。
初参加の方が2人いるので、はじめに自己紹介。

【講演概要】井上章一「甲斐荘楠音をとおして女装の時代を考える」
【研究報告】眞杉侑里「1935(S10)~1944(S19)年のカフエー営業 ― 「料理屋飲食店カフェー喫茶店営業台帳」を通じて」
【研究報告】河原梓水「家畜の生、人間の身体 ― 『奇譚クラブ』の日本人家畜化小説を読む」

今日の出席者、井上章一、斎藤光、古川誠、光石亜由美、渋谷知美、河原梓水、眞杉侑里、亀山哲寛(初参加:京都大学文学研究科大学院)、エルドアン・エリフ(初参加:上智大学院グローバルスタディーズ研究科グローバル社会専攻)、三橋順子。
初参加の亀山さんは「日本におけるアセクシャル言説」の研究、エルドアンさんは「性的満足の研究」がテーマとのこと。
ぜひ、定着してほしい。

18時過ぎ、閉会。

次回は、6月24日(土)13:00~、井上先生室町別邸で。

外に出たら、寒い。
急速に気温が低下したようだ。

懇親会は、ベトナム料理「サイゴンサイゴン龍馬」(六角御幸町)
斉藤光さんといろいろお話。
IMG_4654.JPG

21時20分、散会。

外に出たら雨が降っていた。
南へ歩き、御幸錦あたりでタクシーを拾い、京都駅前のホテルへ。




nice!(0)  コメント(0) 

1月21日(土)「性欲研究会」(2023年第1回) [性社会史研究(一般)]

1月21日(土)

東京も寒いけど、京都はもっと寒いだろう。
お腹に、ホカロン貼って行こう。
------------------------------------------
「性欲研究会」(2023年第1回) 京都室町・井上先生別邸

【研究報告】澁谷知美
【研究報告】河原梓水「」

今日の出席者、井上章一、斎藤光、光石亜由美、渋谷知美、河原梓水、眞杉侑里、三橋順子

懇親会は、久しぶりに「うしのほね あなざ」(三条柳馬場)
二次会は、ベトナム料理「サイゴンサイゴン龍馬」(六角御幸町)
井上章一さんの話をいろいろお話できて楽しかった。

22時、散会。



nice!(0)  コメント(0) 

「社会文化史データベース ―性風俗稀少雑誌コレクション—」のその後 [性社会史研究(一般)]

12月28日(水)

6月にリリースした「社会文化史データベース ―性風俗稀少雑誌コレクション—」(丸善雄松堂)の担当者から「年末のご挨拶」メールが来た。

「先生のコレクションのアーカイブは国内外で大変好評で、北米でもすでに6つの大学で導入いただいております。」
とのこと。

自分が苦労して集めた雑誌(の画像)が、海を渡って、海外の日本研究者の役に立つのなら、こんなうれしいことはない。

一方で、国内の大学・研究機関が、なかなか購入してくれないと聞く。
大学図書館の資金難に加えて、セクシュアリティ史研究の研究者がきわめて薄いという現状がある。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 性社会史研究(一般) ブログトップ