So-net無料ブログ作成
お仕事(講義・講演) ブログトップ
前の10件 | -

関東学院大学「セクシュアリティ論」第13講「『買売春』を考える(3)―歴史をたどる 昭和戦後期~現代」 [お仕事(講義・講演)]

1月17日(金)  晴れ  曇り  10.9度  湿度65%(15時)

関東学院大学「セクシュアリティ論」
「『買売春』を考える」シリーズ(第11~13講)を終了。

今期は学会出張で1回休講したので、4回分を3回で話したので、ちょっと忙しかったが、なんとか端折らずに話せた。

1 「性の商品化」とは何か?
(1)「性の商品化」の定義
(2)なぜ「性の商品化」はいけないとされたのか?
(3)「性の商品化」論への反論
2 「買売春」論の基礎
(1)売春の定義
(2)売春はなぜいけないとされるのか? ー主張と反論ー
(3)「セックスワーク(性的サービス労働)論」の登場
3 前近代日本の「買売春」の歴史
(1)「遊行女婦」「夜発」「傀儡女」(奈良時代~平安時代)
(2)「色里」の成立(平安時代後期~鎌倉時代)
(3)「廓」の成立と展開(安土桃山時代~江戸時代)
4 近代日本(明治~昭和戦前期)の「買売春」の歴史
(1)「貸座敷」許可と「娼妓」鑑札制度(明治時代)
(2)「廃娼運動」の活発化(大正・昭和戦前期)
5 戦後日本(昭和戦後期)の「買売春」の歴史
(0)原点としての戦地「慰安婦」
(1)「RAA」と「パンパン・ガール」(1945年~)
(2)「赤線」の時代(1946~1958年)
(3)「売春防止法」の成立(1948~1958年)
(4)「売春防止法」の内容
6 現代の「買売春」をめぐる問題 
(1) 法と実態の狭間で
(2)不可視化されるセックスワーカー
(3)問題解決のために
(4)最近の動き

例年のことながら、学生の「食いつき」はかなり良い。
今までの学校教育でまったく教わってこなかったことなので、「知る」楽しみがあるのだと思う。
紹介する画像も、それなりに興味を持って見ている。

来週は最終講(第14講)で「(特講)横浜の遊廓の変遷 ―セクシュアリティの地域史―」。
nice!(0)  コメント(0) 

1月16日(木)早稲田大学基幹理工学部「越境する文化」(第3回) [お仕事(講義・講演)]

der Identity Disorder=GID)」がなくなった

続いて第3回「世界の性別越境文化」に入る。

1 トランスジェンダーとは何か
2 「第三の性」(Third Gender)の存在
-------------------(ここまで)------------------
3 性別越境者の職能

12時10分、終了。
しゃべり過ぎて、ちょっと残ってしまったが、昨年もこんな感じだった。

コメント票を回収して辞去。
今日の受講生は、少な目で21名。
試験に出そうな部分なのにな。

メトロで新宿三丁目へ。

nice!(0)  コメント(0) 

1月14日(火)都留文科大学「ジェンダー研究1」第12講「テレビ・メディアとジェンダー(2)―テレビドラマが見せる新しい世界―」 [お仕事(講義・講演)]

1月14日(火)  晴れのち曇り  大月  10.6度

5時、起床。
朝食は、アップルパイとコーヒー。
IMG_1852.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて、頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
6時、化粧と身支度。
紺地に白い雲のような模様のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショートブーツ、ベーシュのバッグ。
黒のカシミアのポンチョ。

7時05分、家を出る。
東急目黒線で目黒駅に出てJR山手線で新宿駅へ。
8時05分、新宿駅に到着。
昼食用の駅弁とコーヒーを買って、新宿駅8時30分発、特急「富士回遊1号」に乗車。
今日は、コメント票を読み終えているので、車中ずっと居眠り。
IMG_1853 (2).JPG
↑ 富士急行線、田野倉駅直前。
IMG_1854.JPG
↑ 富士急行線、田野倉~禾生駅間。

9時56分、都留文科大前駅に到着。
それほど寒くない(10時の大月の気温4.4度)。
10時05分、都留文科大学に到着。
レジュメは、2枚×410部を印刷。

10時50分、講義開始。
レポートについての質問に答えた後、第11講「テレビ・メディアとジェンダー(1)―描かれるもの、消されるもの、操作されるイメージ―」の残りを解説。

1 テレビの中のL/G/B/T -その問題点-
 (1)取り上げ方のアンバランス
 (2)トランスジェンダーの扱いにおけるダブル・スタンダード
2 「おネエ」カテゴリーの問題性
 (1)「おかま」という言葉
 (2)「おネエ」という言葉
3 テレビ・メディアとトランスジェンダーの歴史 
 (1) 1960年代後半~1980年代
 (2)1980年代末
 (3)1990年代前半
  【参考映像1】 「帰ってきたニューハーフ100人」(日本テレビ1996年3月?日放送)

 (4)1996年代後半~2000年代前半
  【参考映像2】「ニュース・ステーション 性を変えたい人」(テレビ朝日 1999年6月25日放送)
----------------(ここから)-----------------
 (5)2000年代後半
 (6)2010年代

続いて、第12講「テレビ・メディアとジェンダー(2)―テレビドラマが見せる新しい世界―」に入る。

1 ドラマ「女子的生活」を見る
 【概要】
 【あらすじ】
2 シーンの分析
(抽出シーン1)この容姿、この声ならば…
(抽出シーン2)女扱い(性他認の獲得)
(抽出シーン3)みきの自己規定
(抽出シーン4)就労さえできれば、なんとかなる
(抽出シーン5)元ルームメイト「ともちゃん」登場
(抽出シーン6)トランスジェンダーにとっての最大の問題:家族
まとめ

A組は機材の調子が悪く、肝心の映像(シーン6)を見せられなかった。
B組はなんとか予定通り。
パソコンとかDVD機など末端機材の問題ではなく、教室のシステムの不調(接触不良?)なので始末が悪い。
教務もそれがわかっているのなら、さっさと修理するなり、入れ替えるなりすべきなのだが、ともかくお金がないのが、この大学の最大の問題点だ。

昼食は「かきめし」(北海道厚岸駅「氏家待合所」1080円)。
IMG_1856.JPG
昼休みの都留文科大学。
IMG_1857.JPG
青空だが、少し薄雲が出てきた。
IMG_1858.JPG
15時15分、辞去。
IMG_1860.JPG

15時33分発の特急「富士回遊16号」に乗る。
車中、出欠記入。
長野原駅あたりで終了。
ちょっとカロリー補給。
IMG_1861.JPG
「オギノ」のアップルパイ(157円)。

16時30分、立川駅に到着。
16時45分発のJR南武線に乗り換え。
17時33分、武蔵小杉駅に帰着。
駅構内の「タリーズコーヒー」で休憩。
IMG_1862.JPG
(続く)

nice!(1)  コメント(0) 

1月10日(金)関東学院大学「セクシュアリティ論」第12講「『買売春』を考える(2)―歴史をたどる 前近代~昭和戦前期―」 [お仕事(講義・講演)]

1月10日(金)  曇り  横浜  12.3度  湿度52%(15時)

9時半、起床。
朝食は、「Joel Robuchon」のマロンデニッシュとコーヒー。
IMG_1815.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。
黒と白のジラフ柄のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショートブーツ、ベーシュのバッグ。
黒のカシミアのポンチョ。

12時、家を出る。
東急東横線で横浜へ出て、京浜急行に乗り換える。
12時55分発快特(三崎口行)に乗車。
13時13分、金沢八景駅に到着。

昼食は、旧バス停近くの「Coco壱番屋」。
IMG_1816.JPG
↑ 豚しゃぶカレー+茄子、卵サラダ

13時46分発のバスに乗る。
13時55分、講師控え室へ。
レジュメは260部×3を印刷.
30分前に教室に運ぶ。

15時「セクシュアリティ論」の講義開始。
第12講「『買売春』を考える(2)―歴史をたどる 前近代~昭和戦前期―」。

3 前近代日本の「買売春」の歴史
(1)「遊行女婦」「夜発」「傀儡女」(奈良時代~平安時代)
(2)「色里」の成立(平安時代後期~鎌倉時代)
(3)「廓」の成立と展開(安土桃山時代~江戸時代)
4 近代日本(明治~昭和戦前期)の「買売春」の歴史
(1)「貸座敷」許可と「娼妓」鑑札制度(明治時代)
(2)「廃娼運動」の活発化(大正・昭和戦前期)

第13講「『買売春』を考える(3)―歴史をたどる 昭和戦後期―」に少しだけ入る。

5 戦後日本(昭和戦後期)の「買売春」の歴史
(0)原点としての戦地「慰安婦」
(1)「RAA」と「パンパン・ガール」(1945年~)
---------------------(ここまで)------------------------
(2)「赤線」の時代(1946~1958年)
(3)「売春防止法」の成立(1948~1958年)
(4)「売春防止法」の内容

16時30分、終了。
講師控室に戻り、コメント票の整理など後片付け。
17時15分、辞去。
17時19分発のバスに乗車。

金沢八景駅17時40発の快特(品川行)に乗る。
幸い座れた。
横浜駅で東急東横線に乗り換え。18時40分過ぎ、武蔵小杉駅に到着。
nice!(0)  コメント(0) 

1月9日(木)早稲田大学基幹理工学部「越境する文化」(第2回) [お仕事(講義・講演)]

1月9日(木)  晴れ  東京  14.9度  湿度32%(15時)

7時、起床。
朝食は、アップルデニッシュとコーヒー。
IMG_1804.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて、頭頂部で結ぶ。
化粧と身支度。
黒と白のジラフ柄のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショートブーツ、ベージュのバッグ。
黒のカシミアのポンチョ。
9時05分、家を出る。

東急東横線から東京メトロ副都心線に入る。
まだ、この時間だと急行は大混雑で、ドア開閉を繰り返し、渋谷駅に4分遅延。
10時05分、西早稲田駅で下車。
駅の直上の早稲田大学理工キャンパスへ。
IMG_1806.JPG
10時40分、「越境する文化」(第2回)「『性』の構造と多様性」。
今日の受講生は、遅刻者を入れて25名。

1 「性」の4要素と多様性
(1)人間の「性」は、単純なものではなく、複数の要素から構成されている
(2)「性」を構成する要素は、基本的には独立のもので、必ずしも連動するとは限らない
(3)「性」を構成する要素が複数であることから、必然的に「性」の多様性が生まれる
2 「性」を多層構造で考える
(1)多数派の男性・女性
(2)同性愛の男性・女性
(3)トランスジェンダー
3 L/G/B/Tをめぐる諸問題
(1)L/G/B/Tとは?
(2)同性パートナーシップ/同性婚とは?
--------------(ここまで)--------------
(3)「性同一性障害(Gender Identity Disorder=GID)」がなくなった

「性」の4要素論、「性」の多層構造論から、現代のL/G/B/T問題まで一気に解説。
ちょっと残ってしまったが、まずまずの進度。
12時10分、終了。

コメント票を回収して辞去。

メトロで渋谷へ。
昼食は、タイ料理の「チャオタイ(渋谷東口店)」。
グリーンカレーのランチ。
IMG_1807.JPG
もう少し、ご飯は少なく、カレーは多く。
IMG_1808.JPG
ジャスミン茶でくつろぐ。
IMG_1809.JPG
(続く)

nice!(0)  コメント(0) 

2019年、順子の10大ニュース [お仕事(講義・講演)]

12月25日

2019年、順子の10大ニュース
(1)5月、WHO総会でICD-11が正式採択。
性別移行を望むことの脱精神疾患化(「性同一性障害」の消滅)が決定。
世界のトランスジェンダーの望みがやっと達成された。
私にとっては、2003年以来16年に及ぶ長く苦しい戦いの末の勝利。
受講生の前でPP資料を「性同一性障害がなくなる」から「なくなった」に書き換えて、感慨無量だった。

(2)10月、性科学会・学術集会(鹿児島市)で講演。
薩摩藩の男色文化についてあらためて学ぶ機会となった。
他にも2か所ほど現地調査ができたし、なにより楽しかった。
お招きいただいた内田洋介先生に感謝。

(3)9月、沖縄調査旅行。
ゲイ・アクティビズムの最長老・南定四郎さんに、2日間たっぷりお話をうかがうことができた。
日本のゲイの歴史について、いろいろ知見を得ることができたし、人の生き方という意味でも示唆を受けた。
調査主体とトラブルになり、調査費用は全額自腹(10数万円)になったが、まったく後悔はない。

(4)年間で、論文3本、論考26本。
64歳にして自己新記録。
論文は「トランスジェンダーと法」「LGBTと法律 ―日本における性別移行法をめぐる諸問題―」「新宿二丁目『ゲイタウン』の形成過程」。

(5)「プライドハウス東京」の動画ムービー作成。
「Japan's LGBTQ History」と「LGBTQ Shinjuku Today」
と。
「LGBTQ Shinjuku Today」、真夏のロケはたいへんだったけど、楽しかった。
「Japan's LGBTQ History」は、Twitteでの評判がさんざんで、配信停止になってしまったが、自分としては全力を尽くしたものなので、まったく後悔はない。

(6)3月、日本地理学会「都市の社会・文化研究グループ」集会(専修大学・生田)で研究報告。
「地図好きの少年」の夢がかなった。

(7)4月、「テレビ朝日」の職員研修会で講演。
私の場合、企業に呼んでいただくのはとても珍しい。
20年前、取材で知り合った記者さん(女性)が、研修関連の部署に移り、私を推薦してくださった。
うれしかった。

(8)22年ぶりの週刊誌カラーグラビア。
『週刊朝日』2019年3月15日号の「新宿の『昭和』を探す」、巻末カラーグラビア5頁の特集。
まさか、この歳になって。
冥途の良い土産。

(9)16年ぶりのNHK総合テレビ出演。
10月28日の「首都圏ネットワーク」特集「オリンピックとLGBT」。
NHKの出演は「国際」と「教育」ばかりだったので。

(10)2月、イギリスの老舗経済誌『The Economist』の取材を受ける。
「Japan says transgender people must be sterilised」(3月16日)にコメントが掲載された。

(番外1)平成→令和の御代替わりに合わせて、「トランスジェンダーの平成30年史(年表)」を作って、ブログにアップ。
https://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2019-05-03-4

(番外2)TERF(trans-exclusionary radical feminist=トランスジェンダーを排除する過激派フェミニスト)とその同調者との闘い。
トランスジェンダー女性を社会的に排除しようとする差別主義者たちには絶対に負けない。
闘いは来年も続く。
nice!(0)  コメント(0) 

12月21日(土)イスラーム・ジェンダー学科研 公開シンポジウム「イスラーム×ジェンダー 境界を生きる/越える」(東京大学) [お仕事(講義・講演)]

12月21日(土)  曇り  東京  9.5度  湿度76%(15時)

昼過ぎ、久しぶりに東京大学(本郷キャンパスへ)。
都心はまだ、銀杏が黄葉が残っている。

本郷通り。
IMG_1367.JPG
東京大学構内。
IMG_1370.JPGIMG_1372.JPG

構内でちょっと迷ったが、12時45分「東洋学研究所」に到着。
IMG_1373.JPG

イスラーム・ジェンダー学科研 公開シンポジウム「イスラーム×ジェンダー 境界を生きる/越える」(東京大学)に参加。
IGposter_14.jpg
13時から18時まで5時間の長丁場。
さすがに疲れた。

全体コメントは「皆さんの報告をうかがって、とても勉強になりました。ありがとうございました。」
で終えようと思ったが、そういうわけにもいかず・・・。
14分ほど、適当なことをしゃべって済ませた。

でも、刺激的な報告が多く、学問的な視野がひらかれた気がする。

お招きくださっや長沢栄治先生、ご縁をつないでくださった伊東聡さん、ありがとうございました。
nice!(0)  コメント(0) 

全体コメントを書く [お仕事(講義・講演)]

12月20日(金)
(続き)
眠い目をこすりながら、明日(21日)のイスラーム・ジェンダー学科研 公開シンポジウム「イスラーム×ジェンダー 境界を生きる/越える」(東京大学)全体コメントをやっと書き終える。

2200字、持ち時間10分だから、1分300字として納まるはず。

でも、いいのか? ど素人が、偉い先生たちの前でこんな適当な話をして。

ちょっとお腹が空いたので、五平餅。
191220 (4).JPG

お風呂に入って温まる。

就寝、2時半。

nice!(0)  コメント(0) 

12月20日(金)関東学院大学「セクシュアリティ論」第11講「『買売春』を考える(1)―「性の商品化」論と買売春論の基礎―」 [お仕事(講義・講演)]

12月20日(金)  晴れ  横浜  15.0度  湿度52%(15時)

9時半、起床。
朝食は、ダークチェリーパイとコーヒー。
191220 (1).JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。
紺地に白い雲のような模様のロング・チュニック、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショートブーツ、ベーシュのバッグ。
黒のカシミアのポンチョ。

12時、家を出る。
東急東横線で横浜へ出て、京浜急行に乗り換える。
昼食は、京急ホームの「タリーズ・コーヒー」。
191220 (2).JPG
↑ ナスとベーコンのトマトパスタ 

13時16分発の特快(三崎口行)に乗車。
車中、コメント票を読む。
13時34分、金沢八景駅に到着。
13時46分発のバスに乗って関東学院大学へ。
13時55分、講師控え室へ。
レジュメは、260部×1を印刷。

15時「セクシュアリティ論」の講義開始。
まず、少し残っている第10講「『恋愛』と『結婚』のジェンダー&セクシュアリティ ―その現在―」の説明。

1 結婚難の時代
 (1) 基本的要因
 (2) 恋愛と結婚の直結
 (3) 「婚活」は有効か? 埋まらない溝
---------------(ここから)---------------------
2 「恋愛」と「結婚」の問題点
 (1) ドメスティック・ヴァイオレンス 
 (2) 選択的夫婦別姓制度
 (3) 同性パートナー問題
 (4) シングルマザー問題
 (5) 非婚単身者の激増
おわりに―「恋愛」と「結婚」の未来像―
(余白)捨て猫の寓話

続いて、第11講「『買売春』を考える(1)―「性の商品化」論と買売春論の基礎―」に入る。

1 「性の商品化」とは何か?
(1)定義
(2)なぜ「性の商品化」はいけないとされたのか?
(3)「性の商品化」論への反論
2 「買売春」論の基礎
(1)売春の定義
(2)売春はなぜいけないとされるのか? ー主張と反論ー
(3)「セックスワーク(性的サービス労働)論」の登場

16時28分、終了。
講師控室に戻り、コメント票の整理など後片付け。
17時15分、辞去。

今日の関東学院大学で、年内の講義はすべて終了。
学会(鹿児島)出張で関東学院大学の講義を1回休講したのと、台風19号の被害で都留文科大学が休校になった(講義1回分)以外は、体調もこの数年ではいちばん良く、まずまず充実した講義ができた。

17時19分発のバスに乗車。
少し渋滞。

金沢八景駅17時36分発の快特(青砥行)に乗る。
幸い座れた。
横浜駅で東急東横線に乗り換え。18時40分過ぎ、武蔵小杉駅に到着。

今日は家猫さんが職場の忘年会でいないので、1人で外食。
駅西口の「丸亀製麺」へ。
191220 (3).JPG
牡蠣づくし玉子あんかけうどん+れんこん天(690+110=800円)

19時半、帰宅。
(続く)
nice!(0)  コメント(0) 

12月19日(木)早稲田大学基幹理工学部「越境する文化」(第1回) [お仕事(講義・講演)]

12月19日(木)  小雨  東京  11.1度  湿度86%(15時)

7時、起床。
朝食は、マロンデニッシュとコーヒー。
191219-1 (2).JPG
9時過ぎ、家を出る。
東急東横線から東京メトロ副都心線に乗り入れて、西早稲田駅へ。
10時15分、早稲田大学理工キャンパス(東京メトロ副都心線西早稲田駅直上)に到着。
IMG_1345.JPG

今日から、早稲田大学(理工学部)の「越境する文化」の講義(4回)。
4人の講師のリレー講座の最後が私。

今年度の履修者は、わずか30人ほどらしい。
過去、2016年度には240人の履修希望があり、抽選で194人に絞ったのに、わずか3年で10分の1近い凋落。

時代に応じた、学生とって魅力的なメニューを提供することを怠ると、たちまちこういうこと(衰退)になる。

人数が減ったせいでTA(チーチング・アシスタント)さんが付かず、授業に関する細かなことも全部自分でしないといけないのが辛い。

10時30分、52-302教室へ。
定員240人の教室に行って数えたら、学生さん19人。
その後、遅刻の学生がバラバラと来て、最終的に25人。
この講座、もう駄目だと思う。

考えてみたら、私は男性教員だった頃もあわせて、大学教員生活30数年で、こんなガラガラの教室で講義したことなかった。だから、とてもショックだったのだ。
東京経済大学の最後の年度(2017年度前期)は少人数だったが、あれはカリキュラムの移行期で、単位が足りない学生の救済措置みたいなものだったので例外。

10時45分(5分遅れ)、講義開始。
1回目のテーマは、基礎の基礎で「ジェンダーとはなにか?」。
(1)ジェンダー(Gender)とは何か?
(2)ジェンダーの構築性
(3)“Doing Gender”という考え方
(4)ジェンダー概念の問題性

私語もほとんどなく、まずまずの反応。
12時10分、終了。
12時30分、辞去。
(続く)
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - お仕事(講義・講演) ブログトップ