SSブログ
お仕事(講義・講演) ブログトップ
前の10件 | -

12月3日(土)川崎市川崎区「革新懇」の講演 [お仕事(講義・講演)]

12月3日(土)

13時35分、川崎市の「サンピアンかわさき」(労働会館)に到着。
IMG_3199.JPGIMG_3197.JPG

14時05分、川崎市川崎区「革新懇」の講演。
IMG_3198.JPG
川崎区革新懇.jpg
「「性」の多様性と自己決定権をめぐる現状と課題 ―ジェンダー平等・誰もが自分らしく生きられる社会を願って―」という長い、欲張ったテーマで、大学の講義だと1コマ(100分)フルバージョン。
それを60分でしゃべったので、かなり早口。

最初の30分、マスクを着けてしゃべったら、息切れ(酸欠)。
後半はマスクを外してしゃべった(演台にアクリル板あり)。
この講演、最初、2020年6月の「革新懇何10周年記念」の予定だった。

それが「コロナ禍」で流れ、2001年は衆議院総選挙、2022年前半は参議院選挙で共産党の人たちは多忙で、来年4月は統一地方選挙でまた忙しくなるので、今しかないというタイミングで3年越しのオファーが実現した。
私として「立ち消えかなぁ?」と思っていたので、「どうしても三橋先生にこのテーマで」と言っていただきありがたいことだと思う。

聴衆は40人ほどで、ちょうどしゃべりやすい人数。
結局、1分オーバーで話し終えた。

ところが、会場、静まり返っている。
質疑応答に移っても誰も手を挙げない。
司会者に加えて、私からも「どうぞ、なんでも結構ですから」と質問を促して、やっと手が上がる。
どうも、聴いたことがない話で、あっけにとられている感じ。
その後は、ぽつぽつ手が挙がり、まずまずの質疑応答。

それにしても、聴衆のほとんどが、私より年長の70~80代の方。
共産党の高齢化は、たまに街頭活動を見かけて、もう10年ほど前から承知していたが、いよいよという感じ。
このままでは、党勢衰退どころか、20年後には党員がほとんどいなくなってしまうのではないか?と他人事(私の支持政党ではない)ながら心配になる。
nice!(0)  コメント(0) 

11月26日(土)結城市男女共同参画推進講演会 [お仕事(講義・講演)]

11月26日(土)

6時半、起床
8時45分、雨が降り出さないうちにと、早めに家を出る。
途中降り出してしまった。

東急目黒線(大岡山駅乗換)同大井町線で大井町駅へ。
駅構内の「ベッカーズ」で時間調整。
JR京浜東北線で東京駅へ。
11時08分発、東北新幹線「なすの257号」に乗車。
小山駅11時52分着、12時06分発のJR水戸線に乗り換え。
IMG_3130.JPG
2駅目の結城駅に12時14分到着。
IMG_3135.JPG
最近、建て替えられたらしい新しい駅舎。
IMG_3134.JPG

市の職員さんが迎えに来てくれて、車で会場へ。

担当の課長さんが出迎えてくれる。
係長さん(女性)の案内で、会場を下見。
パワーポイントも動作確認。
会場「小ホール」なのだが、けっこう大きい(モニター画像)。
IMG_3133.JPG

控室でお弁当をいただく。
IMG_3132.JPG

その間、部長さん、市長さんまで挨拶に来る。

13時45分~15時15分、茨城県結城市男女共同参画推進講演会。
講演「多様な「性」を考える」。
結城市.png
「お約束通り、結城紬を着てきました。染色や着物関係の講演ならともく、このテーマで結城紬を着てくるのは、日本で私だけです」(会場拍手)。
IMG_3128.JPG
10分残して話し終え、質疑応答。
3つほど出て、5分超過で終了。

控室で、共催の女性団体の方と、おしゃべり。

また市の車に乗って結城駅へ。
終始VIP待遇で、まったく街を歩けず、結城紬センターにも行けなかったが、思ったより遠くなかったので、また来たいと思う。

16時14分発の水戸線に乗車。
IMG_3136.JPG
小山16時33分発「なすの278号」で、東京駅17時16分着。

帰路、かなり疲れたけど、地元の方(担当職員さん&女性団体の方、聴衆の皆さん)が、喜んでくださったので、充実感がある。
でも、地方での講演はこれが最後かな。

18時半、帰宅。
本結城、重かった。
いつも着ている銘仙の倍くらい重い。
逆に言えば、銘仙が仕事着として、活動性が高いことがよくわかる。


nice!(0)  コメント(0) 

明日は結城市で講演 [お仕事(講義・講演)]

11月25日(金)

明日、茨城県結城市で講演なんだけど、会場(市民文化センター「アクロス」)の場所、調べたら、けっこう大きな建物。

「小ホール」って言うから小部屋かと思ったら、定員150~200人だった。
どうするんだ? ガラガラだったら。

結城は、特産の結城紬で知られるが、鎌倉時代から常陸国の有力武士団・結城氏の拠点で、江戸時代(元禄以降)は、徳川譜代の水野氏宗家1万8000石の城下町。
私の父方の先祖は、隣の下館藩(石川氏、2万石)なので、父祖の地の隣に「錦を飾る」ことになる(笑)


nice!(0)  コメント(0) 

11月17日(木)松濤美術館で資料の受け取り [お仕事(講義・講演)]

11月17日(木)

13時20分、渋谷の松濤美術館へ。

企画展「装いの力ー異性装の日本史ー」に貸し出した資料7点の返却・受け取り。

昨年11月26日以来、いったい何回通ったのかな?
指折り数えると、今日が10回目。
1年続いた、お付き合いも。これで最後。

ついでに、15日から開催の企画展「ビーズ ―つなぐ かざる みせる」を見せていただく。
国立民族学博物館の収蔵品が中心で、さすがに良い物を並べている。

しかし、お客さんは、展示室に3~4人。
2つ合わせても10人行くか行かないか。

10月末までの企画展「装いの力 ―異性装の日本史―」の賑わいと。まったく別世界。

ちなみに同展の入場者は、非公式集計で26000人超とのこと。
開館日が50日(概算)なので、1日平均520人。
同時滞在者100人と言っていたから、今日、私が見た状況の10倍。
nice!(0)  コメント(0) 

講演料の格差 [お仕事(講義・講演)]

11月15日(火)

お金のことはあまり言いたくないけど、私のような野良研究者とLGBT系NPO代表の講演料の格差は今まで10倍(3万円:30万円)だったのが、最近はさらに開いて17倍(3万円:50万円)という話を聞いて、けっこうめげる。

ちなみに、私の講演(2時間)の希望価格(交通費別)は以下の通り。
当事者団体 5000円~
大学   20000円~
自治体  30000円~
企業   50000円~

あくまで「希望価格」で実際にはこれより低いこともしばしばある。

Twitterやfacebookで「安すぎる!」と言われたけど、もう10年以上、この価格。
それでも、めったに講演依頼は来ない。


nice!(0)  コメント(0) 

11月8日(火)同志社大学大学院ゲスト講義(Zoom) [お仕事(講義・講演)]

11月8日(火)

10時45分から、同志社大学大学院「現代社会論」(佐伯順子教授)のゲスト講義(Zoom)。
私は、博士号を持っていない野良講師なので、大学院の講義に呼ばれることはほとんどない。
だから、とてもありがたい機会。

午前中の講義は苦手だけど、頑張った。

内容は、拙著『歴史の中の多様な「性」』の1~3章を中心に持論を述べた。

質疑応答で15分延び、12時30分終了。

なぜか聴いてくださったマリ・クリスティ-ヌさんに「日本ではめったに聞けない話」と言われた。
nice!(0)  コメント(0) 

11月5日(土) [お仕事(講義・講演)]

11月5日(土)

12月3日(土)の川崎市川崎区「革新懇」の講演のレジュメを作る。
あちらが用意した題名がやたらと長い。

「「性」の多様性と自己決定権をめぐる現状と課題 ―ジェンダー平等・誰もが自分らしく生きられる社会を願って―」
キーワードを入れすぎ。

私だったら、「『性』の多様性と人権」で済ます。
nice!(0)  コメント(0) 

10月26日(水)4時間、しゃべっていた [お仕事(講義・講演)]

10月26日(水)

14~15時半、渋谷マークシティ5階の「エスタシオンカフェ」で、NHK「ハートネットTV」の担当者に1時間半ほどレクチャー。
来年1月に2回「LGBTの福祉」というテーマで特集を組むとのこと。

久しぶりに、道玄坂裏の「かつや」で遅い昼食。
IMG_2716.JPG

東京メトロ半蔵門線で神田神保町に移動。
すずらん通りの「東京堂書店」へ。
IMG_2717.JPG
人文書新刊のコーナーに、拙著1冊だけ残っていた。
IMG_2717 (2).JPG

こちらは、今、売れ筋の高井ゆと里さん翻訳の『トランスジェンダー問題』(明石出版)。
平置きで、表紙の赤が目立つ。
IMG_2718.JPG

靖国通りの「ドトール」で時間調整して、都営地下鉄三田線で白山駅へ。
駅構内、道々に東洋大学の警備員が立っている。

17時40分、東洋大学の正門に到着。
すごくセキュリティが厳しく入構できない。
呼んでくださった先生に迎えに来てもらい、やっと学内へ。
ほとんどチェックがない、明治大学や慶應義塾大学とは大違い。

東洋大学、たぶん35年ぶり。昔とはまったく違う超近代的な建物になっていて、驚く。
IMG_2719.JPG

18時15分~19時45分、東洋大学社会学部(Ⅱ部)「社会学特講(社会福祉)B」(加藤慶講師)のゲスト講義。
テーマは「トランスジェンダーが抱える諸問題」。
なんとか5分残しで話し終え、質疑応答1つ。

20時~21時、講師控室で加藤慶先生と「LGBTと福祉学」について、いろいろお話。
LGBTの実生活のサポートには、社会福祉学とのリンクが必要。

結局、4時間くらいしゃべっていた。

22時過ぎ、帰宅。
さすがに疲労。
nice!(0)  コメント(0) 

10月23日(日)出版記念講演会(「アマランスラウンジ」) [お仕事(講義・講演)]

10月23日(日)

代官山「アマランスラウンジ」で、三橋順子『歴史の中の多様な「性」』出版記念講演会。

14時05分~15時35分 なぜ「岩波」からなのか、第1部・総論の解説。
(15分休憩)
15時50分~16時55分、やや駆け足で、第2~第4部の各章の解説。

聴衆は16人、気楽に話せて、少し放言もして、楽しかった。
ご来場くださった皆様、ありがとうございました。

【追記(28日)】
で、ようやく時間の余裕ができたので、写真を整理していて愕然。
トーク中の私の画像がほとんどない。
主催者も撮ってくれなかった(泣)。
313302947_5697325706996059_2460416464065296742_n.jpg
↑ これが唯一(木村アンリさん撮影・提供)

まあ、仕方ないよね、お婆さんを撮る気にならないのは。

俳優の篠井英介さんとのツーショットを撮らせていただいたから、それで満足。
312360451_3330066620564495_4085983124074905552_n - コピー.jpg
主催のEdoさんも、篠井さんのファンとのことで、とてもうれしそうだった。
312244444_8389059304499331_9033505767369716584_n - コピー.jpg
篠井さん、わざわざのお出かけ、ありがとうございました。

米澤泉美さん、私、えぐりんさんのスリーショット。
Ffwrm3pacAAjt4G - コピー.jpg
泉美ちゃんとのツーショットに加工すると、トランスヘイターにとっての絶好の「暗殺ターゲット写真」になってしまう(笑)
Ffwrm3pacAAjt4G (3).jpg
nice!(0)  コメント(0) 

出版記念講演会(「アマランスラウンジ」)御礼 [お仕事(講義・講演)]

10月23日(日)

三橋順子『歴史の中の多様な「性」』出版記念講演会(代官山「アマランスラウンジ」)にご来場くださった皆様、ありがとうございました。

運んで行った6冊を完売した上に、いろいろお土産までいただき、恐縮しております。

香川県から遠路ご参加くださった木村アンリさん、また思いがけなくご来場くださ篠井英介さん、ありがとうございました。

いろいろ溜まっていたことを放言し、これですっきり次の仕事に取り掛かれます。

最後になりましたが、こうした場を設けてくださったEdoさん、ほんとうに感謝です。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - お仕事(講義・講演) ブログトップ