SSブログ
お仕事(講義・講演) ブログトップ
前の10件 | -

明治大学文学部も引き続き [お仕事(講義・講演)]

9月15日(水)

続いて、明治大学文学部の先生から「来期も引き続きよろしく」のメール。

今期は、対面7回・オンデマンド7回で、こちらも大変だったし、なにより学生さんがかわいそうだった。

明治大学は、この先生のご縁でお声を掛けていただき、2012年度から講義を始めて今期が10年目だった。
こんなに長く続くとは思わなかったが、学風、学生の質、通勤環境が自分に合っているのだと思う。

基本的には、体力が続く限り(定年まで)やらせていただくつもり。
来期こそ14回通しで対面講義できることを願いつつ、お引き受けする。
nice!(0)  コメント(0) 

来年も慶應義塾大学で講義できそう [お仕事(講義・講演)]

9月15日(水)

5月に慶應義塾大学(日吉)法学部でやった3回の連続講義を聴講してくれた弁護士さん(法科大学院の非常勤講師:女性)が、長文のリアクション・ペーパーをくださった。

いわゆる「LGBT人権派弁護士」たちにはいたって評判が悪い私の話を、とても学理・法理に則して受け取ってくださり、法学なんてまったく素人に近い(律令学しか勉強してない)私の方がとても勉強になった。
こういう弁護士さんがいるのなら、日本の法学界も大丈夫だろう。

ということで、来期も慶應義塾大学法学部で3~4回、講義することになりそう。
nice!(0)  コメント(0) 

(講演録)「GID(性同一性障害)学会」第22回研究大会・教育講演「GID以前と以後」 [お仕事(講義・講演)]

9月14日(火)
そろそろほとぼりも冷めたので・・・。

アーカイブにアップしました。
(講演録)「GID(性同一性障害)学会」第22回研究大会・教育講演「GID以前と以後」
https://zoku-tasogare-2.blog.ss-blog.jp/2021-09-14-1
nice!(0)  コメント(0) 

どこの学生さんかな? [お仕事(講義・講演)]

9月11日(土)

平常今日 佐京参上寝坊 @Usiwakaraikouという人のツィートから。
こういう批評はとても、ありがたい。
どこの学生さんだろう?
ジェンダー系を4コマも受けているし、時期的に都留文科大かな。
------------------------------
ジェンダー系の講義は4つほど受けて、2つがゴミ、1つがギリギリアウト、1つがすごく良かった
ジェンダーで唯一受けてよかった講義は、自分の経験談とかはよく使うけど主張はとても少なかった
知識を与えるに留める姿勢と、ツイフェミ(エセフェミ)とかに対して明確に「あれは違う」って断言したところもポイント高かった
三橋順子先生の講義はオススメです。
自分が1つしか受けてないけど、少なくともその講義はジェンダー系の中ですごく良かったです
逆に言うと、他のジェンダー系は地雷が多いことを常に意識しながら受けた方がいいです
·

nice!(0)  コメント(0) 

成績記入&送信完了 [お仕事(講義・講演)]

8月12日(木)

明治大学文学部「ジェンダー論」の成績記入&送信完了。

これで、前期の大学関係の業務をすべて終了。

nice!(0)  コメント(0) 

「ジェンダー論」のレポートのテーマと感想 [お仕事(講義・講演)]

8月1日(日)
「ジェンダー論」のレポートのテーマと感想。
テーマは「ジェンダー&セクシュアリティに関する事象」なので基本的に自由。

(1)Aセクシュアルにを取り上げた学生が5人(すべて女子)。
講義では5分ほどしか話していないので、やはり自身の関心だろう。
レポート提出者は219人なので、Aセクシュアルの比率を1%とみれば、2人程度いて当然。
それより、やや多い気がする。

(2)「恋愛と結婚」については歴史篇と現代篇と2コマ話していることもあり、テーマに選んだ受講生が多い。

中でも、注目したのは「恋愛至上主義」に対する「コスパ至上主義」。
つまり、恋愛や結婚はコストパフォーマンスが悪いからしないという考え方。

男性の場合、デート費用を男性がもつという社会慣習に「コスパの悪さ」を感じるようだ。
女性の場合は、結婚にともなう改姓手続きの煩雑さに「コスパの悪さ」を感じている。

今後、恋愛・結婚における「コスパ至上主義」がどこまで広がるか、注目したい。

(3)Trans-womanのオリンピック女子競技への出場問題を取り上げた学生が7人。
うち5人が出場に反対。
とくにスポーツ経験がある学生は、競技の公平性への懐疑が強い。
講師が「女子競技の公平性」を比較的重視する立場なので、反対論を書きやすかったのだろう。

(4)同性婚&同姓パートナーシップ制度をテーマにした学生は相変わらず多い。
ただ、昨年度よりは減少(3分の2)。
関心のピークは過ぎたか?

(5)「性同一性障害」をテーマにしたのは229人中わずかに1人。
講義の中では15分ほど解説しているのだが。
2010年代前半には全体の10%ほどもあったが、2015年くらいから減り始め、ついに「オワコン」化。

(6)最優秀は、1990年代前半(バブル崩壊期)の東京芝浦のディスコ「ジュリアナ東京」の「お立ち台ギャル」の意識を調査・分析したレポート。

「ジュリアナ」に行ったことがある母親に話を聞いていることに加えて、当時の雑誌記事のインタビューを引用・分析している点が秀逸。

セクシュアリティよりストレス発散、という結論も妥当。
跡地にも行っている。

ちなみに、芝浦在住の女子学生。
地元意識がテーマ選択の原点。

(7)レポートの評価基準は、
① 自分に引き付けた(他人事ではない)テーマ選択。
② 自分で調べて・分析する努力。
③ レポートとしての様式(参考文献の提示など)

もともと「(なんちゃって)ジェンダー論」なので、学問的にシビアなことは言わない。
nice!(0)  コメント(0) 

終わった~~ぁ! 「ジェンダー論」レポート読み(5日目) [お仕事(講義・講演)]

8月1日(日)

明治大学文学部「ジェンダー論」レポート(229本)読み
27日(火) 10本
28日(水) 45本
29日(木) 45本
30日(金) 40本
31日(土) 50本
 1日(日) 39本
-----------------------------------------
合 計   229本  残り 0本

予定より1日早く、5日間で読み上げた。
nice!(0)  コメント(0) 

「ジェンダー論」レポート読み(4日目) [お仕事(講義・講演)]

7月31日(土)

明治大学文学部「ジェンダー論」レポート(229本)読み
27日(火) 10本
28日(水) 45本
29日(木) 45本
30日(金) 40本
31日(土) 50本
-----------------------------------------
合 計   190本  残り 39本

あと1日というところまで来た。
nice!(0)  コメント(0) 

「ジェンダー論」レポート読み(3日目) [お仕事(講義・講演)]

7月30日(金)

明治大学文学部「ジェンダー論」レポート(229本)読み
27日(火) 10本
28日(水) 45本
29日(木) 45本
30日(金) 40本
-----------------------------------------
合 計   140本  残り 89本

今日は、「マッサージ疲れ」で寝落ちしてしまい、少しペースダウン。
でも、半分を超えた。
nice!(0)  コメント(0) 

「ジェンダー論」レポート読み(2日目) [お仕事(講義・講演)]

7月29日(木)

明治大学文学部「ジェンダー論」レポート(229本)読み
27日(火) 10本
28日(水) 45本
29日(木) 45本
-----------------------------------------
合 計   100本  残り 129本

想定ペース(1日40本)を維持。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - お仕事(講義・講演) ブログトップ