SSブログ

神田神保町の「三省堂書店・本店」が、建て替え・閉店 [世相]

9月2日(木)
神田神保町(駿河台下)の「三省堂書店・本店」が、建て替え・閉店とのこと。

今のビルは1981年3月竣工とのことだが、私はその前の店舗も、建て替え工事も知っている。
三省堂書店(旧).jpeg
あの時「とても広い新しいビルになった、すごい!」と思った。
三省堂書店(新).jpeg
そのビルが老朽化か・・・。
自分が歳をとるはずだ。
さあ「終活」「終活」。
nice!(0)  コメント(0) 

東京の居酒屋風景 [世相]

7月31日(土)

washingtonpostのレポーター、Michelle Ye Hee Leeさん(@myhlee)の写真。
E7nsRGTVUAMx2sH.jpeg
E7nsRGUVgAU4pou.jpeg
緊急事態宣言」下の東京(7月31日)の居酒屋の情景(満席)。

ほとんどの人が、飲み食いしながらサッカー男子準々決勝、日本vsニュージーランド戦を観ている。
政府の「お触れ」がまったく効いていないことがよくわかる。
場所は、有楽町らしい。


nice!(0)  コメント(0) 

オリンピックの公式スポンサー [世相]

7月26日(火)

オリンピックの公式スポンサーは何段階かあるのだけど。

一番上の「パートナー」では、Coca Colaは飲まないけど、VISAにはお世話になっている。Omegaの時計は今は使っていないけど、Panasonicは家の電化製品の中にあるだろう(←テレビもエアコンもパナソニックにゃ)。

二番目の「ゴールドパートナー」では、アサヒ飲料はビールはあまり飲まないけど、大好きなカルピスが傘下に入っている。
Canonのカメラは長年愛用している。
SMBC(三井住友銀行)はメインバンクだ。
そもそも、このパソコンがFUJITHU(富士通)だ。

さらに下のランクになると、クロネコヤマトはいつもお世話になっているし、KikKomanのお醤油は料理や食事に欠せないし、朝日新聞は定期購読だし、読む本のほとんどはDNP(大日本印刷)かTOPPAN(凸版印刷)のどちらかの印刷だし、トイレの便器はLIXILかTOTOのどちらかだし、JR東日本にはときどき乗るし。

何が言いたいかと言えば、「反オリンピック」で、オリンピック・スポンサーをボイコットする人は「大変だなぁ」ということ。
私にはとてもできない。



nice!(0)  コメント(0) 

「類は友を呼ぶ」 [世相]

7月22日(木)

「類は友を呼ぶ」という言葉があるけど、これはもう、同じようなしょうもない感性の連中を、誰かが集めたのだろうな。
とうてい偶然とは思えない。

ジェンダー、世代、教育などの要素が絡んで、世の中に「人権規範が緩い集団」(私が言う「しょうもないオジさんたち」)がいることは、わかっていた。
今回、問題化したオリンピック開会式関係者は、そういう集団から、わざわざ「人材」をピックアップしたということだと思う。

---------------------------------------
五輪開閉会式ディレクターの小林賢太郎氏を解任 組織委

東京オリンピック(五輪)の大会組織委員会は22日、東京五輪で開閉会式のディレクターを務める小林賢太郎氏(48)を解任したと発表した。組織委によると、小林氏は演出全体の調整役を務めていた。

小林氏はお笑いコンビ「ラーメンズ」として活動し、現在は舞台作品などの企画・脚本を手がけている。ラーメンズ時代のコントで「ユダヤ人大量虐殺ごっこ」と発言した動画がインターネット上で拡散し、批判が集まっていた。

組織委は同日、「過去に、歴史上の痛ましい事実を揶揄(やゆ)するせりふを使用していたことがわかった」と解任の理由を説明した上で、「開会式が目前に迫る中、このような事態となり、多くの関係者、都民・国民の皆さまにご迷惑・ご心配をおかけしたことを深くおわび申し上げます」とするコメントを出した。

この後、記者会見を開いた組織委の橋本聖子会長は、過去のコントでの発言を把握した21日深夜から22日朝にかけて協議したと説明。「外交上の問題もある。早急に対応しなければいけないということで解任ということになった。大変反省している」と述べた。

小林氏は組織委を通じて、「不快に思われた方々に、おわびを申し上げます。申し訳ありませんでした」とするコメントを発表した。

この問題を巡っては、米国のユダヤ人人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」が21日、小林氏が過去に「ナチスによるユダヤ人虐殺をネタにしたコントを披露していた」として、非難する声明を出していた。団体は「どんな人にもナチスの大量虐殺をあざ笑う権利はない。この人物が東京五輪に関わることは600万人のユダヤ人の記憶を侮辱している」としている。

『朝日新聞』2021年7月22日 12時05分
https://www.asahi.com/articles/ASP7Q3QBZP7QUTIL00N.html


nice!(0)  コメント(0) 

オリンピック開会式まであと2カ月 [世相]

5月23日(日)

オリンピック開会式まであと2カ月、世界最悪レベルのコロナ感染状況(←嘘)、民衆の支持もない「この状況で東京オリンピックなんかやれるはずがない」と、今まで思っていた人たちが、「もしかして、本当に開催されてしまうかも?」と思い始めた今日この頃。

そうなのです。
そもそもIOCの「五輪貴族」たちも、自民党政府も最初から「やると決めたからやる! コロナの感染状況なんか関係ない」という(インパール作戦の)牟田口司令官と同じ発想だし、民の声なんて聞く気はさらさらないわけで。

なんで、そんなことに気づかないのか?私には不思議でならない。

冷静沈着に状況判断できる政治家が国のトップだったら、日本はこんな惨状にはならなかったわけで。
愚行の積み重ねにおいて、オリンピックも例外ではないということ
nice!(0)  コメント(0) 

「酒類提供禁止」の行き着く際 [世相]

4月22日(木)

「酒類提供禁止」は、今まで、ぎりぎり頑張ってきた、居酒屋、バー、パブ、スナック、ホステスクラブetc、お酒を飲ます店に、最後の止めを刺すことになる。

これで「みどりのたぬき」と「専門家」たちの「東京焼け野原作戦」はほぼ完遂する。

お酒を提供する店の従業員が職を失うだけでなく、店と契約している酒問屋、さらには店で使うおしぼりの業者、店に飾る花を管理する花屋、飲み屋ビルの管理会社・オーナーと影響は波及していく。
文字通り「盛り場」のネオンが消え、暗くなった夜の街の治安はたちまち悪化する。
テナントを失ったビルは、次々に外資の手に渡っていく。

こうして日本の飲み屋産業・文化は壊滅する。
「ああ、これが「みどりのたぬき」の目的だったのだ」と気づいたときには、もう遅い。
nice!(0)  コメント(0) 

2月の出生数、史上最低 [世相]

4月21日(水)

人口動態統計(速報)によると、2月の出生数は5万9789人で、前年比-6850人(-10.3%)。
ついに6万人を割り込み、過去最低。

きわめて深刻な状況が続いているが、「コロナ、コロナ」のマス・メディアは、あまり報道しない。
nice!(0)  コメント(0) 

2020年の自殺者、11年ぶりの増加。 とりわけ女性と若年層 [世相]

3月16日(火)

2020年の自殺者、11年ぶりの増加。
とりわけ女性と若年層の増加が著しい。
「コロナ禍」による過剰な社会規制の影響が、社会的に弱い立場の女性と若年層に顕著に現れていると思われる。

男女別では、男性は1万3943人(前年比135人減)だったのに対し、女性は6976人(同885人増)と大幅に増加。

年齢別では、20代が2287人で17%(329人)増。
19歳以下の未成年は707人で14%(同86人)増。
その内、小中高生の自殺者は440人で68人増で1980年以降で最多。

若い人たちを自殺に追い込む社会に未来はない。

-------------------------------------------------------

警察庁と厚生労働省は22日、2020年の自殺者数は前年比750人増(3.7%増)の2万919人(速報値)だったと発表した。これまで10年連続で減少していたが、リーマン・ショック直後の09年以来11年ぶりに増加に転じた。女性や若年層の増加が目立ち、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛や生活環境の変化が影響した恐れがある。

全体のうち男性は1万3943人(前年比135人減)と11年連続減となったのに対し、女性は6976人(同885人増)と2年ぶりに増加した。自殺死亡率(人口10万人当たりの自殺者数)は前年から0.8人増の16.6人だった。

厚労省が1~11月の統計をもとに分析したところ、年代別では40代が3225人(同71人増)と最も多く、中高年層の割合が高かった。増減率では20代(2287人)が17%増(同329人増)と最も高かった。19歳以下の未成年は14%増(同86人増)の707人だった。

小中高生の自殺者は68人増の440人で、同様の統計のある1980年以降で最多だった。内訳は小学生13人、中学生120人、高校生307人。通年ベースで最も多かった86年(401人)を上回り、高校生についても過去最多だった。

月別では、4~5月の緊急事態宣言中を含む上半期(1~6月)は毎月、前年同月を下回ったが、下半期(7~12月)は全ての月で前年を上回った。年間で最も多かった10月は660人増の2199人だった。

厚労省自殺対策推進室の担当者は「コロナ禍による生活環境の変化に加え、著名人の自殺報道による影響など、幅広い要因が考えられる」としたうえで「(月ベースで増加に転じた)下半期の傾向を見ると、経済問題が要因とみられる自殺が目立っており、相談窓口を拡充して必要な支援につなげられるよう取り組みたい」と話している。

自殺統計の確定値は3月に発表される見通し。例年、速報値より増加する傾向にある。

『日本経済新聞』2021年1月22日 10:06 (2021年1月22日 14:13更新)
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODG05BX30V00C21A1000000/


nice!(0)  コメント(0) 

祝・天長節 [世相]

2月23日(火・祝)
祝・天長節

「オンライン講義は(受講生の)親が見ている可能性があるので怖い」という話は時々聞くが、「知らぬ間に陛下に御進講申し上げていたという事態は、まことに畏れ多い次第であります」と愛子さまの先生は思ったのだろうか?
nice!(0)  コメント(0) 

厚生労働省2020年の人口動態統計(速報)婚姻数・出生数 [世相]

2月22日(月)

厚生労働省2020年の人口動態統計(速報)
婚姻数は、53万7583件で、 7万8069 件減って、前年比12.7%の大幅減少。
SCN_0014 (3).jpg
グラフを見ると、5月の大きなピークがすっぱり消えている。
(11月のピークはそれほど減っていない)。
ちなみに、離婚数は19万6641件で、前年比 1万6314件( 7.7%)の減少。

出生数は、87万2683件で 2万5917件(2.9%)の減少 で、過去最少。
SCN_0014 (4).jpg
5月以降年末まで低いレベルで推移。
とくに12月の落ち込みが大きい。
妊娠期間を考慮すると、受胎は3月で、この時期からの「濃厚接触」の制約が影響している可能性大。
となると、この出生数の減少傾向は、今後もしばらく続くだろう。


nice!(0)  コメント(0)