So-net無料ブログ作成

井上章一先生の著作&代表作 [世相]

11月27日(水)

国際日本文化研究センターの所長に就任することが決まった井上章一先生の代表作は『パンツが見える。―羞恥心の現代史』(角川選書、2002年)だろう。
はっきり言って『京都ぎらい』(朝日新書、2015年)の何倍も学問的価値があると思う。

なのに、就任決定を伝える記事、なぜ挙げない?

次は『愛の空間』(角川選書、1999年)かな。

井上先生の著作は数多く多彩だが、けっこう系統がはっきりしている。

【建築史論系】
『霊柩車の誕生』(朝日新聞社 、1984年)
『つくられた桂離宮神話』(弘文堂、1986年)
『アート・キッチュ・ジャパネスク―大東亜のポストモダン』(青土社、1987年)
 後に『戦時下日本の建築家――アート・キッチュ・ジャパネスク』と改題(朝日選書、1995年)
『法隆寺への精神史』(弘文堂 1994年)
『伊勢神宮』(講談社、2009年)
『夢と魅惑の全体主義』(文春新書、2006年)
『現代の建築家』(ADAエディタトーキョー、2014年)
『日本の醜さについて 都市とエゴイズム』(幻冬舎新書、2018年)

【人形論】
『ノスタルジック・アイドル 二宮金次郎 ―モダン・イコノロジー』(新宿書房、1989年)
『グロテスク・ジャパン』(洋泉社、1996年)
『人形の誘惑-招き猫からカーネル・サンダースまで』(三省堂、1998年)

【王権論】
『狂気と王権』(紀伊國屋書店、1995年)

【美人論系】
『美人論』(リブロポート、1991年)
『美人研究―女にとって容貌とは何か』(河出書房新社、1991年)
『美人コンテスト百年史―芸妓の時代から美少女まで』(新潮社、 1992年)
『おんな学事始』(文藝春秋、1992年)
『日本の女が好きである。』(PHP研究所、2008年)
『ハゲとビキニとサンバの国 ブラジル邪推紀行』(新潮新書、2010年)

【キリスト教受容論】
『南蛮幻想――ユリシーズ伝説と安土城』(文藝春秋、1998年)
『キリスト教と日本人』(講談社現代新書、2001年)

【性風俗史系】
『愛の空間』(角川選書、1999年)
『パンツが見える。―羞恥心の現代史』(朝日選書、 2002年)

【歴史区分系】
『日本に古代はあったのか』(角川選書、2008年)
『妄想かもしれない日本の歴史』(角川学芸出版、2011年)

【関西論・京都論】
『関西人の正体』(小学館、1995年)
『名古屋と金シャチ』(NTT出版、2005年)
『京都ぎらい』(朝日新書、2015年)
『京女の嘘』(PHP新書、2017年)
『京都ぎらい 官能篇』(朝日新書、2017年)
『大阪的 「おもろいおばはん」は、こうしてつくられた』(幻冬舎新書、2018年)

【阪神タイガース論】
『阪神タイガースの正体』(太田出版、2001年)
『「あと一球っ!」の精神史-阪神ファンとして生きる意味』(太田出版、2003年)

【その他】
『アダルト・ピアノ―おじさん、ジャズにいどむ』(PHP新書、2004年)

nice!(0)  コメント(0) 

井上章一先生、国際日本文化研究センター所長就任決定 [世相]

11月27日(水)

所長就任のことが話題になるたびに、いつも「ないない」とはっきり否定していたのに、前回お会いした時(9月21日)は、「ないと思うんやけど・・・」と微妙に含みがある言い方だった。

私は20年前からの押しかけ「弟子」だが、年齢は同じなので、所長の重責が体力的にきついことはわかる。

でも、やはり今やただ1人の日文研「生え抜き」の井上先生が所長にならないことには、収まらないだろう。

執筆三昧の「楽隠居」が遠のいたのは残念だけど、世の中のため、学問のため、井上さんらしく任期(4年)を全うされてほしい。

微力ではありますが、陰ながらお支え申し上げます。

https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/87471
nice!(0)  コメント(0) 

香港区議会選挙、民主派が地滑り的圧勝 [世相]

11月25日(月)

香港区議会議員選挙、民主派が議席の8割を超える、地滑り的圧勝(452議席中386議席=85%を獲得)。
民意が親中派でなく民主派にあることが明確に示された。

しかし、これで香港が民主化の方向に行くかと言うと、残念ながら、その逆で、中国共産党の介入がまずます強化されるだろう。
最終的には、香港区議会の強制解散、民主派指導者の全員逮捕、デモは戦車で圧殺ということになるかも。

「天安門事件」をリアルタイムで知っている世代としては、悪い予感しかしない。
nice!(0)  コメント(0) 

大嘗祭の本義 [世相]

11月15日(金)

令和の大嘗祭が終わった。
大嘗祭.jpg
大嘗祭について、折口信夫博士の「真床覆衾(まどこおふすま)」論をいまだに引っ張り出す人がいる。

「大嘗祭の核心は天皇を天皇たらしめる根源的な威力である天皇霊を新しい天皇が大嘗祭でふとんにくるまって身につけられる秘密の儀式である」(「大嘗祭の本義」1928年)

つまり、新天皇が真床覆衾にくるまることで天皇霊を継承する、聖婚儀礼という説だ。

一時期、通説のようにもてはやされたが、この説、実はなんの論拠(資料)もない。
はっきり言えば、折口先生の妄想である。

私の神道学・民俗学の先生の先生は折口博士の高弟の1人なので、私は折口先生の曾孫弟子の隅っこということになるが、この説ははっきり駄目だ。

大嘗祭の本義は、岡田荘司先生が言うように、新帝が天照大神を初めて迎え、神膳を供進しそれを共食する儀礼である。
「秘儀」でもなんでもなく、日本の祭祀の最も基本的な形(共食儀礼)に過ぎない。

そもそも、毎年行われる新嘗祭(にいなめさい=新穀感謝祭)が一世一代の儀礼に特化したものなのだから、当然のことだ。

ところで、岡田先生は、2019年3月に國學院大学教授を定年退職された。
先生が、まだ専任講師だったころ、先輩に連れられて研究室に行ったことがある。
そうか、あれからもう40年が経ったのか・・・。

【追記】共食儀礼とは
神と人がいっしょに飲食する儀礼。
実際には、いったん神前に供えた物(神饌)を下げて、神の前で人が飲食する形になる。
神前結婚式の三々九度の儀式や、神社に正式参拝した時のお神酒などにその形が残っている。
また、お祭りが終わった後で「打ち上げ」として飲み食いするのも、本来、「直会(なおらい)」という共食儀礼のひとつ。

海外でも見られるが、日本がいちばん濃厚に残っている。
さらに言うと、神饌を備える役、あるいは共食儀礼でお酒を注ぐ役は、元来、トランスジェンダーの人の役割である可能性を、私は指摘している。

nice!(0)  コメント(0) 

皇后陛下のティアラ [世相]

11月10日(日)

パレード、やわらかな秋の日差しに皇后陛下のティアラが輝いて美しかった。
75264940_2451541878256484_6819565015507402752_n.jpg
皇后陛下のティアラは、明治19年(1886)、昭憲皇太后(明治天皇の皇后)のために制作されたもので、「ドイツ、ベルリンの御用金工師レヲンハードおよびフイーゲルの二氏」に命じ、「ブリリヤント形の金剛石(ダイヤモンド)六十個」を用いた(明治20年2月11日付「東京日日新聞」)。
以来、貞明皇太后(大正天皇の皇后)、香淳皇太后(昭和天皇の皇后)、上皇后陛下へと受け継がれ、今上天皇の即位とともに皇后陛下に受け継がれた。

いくつかある皇后のティアラの中でも「第一ティアラ」と呼ばれる最も格が高いもの。


「ティアラ研究」はこちら↓
http://lequineguine.jugem.jp/?eid=1179
nice!(0)  コメント(0) 

ご即位祝賀パレード [世相]

11月10日(日)
東京は快晴。
気温は17度ほど、暑くもなく寒くもなく快適。
まさに、パレード日和。
延期して、結果オーライ。

20191110-OYT1I50020-1.jpg
天皇・皇后両陛下、あらためてご即位、おめでとうございます。 御代の安らかで永からんことを、心からお祈り申し上げます。

箱根のお宿で、近しくご尊顔を拝してより30数年、(ほぼ)同世代の者として、感慨無量であります。


nice!(0)  コメント(0) 

今月完成の新国立競技場に187人分の人骨 [世相]

11月8日(金)

新国立競技場の工事で出土した江戸時代の人骨、187体と数も多いし、保存状態が実に良い。
形質人類学の良い資料になるだろう。

東京の街から人骨が出土することについては、鈴木理生『江戸の町は骨だらけ』(桜桃書房、2002年、ちくま学芸文庫、 2004年8月)という名著がある。
拙ブログでも、紹介したことがある。
https://junko-mitsuhashi.blog.ss-blog.jp/2015-05-08-6
https://junko-mitsuhashi.blog.ss-blog.jp/2015-05-27-2

--------------------------------------------
今月完成の新国立競技場に187人分の人骨
新国立競技場の人骨.jpg
今月末に完成予定の新国立競技場で、準備段階の工事の際に187人分の人の骨が見つかっていたことが分かりました。

国立科学博物館・坂上和弘研究主幹:「体の骨の大きさとか歯の生えている状態から大体3、4歳くらいと推定できる」

見つかったのは幼児から高齢者までの男女の骨187体です。2013年から2015年にかけて、新国立競技場の本格整備に向けた準備工事の段階で地中から発見されました。この場所には以前、寺の墓地があり、江戸時代に埋葬された人の骨とみられています。

国立科学博物館・篠田謙一人類研究部長:「ここ10年間くらいで五輪があるとか大規模開発が行われるということで、急速に人骨が集まり始めてしまって、ちょっと対応しきれなくなってきてる」

今年、都内の別の工事現場でも1000体近くの人の骨が発見されています。専門家らは当時の生活を知るうえで重要な研究対象だとして、保管場所の確保を求めています。文化庁は来年度の概算要求にこうした骨の収蔵庫を新設することを盛り込んでいます。
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000168718.html

nice!(0)  コメント(0) 

低気圧のせい? [世相]

11月7日(木)

私は高湿度に弱い体質だけど、世の中には低気圧で体調が悪くなる人が多いらしい。

私はもともと標高が高いの北関東の山の中の生まれ育ちなので、低い気圧はまったく平気。
秩父市(標高232m)は、高気圧に覆われて東京の気圧が1020hPaくらいあっても、992hPaくらいしかない。
12日の台風19号の通過時には951.2hPaまで下がった。

これが長野市(418m)になると、東京の気圧が1020hPaでも長野は972hPa。

ちょっとした低気圧の接近だとせいぜい990hPaだから、低気圧で体調が悪化する体質の人は長野市には住めないし、標高の高い観光地(箱根の温泉とか)には行けないはず。

それから飛行機の機内気圧はだいたい海面の8割(0.8気圧=810.6hPa)だから、飛行機にも乗れないはず。

そこらへん、どうなってるのだろう?と不思議に思う。

いや、単なる低気圧ではなく、気圧の変化(低下)が原因なのだ、という人もいる。
でも、低気圧の接近による気圧の変化は、台風の中心域でもない限りかなり緩やかで、箱根や軽井沢に行くほうがよほど変化がきつい。
まして、飛行機が離陸・上昇するときの変化は急激だ。

だから、飛行機に乗れる人が、低気圧の接近で体調が悪化するのは、いったいどういう仕組みなのか、不思議に思ってしまう。

nice!(0)  コメント(0) 

週刊誌の時代が終わりつつある [世相]

10月23日(水)  

13時半、家を出ようとしたら、例の「巨乳特集」の記者(ライター)から電話。
昼過ぎにゲラが出て、18時校了とのこと。
私も出かけなければならず、コメント部分を読み上げてもらい、電話校正で済ます。

その後、14時半頃にもう一度電話があり、コラム(囲み記事)の部分を同様に電話校正して、校了。

ベテランの記者なので、仕事の要領が良い。
こちらも気持ちよく対応。

ところで、電話のやり取りでわかったのだが、この記事が載る『週刊現代』(講談社)、もう週刊ではない(月3回刊行、2019年5月から)とのこと。

知らなかった。びっくり!。

業界3位の週刊誌が週刊ではなくなった。
社会的影響力だけでなく、形態的にも週刊誌の時代は終わりつつある。

nice!(0)  コメント(0) 

今上陛下、即位礼 [世相]

10月22日(火・祝)

今上陛下、即位礼の日。

大学の講義で出かけなければならず、正殿の儀の中継を見られないのは無念。

nice!(0)  コメント(0)