SSブログ
日常(料理・食べ物) ブログトップ
前の10件 | -

新宿二丁目・ベトナム料理「ベトナミング」が閉店 [日常(料理・食べ物)]

6月15日(火)

新宿二丁目・仲通りで、いつも繁盛していたベトナム料理「ベトナミング」が閉店。

何度か連れて行ってもらい、ファンになっていたのでショック。
200919-4 (4).JPG
あそこが成り立たないのなら、いったいどこが残れるというのだろう。
日本の飲食店文化、いよいよ絶滅に向かいつつある。
nice!(0)  コメント(0) 

横浜・関内の老舗「わかな」の鰻丼 [日常(料理・食べ物)]

5月24日(月)

横浜・関内の老舗(明治5年=1872年)「わかな」の鰻丼をいただいく・
IMG_7744.JPG
IMG_7740.JPG

久しぶりの鰻で、私も家猫さんも大喜び。
ありがたく、そしておいしくいただきました。

「やきとり」。
IMG_7745.JPG
普通の焼き鳥とはイメージが違い、鳥焼きという感じ。
香ばしくておいしかった。

長年、お世話になっている方からまたいただいてしまい、恐縮すると同時に、「頑張って生きてれば良いことがある」と思った一日でした’。
心から感謝。

nice!(0)  コメント(0) 

4月30日(金)新宿一丁目「民芸手打そば 志乃屋」 [日常(料理・食べ物)]

4月30日(金)  晴れ  東京  24.1度  湿度48%(15時)

午後、新宿へ。

昼食は、以前から入ってみたかった新宿一丁目「民芸手打そば 志乃屋」。
IMG_7513.JPG
天せいろ(2200円)。
IMG_7509.JPG
蕎麦は、田舎風のやや黒味がある太切で、私好み。
並盛でも十分な量。
IMG_7510.JPG
天麩羅も、けっこう量がある。
IMG_7509.JPG
ただ、付け汁がやや薄いのが残念。

松中権さんと、久しぶりに(年末以来4カ月ぶり)じっくり話し合って、いくつかの懸案が少し前に進む。
nice!(0)  コメント(0) 

「味奈登(みなと)庵」のつけ天そば [日常(料理・食べ物)]

4月14日(水)
(続き)
昼食は、区役所の隣の超高層ビルの1階に入っている「味奈登(みなと)庵」
つけ天そば(800円)。
IMG_7363.JPG
天麩羅は、かぼちゃ、オクラ、イカ、海老。
IMG_7364.JPG
揚げたてでおいしい。
でも、肝心の蕎麦がイマイチ。

「イトーヨーカ堂」で下着(ショーツ)を購入。

武蔵小杉駅構内の「タリーズカフェ」で休憩。
IMG_7365.JPG
メロン・ヨーグルト(540円)。
高いけど、おいしい。

雨が本降りになってきたので、タクシーで帰宅。

16時過ぎ、自宅に戻る。

夕食は豆苗と油揚げの炒め物。
210414-3 (1).JPG
カマスの干物を焼く。
210414-3 (2).JPG
鶏天。
210414-3 (3).JPG

就寝、3時半。

nice!(0)  コメント(0) 

久しぶりの「丸亀製麺」 [日常(料理・食べ物)]

4月8日(木)
(続き)
12時25分、武蔵小杉駅へ。
昼食は東急口の「丸亀製麺」へ。
久しぶり。
IMG_7319.JPG
例によって、かけ(並)+れんこん天+鶏天(320+110+150=580円)。

無料の揚げ玉(関西だと天かす)を山のようにのせる中年男性。
(お金がなくて天麩羅が買えないのではなく、天麩羅に加えてだったので驚いた)
それを横目に、無料の刻み葱を山盛りにする私。



nice!(0)  コメント(0) 

自由ヶ丘、インド料理「タージマハル」 [日常(料理・食べ物)]

4月7日(水)
(続く)
溝の口の川崎北税務署で、確定申告を終えて、時間調整を兼ねて、ゆっくり昼食をとりたいと思い、東急大井町線の車中で、どこにしようか?と考える。
結局、自由が丘駅で下車。

インド料理の「タージマハル」へ行ってみる。
健在だった。
久しぶりだったがいつもフレンドリーなインド人の店員さんが覚えていてくれた。
Bランチセット(980円)。
210407-2 (1).JPG
カレーは、オーソドックスにマトンとチキン。
210407-2 (2).JPG

大画面テレビでインド映画を観ながら、ゆっくり食事。
おいしかったけど、お腹いっぱい。

帰宅後、調べてみたら、2018年4月以来3年ぶりだった。

(続く)
nice!(0)  コメント(0) 

蕨のアク抜き [日常(料理・食べ物)]

4月3日(土)
(作業したのは1日)
南伊豆で買ってきた蕨。
IMG_7234.JPG
これで200円。

今回は量が少ないので、手軽に重曹でアク抜き。
大きめのお鍋に水を張って重曹1袋(3g)を入れて、蕨を5分ほど煮る。
そのまま4時間ほど放置。
水が赤紫になったので、冷水で洗う。
さらに2時間ほど放置して,水から上げる。
IMG_7236.JPG
食べやすい長さに刻んで、お浸しに。
IMG_7237.JPG
ちゃんとアクは抜けていた。
色もきれい。
昨年みたいに柔らかくなり過ぎず、ちょうど良い歯ごたえで、おいしい。

でも、子どもの頃、母親が草木灰でアク抜きした、蕨のお浸しにはまだ遠い。
nice!(0)  コメント(0) 

3月13日(土)フキノトウの天麩羅 [日常(料理・食べ物)]

3月13日(土)  雷雨  東京  13.9度  湿度96%(15時)

低気圧通過中。
20210313050100_0_Z__C_010000_20210313030000_MET_CHT_JCIspas_JCP600x581_JRcolor_Tjmahp_image.jpg
うち(川崎市中原区)は、14時前頃から、もう1時間近く、外がゴーゴー言ってる(豪雨状態)。
雷はときどき聞こえるけど、それほどではない。
16時前には静かになった。
横浜の日降水量は85.0mm。

奥会津から好物のフキノトウを取り寄せ。
IMG_6926.JPG
さっそく、天麩羅にする。
IMG_6951.JPG
フキノトウだけというわけにもいかないので、他のものも揚げる。
タラの芽、こごみ、海老、イカ、ズッキーニ。
IMG_6945.JPG
茄子、にんじん、エリンギ。
IMG_6947.JPG
小海老とにんじん(やや崩壊)
IMG_6950.JPG

タラの芽、高かった(泣)

天麩羅を揚げるのは年2回くらいだけど、やっと自己満足できるレベルになってきた。
nice!(0)  コメント(0) 

2月26日(金) [日常(料理・食べ物)]

2月26日(金)

無農薬栽培の野菜中心の(それなりにお金がかかった)健康的な食生活を送っている人たちの食卓写真をSNSで見ていると「きっと長生きするのだろうな」と思う。

私たちの世代(1955年前後生)って、子供~思春期に、チクロとかサッカリンとは、飲むと舌が紫やオレンジ色になるジュースとか、有害物質を大量に摂取している。
おまけに、大気中核実験が連発していた時期で、校長先生の頭が禿げてしまうくらい放射性降下物を浴びていた。

もう今さらどうにもならないのだよね、
だから、短命で50~60代でみんな死んじゃう。

昼食は、鶏めしお握りと野蒜味噌(自家製)。
IMG_6818.JPG
健康的なのではなく単に貧しいだけ。
nice!(0)  コメント(0) 

2月16日(火)白子入りふぐ雑炊 [日常(料理・食べ物)]

2月16日(火) 晴れ  東京  16.4度  湿度23%(15時)

12時、起床。
朝食は、マロンデニッシュとコーヒー。
210216 (1).JPG
昼食は、子芋。
210216 (3).JPG
足りないので、お餅。
210216 (4).JPG
午後は、体調がイマイチなので、読書。

夕食は、河豚シリーズ(3)テッチリの残り汁で、タラの白子入り雑炊を作る。
210216 (5).JPG
美味!

今回の河豚シリーズは、昨年、亡くなった叔父のお香典返し(お好みギフト)。
ありがたく、いただく。

お刺身(イシダイ)。
210216 (6).JPG

就寝、3時。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 日常(料理・食べ物) ブログトップ