SSブログ
地震・火山・地質 ブログトップ
前の10件 | -

東海道南方沖、M6.2、最大震度3 [地震・火山・地質]

9月14日(火)
振幅の周期が長く変な地震だなぁ、寝ぼけているからそう感じたのか?と思って、また寝てしまったら、ほんとうに変な地震だった。
大深度地震にともなう、典型的な異常震域(震源から遠い所が大きく揺れる)。
2021-09-14-07-46-56-xlarge.jpg
09月14日 07時46分頃、震源地は東海道南方沖、深さ約450km。
地震の規模は、M6.2、最大震度3。


nice!(0)  コメント(0) 

関東大震災から98年 [地震・火山・地質]

9月1日(水)

今日は、1923年(大正12)の関東大震災(M7.9~8.3)から98年目。
相模トラフ系の海溝型巨大地震としては、その1回前が、1703年(元禄16)の元禄巨大地震(M8.1~8.5)で、その間隔は220年だった。

しかし、それより前になると、記録の不備などもあり、確定していない。
1495年(明応4)の明応(関東)地震-
鎌倉の大仏殿(高徳院)が津波で流失したとされる地震。
元禄大地震との間隔は208年。

1293年(正応6)年の鎌倉大地震。
明応地震との間隔は202年。

878年(元慶2年)の相模・武蔵地震。
『日本三代実録』に記録がある。
正応地震との間隔は415年で、間に1回、記録が失われた大地震(1000年代後半)があった可能性が高い。

不確定な部分が多いが、大正と元慶の大地震の間隔1045年を5周期分とすると、平均周期は209年ということになる。
となると、次は2132年前後という予想になり、今、生きている人はほとんど関係ない。

それより可能性があるのは、1855年(安政2)の安政江戸大地震(M6.9~7.4)の再来。
南関東直下型の大地震だが、これは、類似の地震の記録が乏しく、周期が予想できない(だから怖い)。

また、関東地方ではないが、南海トラフ系の海溝型巨大地震は周期が90~120年と短く、前回は1944年(昭和19)の東南海地震(M7.9)+1946年(昭和21)の南海地震(M8.0)なので、21世紀中頃(2030~2060年代)には確実に襲来する。
しかも、次回は東海地震を含む、東海ー東南海ー南海の3連動の可能性もある。
nice!(0)  コメント(0) 

小笠原諸島・福徳岡ノ場で新島出現 [地震・火山・地質]

8月16日(月)

13日に噴火が確認された小笠原諸島の海底火山、福徳岡ノ場で新島出現。
直径約1kmの馬蹄形。
福徳ノ岡の場.jpeg

ここでの新島出現は、明治以降、確認された限りで4度目だが、すべて短命だった。

今回も、これでは、すぐに波で削られてしまいそう。
西ノ島新島のように大量に溶岩が出ないと駄目だと思う。

nice!(0)  コメント(0) 

千葉県南東沖でM4.2。最大震度2 [地震・火山・地質]

8月12日(木)

おっ、地震。
久しぶり。
震度1かな。
------------------
12日20時36分頃、千葉県南東沖、深さ70km、M4.2。最大震度2。
2021-08-12-20-36-21-large.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

伊予灘でM5.1、最大震度4 [地震・火山・地質]

7月17日(土)
2021年07月17日 20時50分頃、震源地は伊予灘、深さ80km、地震の規模はM5.1。
最大震度4。
2021-07-17-20-50-12-large.jpg
西日本の人は、関東人のように地震慣れしていないから、驚いたと思う。
震源は中央構造線のすぐ北側。

南海トラフ系の超巨大地震が近づいてくると(歪が溜まってくると)、その北側の中央構造線沿いや、さらに北の山陰地方で中規模な地震(M5~6)が増えてくる。
南海トラフ系の超巨大地震は、前回が1944、1946年。
周期を100年±10年と考えると、2035年くらいから要警戒。


nice!(0)  コメント(0) 

人災の可能性 [地震・火山・地質]

7月6日(火)

最初に土石流の起点の画像を見たとき「谷筋を人工的に埋めている?」と思ったが、やはりそうだった。

神奈川県小田原市の業者が、2007年に土砂を運び込む届を熱海市に出している。

そのとき、廃土で谷を埋めたものと思われる。
表向きは「造成」を装っているが、実際には土砂の廃棄だろう。

---------------------------------------


nice!(0)  コメント(0) 

谷を埋めている? [地震・火山・地質]

7月4日(日)

熱海市伊豆山地区の大規模土石流、NHKニュースが流しているドローンからの映像を見ると、本来の谷筋を人工的に埋めているように見える。

そこが崩落・流出したことが土石流の起点になった?

地形学。災害学的に言うと、谷だったところは谷に戻りたがるし、昔、川だったところは川に戻りたがるものなのだ。




nice!(0)  コメント(0) 

静岡県熱海市伊豆山地区の大規模土石流 [地震・火山・地質]

7月4日(土)

静岡県熱海市伊豆山(いずさん)地区で大規模な土石流が発生。
「山津波」という昔の言い方がふさわしい、すさまじさ。

だいぶ前だが、走湯大権現(伊豆山神社)にお詣りして、「走り湯」を見学して伊豆山温泉に泊ったことがあるので、よけいに心配だ。

https://twitter.com/i/status/1411174948886913026
俯瞰で撮影された動画。
土石流の規模の大きさがわかる。
https://twitter.com/i/status/1411161277393620995
何度も繰り返し襲来しているのがわかる。
白いワゴン車、逃げ切れたのだろうか?

熱海市伊豆山地区は急斜面が海岸まで続く地形。
しかも、地面は火山堆積物・温泉土壌で崩れやすい。
伊豆山土石流.jpeg
どうも、画像と地形図を合わせ見ると、本来の谷(沢)筋を埋めて道路にしているように見える。
土石流はそこを流れ下った。
やはり、こういう地形で谷筋に家を建てるのは危険。

近くの根府川(神奈川県小田原市)で、関東大震災(1923年)にともなって起こった大規模な土石流を思い出した。






nice!(0)  コメント(0) 

千葉県南東沖でM5.3、最大震度3 [地震・火山・地質]

6月6日(日)

お風呂に入って。いて気付かなかった。

7日3時11分頃、震源地は千葉県南東沖、深さ100km、地震の規模はM5.3。
最大震度3。
2021-06-07-03-11-19-xlarge.jpg
震源、もろに相模トラフではないか・・・。
関東大震災(1923年)から98年。
まだ80年くらいは大丈夫なはずなのだけど。
nice!(0)  コメント(0) 

茨城県南部でM4.3、最大震度3 [地震・火山・地質]

5月24日(月)

おっ、地震。
震度2くらい。
初期微動なしで、いきなり揺れた。
震源、比較的近い?
2021-05-24-04-09-27-large.jpg
5月24日04時09分頃、震源は茨城県南部、深さ60km、M4.3。
最大震度3。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 地震・火山・地質 ブログトップ