SSブログ
天文・気象・生物 ブログトップ
前の10件 | -

春の嵐 [天文・気象・生物]

4月18日(土)

ウチ(川崎市中原区)のあたり、13時前後、大嵐。
台風並みの激しい風雨。

14時過ぎて、やっと外がおとなしくなった。
レーダー画像で見ると、ほぼ真上に、寒冷前線にともなう強い雨雲がある。
202004181400-00.jpg

横浜で瞬間最大風速20.4m/s(12時40分)
日降水量101.5mmは、4月として観測史上2位の記録。
日吉のアメダスは104.5mm。


nice!(0)  コメント(0) 

東京、ソメイヨシノ開花、観測史上最速 [天文・気象・生物]

3月14日(土)

雪の中で、東京、ソメイヨシノ開花。
平年より12日早く、観測史上最速。
------------------------------------------------------
東京で桜咲く 暖冬で観測史上最速、満開は23日見込み

東京管区気象台は14日、東京都心で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。靖国神社(東京都千代田区)の標本木で午後2時、気象台の職員が開花の目安となる5輪以上の花が咲いているのを確認。記録的な暖冬の影響で、1953年の統計開始以来、最も早い開花になった。

この日、東京都心は雪やみぞれが降り、気温は午後2時時点で真冬並みの2・5度だったが、開花発表に至った。東京での開花は平年より12日、昨年より7日早く、ソメイヨシノの標本木としては全国で最も早い開花発表となった。これまで東京では2002年と13年の3月16日が最も早い開花日だった。

桜の花芽は夏から秋にかけて形成した後にいったん休眠。冬の寒さで「休眠打破」と呼ばれる目覚めを迎え、気温が上がるにつれて花芽が成長して咲く。

東京管区気象台は「昨年12月~2月の記録的な暖冬に加え、3月も平年より気温が高い日が続き、開花が早まった」とみている。

日本気象協会の予想によると、東京都心は23日に満開を迎える見込み。(金山隆之介)

『朝日新聞』2020年3月14日 14時17分
https://www.asahi.com/articles/ASN3G4QNTN3FUTIL008.html?iref=pc_ss_date
nice!(0)  コメント(0) 

真上に強い雨域 [天文・気象・生物]

1月28日(火)

今(29日01時45分)、窓の外でゴーっと音がしている。
レーダー画像を見ると、まさに家の真上に強い雨雲(赤)があるようだ。
202001290145-00.jpg

28日の東京の降水量は55.5mmで、1月としては観測史上4位の大雨。
nice!(0)  コメント(0) 

春先のパターンが1月上旬に [天文・気象・生物]

1月8日(水)

24時間で 、中心気圧が24hPa低下。
20010712.jpg20010812.jpg
日本海で低気圧が急発達して南風が吹き込み、気温が急上昇するのは春先のパターン。
1月上旬にこういうパターンが出現するのは珍しい。
というか、異常気象。
nice!(0)  コメント(0) 

ベテルギウスの減光(続報) [天文・気象・生物]

12月27日(土)

ベテルギウス(オリオン座α)、昨夜(27日)の目視では、アルデバラン(おうし座α、0.9等)より明らかに暗く。オリオンの左肩に相当するベラトリックス(オリオン座γ、1.6等)とほぼ同じ明るさ。

ベテルギウスの変光範囲は0.0 ~1.3等で、だいたい0.5~0.7等のことが多い。
通常の変光範囲を超えて減光しているのは間違いない。
EMpRzRGUcAIECfS.jpg
画像は、3年前(2017年)との比較(撮影:石川氏@katsuya331)。
あきらかに暗くなっているのがよくわかる。
nice!(0)  コメント(0) 

ベテルギウスが減光 もしかして超新星爆発が近い? [天文・気象・生物]

12月25日(水)
オリオン座のベテルギウスが大減光。
もしかして超新星爆発が近い?

生きている間に、銀河系内での超新星爆発が見られるかも。
でも、右肩がなくなったオリオンは見たくないので、複雑な気分。

EMbeWwtXUAA-woW.jpg
↑ 少なくともこの50年間で1番、暗くなっているようだ。

超新星爆発のスタートは、中心核の重力崩壊。
重力崩壊を始めてわずか数秒で中心核が潰れる。
この時、大量のニュートリノが放出される。
スーパーカミオカンデなどで検出されると思われるので、可視光での急増光の数日前にキャッチできる。
可視光ではマイナス10.5等星(半月並み)の明るさで100日ほど輝き続け、その後次第に暗くなってゆくはず。
------------------------------------------
すずもと @aruto250

オリオン座のベテルギウスが急に暗くなったぞ!という話。太陽の20倍くらいの恒星では水素→Heの元素変換が終わりHe→炭素になるあたりで赤色巨星になり、炭素→ネオンが1000年、ネオン→Siが1年、Si→鉄が2日で終了して爆発する。このときネオン→Si反応で急激に収縮して暗くなるので爆発間近か?と。
https://twitter.com/aruto250/status/1209613448725745664
-------------------------------------------
Con Stoitsis @vivstoitsis
Light curve for Betelgeuse
EMbp_P3U8AA-zfl.jpg
.
Down to mag 1.52, which is the dimmest in recorded history?. Get out and have a look

https://twitter.com/vivstoitsis/status/1208910828541374464
-------------------------------------------
nice!(0)  コメント(0) 

千葉県でまた水害 [天文・気象・生物]

10月26日(土)

25日の降水量
横浜 100.0mm
東京 120.5mm
千葉 181.5mm

千葉市は、台風19号の12日(129.5mm)より多く降っている。

千葉県や福島県では、降水量が200mmを超えているところがある。
12日の台風19号の大雨で傷んだ堤防がもたない。

ああ、また朝になって状況が判明してくると、人死にが出ているのだろうな。

と思っていたら、やっぱりだった。
千葉県佐倉市の鹿島川流域=26日9時3分.jpg
↑ 千葉県佐倉市、鹿島川の氾濫
千葉県茂原市.jpg
↑ 千葉県茂原市、水没する住宅地

26日午後の段階で、死者8人、行方不明1人。



nice!(0)  コメント(0) 

灯りがついていないタワー・マンション [天文・気象・生物]

10月17日(木)

武蔵小杉駅(川崎市中原区)東口の様子(16日23時)。
IMG_0584.JPG
IMG_0583.JPG
林立するタワー・マンションの中に、灯りがほとんどついていないマンションがある(画像左のタワマン)。

12日夜の台風19号による大雨にともなう浸水で、電気系統が壊滅し停電状態になったタワマン(2棟あるらしい、内の1棟)。

完全停電なので、エレベーターは動かず、照明も電気機器も使用不能。
水道も揚水ポンプが動かないので使用不能(トイレもほとんど使えない)。
事実上、住めない状態だと思う。

ただ、タワマンに住んでいる富裕層が一般民衆と違うのは、行先が公共の避難所ではなく、都心や海外のホテルであること。

もちろん、そういう人ばかりではなく、電気が使えない部屋で不便に耐えている人もいるのだが。


nice!(0)  コメント(0) 

大規模な災害ほど、後になって被害が拡大する [天文・気象・生物]

10月16日(水)

大規模な災害ほど、後になってどんどん被害が拡大する(判明する)。
これ、災害学では一般法則。

だから、第一報で災害の規模を判断してはいけないのです、二階自民党幹事長。

『朝日新聞』の見出し(15日朝刊はお休み)
13日(日)朝刊「2人死亡 9人不明」
14日(月・祝)朝刊「29人死亡 14人不明」
15日(火)夕刊「決壊47河川66ヵ所 死者67人(不明19人)」
16日(水)朝刊「死者75人(不明14人) 決壊75ヵ所」

nice!(0)  コメント(0) 

川は元に戻りたがる [天文・気象・生物]

10月15日(火)

カスリーン台風(1947年9月)の大雨による利根川、荒川の破堤による大規模な水害の図。
カスリーン台風(1947年9月)の水害.png
利根川の破堤による洪水は古利根川(旧:利根川本流)、荒川の破堤による洪水は元荒川(旧:荒川本流)を下って、東京都江戸川区にまで達した。
河川というものは、いくら人工的に付け替えても、なにかあれば、元の流路を流れたがる、というお話。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 天文・気象・生物 ブログトップ