SSブログ
天文・気象・生物 ブログトップ
前の10件 | -

梅雨明け [天文・気象・生物]

7月16日(金)

関東甲信地方、梅雨明け。
平年より3日早い。
IMG_8256.JPG
↑ 渋谷、ビルの間の夏空。
nice!(0)  コメント(0) 

大雨 [天文・気象・生物]

7月4日(土)

夜中の大雨、すごかった。

箱根で(降り始めから)680mm。

家からいちばん近い横浜市日吉のアメダスは、
1日 77.5mm
2日 77.0mm
3日 78.5mm
と、3日連続の大雨(合計233mm)

ウチは、多摩川の河原なので、洪水が気になる。
とくに、2年前(2019年10月)の大水のときは、氾濫まであと1mで、肝を冷やしたので。

今回は、まだ河川敷まで水が上がっていないので、かなり余裕がある。
cam_dencho_upper_OBS.jpg
画像は、田園調布付近のライブカメラ。


nice!(0)  コメント(0) 

爆弾低気圧、通過中 [天文・気象・生物]

2月15日(月)

現在通過中の低気圧、今朝9時の中心気圧が990hPaで、21時の予想では964hPa。
12時間で26hPa低下する予測。
21021509.jpg
15日9時(実況) 
21021521.jpg
15日21時(予想)

いわゆる「爆弾低気圧」の定義は、「24hPa×sin(φ)/sin(60°)以上低下する温帯低気圧(φは緯度)」で、北緯 40°なら 24時間で17.8hPa/24hとなる。

24時間で26hPaも低下するのは、「爆弾低気圧」の中でもかなり強烈。

実際、12時前後、激しい風雨。

21021521-2.jpg
15日21時(実況)
21時の実際は958hPaで、12時間で32hPa低下。

21021609.jpg
16日9時(予想)
さらに12時間後には944hPaになる予定で、24時間で46hPaも低下する予測。


nice!(0)  コメント(0) 

「はやぶさ2号」カプセル、無事に回収 [天文・気象・生物]

12月6日(日)

おっ、分離、うまくいった。
lif2012050017-p1.jpg
小惑星探査機「はやぶさ2号」のカプセル、秒速11.6kmで大気圏に突入。
オーストラリアで火球として観測。
9.jpg000200431_1920.jpg
無事にオーストラリアの砂漠に着地したようだ。

小惑星探査機「はやぶさ2号」の分離カプセル、無事に回収!
よかった、よかった。
20201206-00211152-roupeiro-000-16-view.jpg
こんなに小さいのか・・・。
はやぶさ2号5.jpg
カンガルーに蹴飛ばされなくてよかった。

それにしても、月よりはるかに遠い小惑星まで行って、そこに着地し、そして地球まで戻ってくるなんて、私が若い頃にはまったくのSF世界の話。
ほんとうに、すごい技術、偉業だと思う。


nice!(0)  コメント(0) 

台風10号 [天文・気象・生物]

9月6日(日)

台風10号、上陸は免れそうだが、暴風圏は中心の東側が広いので、ほぼ九州全域が暴風圏に入りそう。
鹿児島・熊本・佐賀・長崎県は厳重警戒。
中心に近い、甑島・天草・五島列島・対馬が心配。
2010-00-7.jpg
<06日15時の実況>
大きさ:大型
強さ :非常に強い
存在地域・屋久島の南南西約110km
中心位置:北緯 29度25分(29.4度) 東経 130度05分(130.1度)
進行方向、速さ:北 35km/h(18kt)
中心気圧:945hPa
中心付近の最大風速:45m/s(85kt)
最大瞬間風速:60m/s(120kt)
25m/s以上の暴風域 :東側 330km(180NM) 西側 165km(90NM)
15m/s以上の強風域:南東側 650km(350NM) 北西側 440km(240NM)
nice!(0)  コメント(0) 

台風10号の進路予想 [天文・気象・生物]

9月5日(土)

気のせいじゃなく、進路予想が微妙に東に寄ってきた。
2010-00-5.jpg 2010-00-3.jpg
(上)5日15時の予想  (下)4日0時の予想

枕崎(鹿児島県)への上陸の可能性はほぼなくなったが、東寄りのコースをたどると、長崎県をかすめるかもしれない。

5日15時の天気図。中心気圧は920hPa、ほぼ最盛期と思われる。
20090515.jpg
5日15時の衛星画像。目がくっきり。
202009051500-00.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

台風9号、朝鮮半島南部に上陸へ [天文・気象・生物]

9月2日(水)

台風9号は、もうじき(3日3時)頃、朝鮮半島南部(韓国慶尚南道金海市付近)に上陸する模様。
上陸時の中心気圧は950~960hPa、中心付近の最大風速は55~60m/s。
2009-00-1.jpg
おそらく朝鮮半島に上陸する台風としては史上最強クラス。
上陸予想地点は海岸線が入り組んでいるので、高潮の危険性が高い。

けっこう非常事態だと思うのだが、『朝鮮日報』は、わりと呑気に上陸地点の予想比べをやっている。

どこに上陸しようが、かなりの被害が予想されるわけで、それどころではないと思うのだが、記者も(そして住民も)台風に不慣れで、知識も危機感も薄いのだろうな。http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/09/02/2020090280276.html
「米国気象庁は麗水、韓国気象庁は巨済…台風上陸地点を当てるのはどこ?
韓国気象庁「巨済-釜山の間」 米・日はもう少し西側」

3日12時の天気図。上陸後、温帯低気圧になる直前。
20090312.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

台風のエリート [天文・気象・生物]

9月2日(水)

60年も天気図を見ていると、熱帯低気圧の段階で、「おっ、こいつは大物になるかも」とわかってしまう。
今度の台風10号が、そのパターン。
発生場所、進路途中の海水面温度、生まれも育ちも台風のエリート。
2010-00-2.jpg
この進路予想通りだと、朝鮮半島に上陸する台風としては史上最強になると思う。


nice!(0)  コメント(0) 

台風10号発生、週末に西日本に上陸する可能性 [天文・気象・生物]

9月1日(火)

マリアナ諸島近海にある熱帯低気圧が発達して、台風10号になった。
20090121.jpg202009012100-00.jpg

今週末、強い勢力で西日本に接近・上陸する可能性がある。
台風10号予想進路.jpg
1日夜の予報では、6日(日曜)に九州に上陸のようだが、もう少し曲がる(東にズレる)かもしれない。
2010-00.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

ゲリラ豪雨 [天文・気象・生物]

8月23日(日)

昨夜から朝にかけて、何回かすごい雨。
とくに今朝10時前後はすごかった。
IMG_4595.JPG
22日21時40分頃、
IMG_4597.JPG
23日10時00分頃。

どちらも、うちの真上に強い雨域がある。
とくに今朝の雷雲は大きかった。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 天文・気象・生物 ブログトップ