SSブログ
2021年03月| 2021年04月 |- ブログトップ
前の10件 | -

東京の私娼街の歴史 [性社会史研究(遊廓・赤線・街娼)]

4月11日(日)

館一平「夜の歴史は女が作る」(『千一夜』3巻7号、1950年7月)
1950年(昭和25)の古老(おそらく明治生まれ)の語り。
わずか1頁の記事で、東京の私娼街の歴史を簡潔に語っている
--------------------------------------
①東京における私娼街の起源説。
明治5年(1872)4月5日の吉原大火で焼け出された女性たちが、浅草、向島、上野、両国方面に仮小屋を設けて営業を始めた。
その末裔が、浅草観音裏、浅草並木町~松葉町、上野山下~湯島天神下、両国橋~薬研堀、芝神明あたりの私娼になり、さらに浅草六区~千束町の「十二階下」の私娼街に結集する。

②東京における私娼街の規制と移転
大正5年(1916)、警視庁の丸山鶴吉保安課長が「銘酒屋」街(実態は私娼街)の一掃に乗り出す。
警察と業者の攻防のさなか、大正12年(1923)9月1日の関東大震災で、「十二階下」の私娼街は壊滅。
私娼街の業者は、拠点を隅田川の東の玉の井、亀戸に移動。
「エロ・グロ」全盛の世相に乗り、昭和4,5年~10年頃(1929~35)「蜘蛛の巣の如き魔境」はその爛熟期を迎える。

③ 壊滅と再生
昭和20年(1945)3月10日の東京下町大空襲で、新吉原も玉の井、亀戸も壊滅し焼け野原と化す。
その中から、「見るも華麗な幻想の天国(パラダイス)『鳩の街』」が出現する。
「街や巣に颯爽として艶姿を現はす天使(エンゼル)達は、みな悉く昭和生まれの彼女ばかりとなった。」

nice!(0)  コメント(0) 

お墓の維持費 [日常]

4月11日(日)

秩父のお墓(埼玉県秩父市聖地公園)の2021年分の請求が来た。
年間の管理費が6600円(月額500円+消費税)というのは、このご時勢、ほんとうにありがたい。
IMG_4860 (2).JPG
当然のことながら人気で、追加造成しても、すぐに(権利が)売れてしまう。
ウチは26年前、母が亡くなったときに、幸いにも、たまたま追加造成の場所が手に入った

秩父は、江戸(東京)から見て、お日様が沈む西方浄土・観世音菩薩の霊場。
秩父市の墓苑ビジネスは大成功だった。
nice!(0)  コメント(0) 

4月10日(土) [日常]

4月10日(土)

10時半、眼が覚める。
ベッドの中で時代小説を読む。
12時、起床。

家の工事の関係で4日間続けて外出したら、疲労蓄積で、今日は右腰(お尻)が痛い。
筋肉痛というより神経痛。
寒さの戻りも影響している?

「洲崎・亀戸の性文化史」の講演録の手直し。
まだ6分の1くらい。
明治時代からの近代公娼制の概論がやっと終わり、これから昭和戦後期の「赤線」概論。
締切はまだ先(5月末)だから、焦らずやろう。
nice!(0)  コメント(0) 

週間合計3210人、+524人(+19.5%) [世相(新型コロナ肺炎関連)]

4月10日(土)

東京都の今週の感染状況、+524人(+19.5%)の3210人。
あいかわらず増加傾向で、しかも週間増加率は11.9%→19.5%と加速している。
しかし、大阪のような激増ではない。
実効再生産数は1.06~1.13台に上昇。
陽性率も4.3→4.8%で増加傾向。

4月    前週比 実効再生産数 陽性率
4日(日)+ 42人  1.078[右斜め上]  4.3%[右斜め上]
5日(月)+ 15人  1.067[右斜め下]  4.3%→
6日(火)+ 27人  1.069[右斜め上]  4.3%→
7日(水)+141人  1.109[右斜め下]  4.5%[右斜め上]
8日(木)+ 70人  1.103[右斜め下]  4.6%[右斜め上]
9日(金)+ 97人  1.109[右斜め上]  4.7%[右斜め上]
10日(土)+123人  1.136[右斜め上]  4.8%[右斜め上]
週間計  +524人(+19.5%)

表と数値は、しのおか氏による。
nice!(0)  コメント(0) 

「洲崎・亀戸の性文化史」の講演録の原稿 [お仕事(執筆)]

4月9日(金)

2019年6月の「江東区2019男女共同参画フォーラム」(パルシティ江東)での講演「洲崎・亀戸の性文化史」の講演録の原稿が送られてきた。
全部で27000字。
地元の有志の方が文字起こししてくださった。
さぞたいへんだったろうな。
ありがたいことだ。

でも、これから修正作業がたいへん。


nice!(0)  コメント(0) 

変な寝方をしてしまった [日常]

4月9日(金)

けっこうハードな整体マッサージの後、おいしいカレー料理を食べて帰宅したら、猛烈に眠くなり、21時半~2時まで4時間半も眠ってしまった。
で、起きてお風呂に入ったら、今度は眠れなくなり、メールのお返事書きなど3時間ほどいろいろ作業。
今、5時半で、これからベッドへ。
寝られるだろう?

nice!(0)  コメント(0) 

BBCニュースのインタビュー記事Trans in Japan: Sterilisation and legal gender recognition [現代の性(性別越境・性別移行)]

4月8日(木)

ヨーロッパのメディアが、日本が性別変更の際、いまだに生殖を不能にする手術を法律で要件化していることを、トランスジェンダーの人権侵害として強く問題視していることがよくわかる報道。
https://www.bbc.com/news/av/world-asia-56670164?at_campaign=64&at_custom4=B0505492-97FC-11EB-9424-F28496E8478F&at_custom1=[post%20type]&at_medium=custom7&at_custom2=twitter&at_custom3=%40BBCWorld&fbclid=IwAR0d6UMIT293y73t27Z5dJ0uNOuh4UBU27OuEldtH8RbwPGgUTIdS1qtAVo
私も2度ほど、欧米のメディアにこの問題を取材されて、日本の状況を(できるだけ中立的に)レクチャーしたが、「なぜ先進国であるはずの日本がこんな人権侵害で非人道的な法律をいつまでも残しているのか? 信じられない!」という調子で、欧米と日本の意識差とてもは大きい。

----------------------------------------
Trans in Japan: Sterilisation and legal gender recognition

Trans in Japan: Sterilisation and legal gender recognition
Close
Fumino Sugiyama is a transgender man, but Japanese law means he is not legally recognised as male.

In Japan, you have to be sterilised or "indefinitely incapable of reproduction" before being able to legally change gender.

Researchers say reports of involuntary sterilisation have been seen in at least 38 countries worldwide over the past 20 years, with women and marginalised groups worst hit by this "gross violation of rights".

We meet Fumino, and another transgender man who decided to get sterilised, to hear the impact of Japan's policy on their lives.

「BBC News」Subsection Asia 2021.04.08

「生殖機能を失わないと性別を変えられない」 日本の法律とトランスジェンダー
2021年4月8日
杉山文野さんはトランスジェンダー男性だが、日本の法律上は男性と認められていない。

日本の性同一性障害者特例法では、「生殖腺の機能を永続的に欠く状態」つまり精管や卵管の切除手術などで生殖能力を失わなければ、戸籍上の性別を変えることができない。

研究調査によると、こうした自主的ではない断種は過去20年間に少なくとも38カ国で行われており、女性やマイノリティーが「悲惨な権利侵害」を受けているという。

BBCは、手術を受けていないため性別を変えられない杉山さん、そして子宮・卵巣摘出手術を受けた井上健斗さんを取材し、日本の法律が2人の人生に与えた影響を聞いた。

撮影:シビラ・パトリツィア、制作:監督・編集:ナタリア・ズオ、エグゼクティブ・プロデューサー:クレア・ウィリアムズ

このドキュメンタリーの全編は4月16日にBBCワールドニュースで放送されます。
nice!(0)  コメント(0) 

お茶の水女子大学・奈良女子大学「トランスジェンダー 学生 受け入れ1年」 [現代の性(性別越境・性別移行)]

4月8日(木)
『赤旗』2021年3月27日「トランスジェンダー 学生 受け入れ1年」
赤旗20210327 (2) - コピー.jpeg
明言はされていないが、お茶の水女子大学も奈良女子大学も、2020年度にトランスジェンダーの入学者があった様子。
いちいち明言する必要もない。

TERF(trans-exclusionary radical feminist=トランスジェンダーを排除する過激派フェミニスト)とその同調者が何を騒ごうが、世の中、概ねまともな方向(トランスジェンダーの人権擁護)に進んでいく。




nice!(0)  コメント(0) 

銀行へ [日常]

4月8日(木)

13時、銀行へ。

銀行って4区分になっている。
手前から奥へATM、普通の窓口、お客様相談コーナー、そしてVIPご相談コーナー。
今日は、いちばん奥のコーナーへ通される。
人生で2回目。

ちゃんとパーテーションで仕切られて小部屋みたいになっている(でも隣のコンサルタントの声がやたら大きく、かなり聞こえる。お客の白髪のおじいさん、耳が遠いのかも)。

投資コンサルタント(女性)を1時間20分も独占していろいろ相談。

でも、きっとさらに奥に超VIP応接コーナーがあるのだと思う。
ということは5段階か。

15時、帰宅。
nice!(0)  コメント(0) 

久しぶりの「丸亀製麺」 [日常(料理・食べ物)]

4月8日(木)
(続き)
12時25分、武蔵小杉駅へ。
昼食は東急口の「丸亀製麺」へ。
久しぶり。
IMG_7319.JPG
例によって、かけ(並)+れんこん天+鶏天(320+110+150=580)。

無料の揚げ玉(関西だと天かす)を山のようにのせる中年男性。
(お金がなくて天麩羅が買えないのではなく、天麩羅に加えてだったので驚いた)
それを横目に、無料の刻み葱を山盛りにする私。



nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -
2021年03月|2021年04月 |- ブログトップ