SSブログ

8月5日(金)松濤美術館に資料を搬入 [性社会史研究(性別越境・同性愛)]

8月5日(金)

渋谷区立松濤美術館に、9月から始まる企画展「装いの力ー異性装の日本史」の展示資料を搬入。

手提げ袋に入れた資料を、担当学芸員さんに「はい。よろしく」と渡して、帰れるかというと、そういう訳にはいかず・・・。

搬入したのは、絵葉書1セット、書籍2点、雑誌3種5点、女装同好会の会誌10冊。
学芸員さん2人がかりで、1点、1点、チェックして、現状(どこに破れがある、傷がある)を記録し、写真を撮る。

「そんなたいした物じゃないから、適当でいいですよ」と言いたいが、一応、学芸員資格を持っているので、この作業が「基本」だということも分かっているので、言えない。

45分後、ようやく「預かり証」をいただく。

で、重要文化財の江戸時代の若衆振袖(東京国立博物館所蔵)と、1960年代の性風俗雑誌『風俗奇譚』や、1990年代の女装雑誌『くいーん』『ひまわり』が同列に(展示資料として)並ぶことになった。


nice!(0)  コメント(0) 

まったく逆コース [日常]

8月5日(金)

渋谷区立松濤美術館に、展示資料を搬入。

いつもは、東急本店通りをトコトコ歩いていくのだが、荷物が重いのと、もしも途中で雨が降ると困るので、渋谷駅西口からタクシーに乗る。

246をどんどん進む。
道玄坂上の交差点も通過。
え~? どこまで行くの?と思ったら、神泉町の交差点で右折して、旧・山手通りに入る。
さらに松濤二丁目の交差点を右折。
左折して横道に入り、美術館前に到着(820円)。

歩いていくのと、まったく逆コースで、長い直角三角形の2辺。
でも、いろいろ規制があるので、車だとこれが正解らしい。

次、タクシーに乗ったら驚かないぞ。


nice!(0)  コメント(0) 

蔦森かおりさんから「出版祝い」をいただく [お仕事(執筆・成果)]

8月5日(金)

琉球大学の蔦森かおりさんから、拙著『歴史の中の多様な「性」』の出版祝いをいただきました。
ありがとうございます。

蔦森さんは1990年代、私が駆け出しのころ、トランスジェンダーの先達として、いつもお背中を追いかけていた方なので、とてもうれしいです。

長らくお会いする機会がありませんが、いつかまたお話すできることがあることを願っています。

「お祝い」は、ありがたく頂戴し、トランスジェンダー関係のクラウド・ファンディングに寄付させていただきます。

【追記】
いただいた「お祝い」は、下記に寄付(各1万円)いたしました。
ありがとうございました。

「東京トランス・マーチ2022」
「トランスジェンダーのリアル」製作実行委員会
nice!(0)  コメント(0)