SSブログ

G7諸国の「超過死亡」グラフ [世相(新型コロナ肺炎関連)]

6月14日(月)

G7開催中のイギリス・BBCテレビで流れたグラフ。
E3x_LnrUYAALXzb.jpeg
新型コロナウィルス感染症が流行し始めた2020年3月から2021年2月までの「超過死亡」のG7各国比較グラフ。
E3z5276VUAA9AIs.jpg
なんと言うか、「一緒に並んで、ごめんなさい、ごめんなさい」のレベル。
日本がG7諸国の中でどれだけとんでもない(論外な)状況だったかよくわかる。
日本のメディアがほとんど報道しない「不都合な真実」。
nice!(0)  コメント(0) 

トランスジェンダーのJOC理事誕生へ [現代の性(性別越境・性別移行)]

6月13日(日)

ビッグニュースだ。
杉山文野.jpg
文野君なら適任だし、良い仕事ができると思う。
以前から「東京オリンピックの開会式で五輪旗もって入場する人の一人は文野君」と言っていたので、実現すればうれしい。

オリンピック憲章は2014年に性的指向による差別を禁じた。
また、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は2017年に制定した「持続可能性に配慮した調達コード」に、性的指向や性自認への差別禁止を記し、明確にLGBTの人権擁護を掲げている。

JOC(日本オリンピック委員会)は、東京オリンピック・パラリンピックを開催するにあたり、それらを遵守する義務がある。

その際、LGBT当事者の意見を無視して運営するのは、まずいと考える。
だから、JOCの理事にLGBT当事者を起用する方向になった。

そうしたら、アスリートとしての実績(元・女子フェンシング日本代表)からしても、LGBT活動家としての実績(TRPの創始者にして現・共同代表)からしても、適任者は杉山文野さんしかいないと思う。

論理的に考えたら、ほとんど自明のことではないか。
なぜ「ピンクウォッシュ」などと思う人がいるのだろう?
------------------------------------------------
トランスジェンダーのJOC理事誕生へ 女性4割も実現

日本オリンピック委員会(JOC)は10日、理事会を開き、自身もトランスジェンダーで、性的少数者への理解を進める国内最大級のイベント「東京レインボープライド」の共同代表理事を務め、かつてフェンシング女子日本代表だった杉山文野氏ら30人の次期理事候補者を承認した。25日の評議員会で正式に選任される。

新任では、柔道でアテネ、北京五輪を連覇した谷本歩実氏やパラリンピアンの田口亜希氏、医師の土肥美智子氏、日本バスケットボール協会長の三屋裕子氏らが入り、女性理事候補は13人となった。外部理事候補も新たに元中国大使の横井裕氏らが入り、8人となった。スポーツ庁が作成した、競技団体の運営指針「ガバナンスコード」で、目標として定められている「女性理事40%以上、外部理事25%以上」を達成する見込みとなった。

JOCは昨年12月に役員候補者選考規定を改定し、理事在任を原則最長5期10年としている。そのため、筑波大教授の山口香氏や福井烈専務理事、日本サッカー協会会長の田嶋幸三副会長らが、今季限りで退任することになった。

理事会では、約10億円の黒字となった2020年度決算も報告された。籾井圭子常務理事は「コロナ禍で多くの事業がキャンセルとなった結果、出費が少なかった」と説明した。

『朝日新聞』2021年6月10日 23時15分
https://www.asahi.com/articles/ASP6B6VQDP6BUTQP02T.html...



nice!(0)  コメント(0) 

Trans-womanのオリンピック出場が実現へ [現代の性(性別越境・性別移行)]

6月13日(日)

Trans-womanのオリンピック出場が実現しそうだ。
それ自体は喜ばしいことだが、同時に女子競技の公平性の確保という観点で難しい問題が生じてくる。
ローレル・ハバード選手.jpg
ローレル・ハバード選手、ランキング7位で出場権獲得ということは、順当ならメダルはともかく入賞ライン(8位)には入ってきそうだ。

この選手は、既存のルールを遵守して出場資格を獲得したわけで、ルール違反をしているわけではない。
むしろ、オリンピックの直前になってルールを変更して排除(出場不可に)するのは、アンフェアーだ。

ただし、前にも書いたが、Trans-womanの女子競技出場についてのIOCの現行の基準(血中テストステロン値の継続的抑制)は、やや甘いと思う。

オリンピック開催の直前になってルールを変えるわけにはいかないが、女子競技の公平性の維持という観点からして、東京オリンピックの状況をみて改訂されるべきだろう。

たとえ話をすると、私が町内ボーリング大会・高齢女性の部に出場して、たまたま調子が良く3位に入り、台所洗剤2本の賞品をもらうことになったら、やはり辞退する。

女性ホルモン投与ではほとんど変わらない、身体(体格)の大きさ、とりわけ骨格の優位さなどアンフェアーな要素があることを自覚していたら、賞品もらうわけにはいかない。

競技スポーツにおける公平性って、なにより重要なものだと思う。

-----------------------------------------
トランスジェンダー選手、五輪へ

国際重量挙げ連盟(IWF)は11日、東京五輪の出場権獲得選手を発表し、女子87キロ超級で、性別適合手術で男子から女子に性別を転換したローレル・ハバード(ニュージーランド)が入った。トランスジェンダーの選手が五輪に出場するのは初めてとなる。

43歳のハバードは、2013年に性別適合手術を受けるまでは男子として競技をしていた。今後、ニュージーランド・オリンピック委員会が、付与された出場権の行使を確認するなどの手続きを経て正式決定となる。

ライバルとなる一部選手からは、同選手の身体的優位性を指摘し「競技が公平でなくなる」といった不満も出ている。(共同)

『朝日新聞』2021年6月12日 23時36分
https://www.asahi.com/articles/GCO2021061201000882.html
-----------------------------------------
<解説>「自分らしく」広がる議論 重量挙げNZ女子選手、五輪へ

重量挙げ女子87キロ超級のローレル・ハバード(ニュージーランド)が、性別の変更を公表したアスリートとして史上初めて五輪出場権を獲得した。ジェンダー平等の意味や自分らしく生きることの価値について議論が広がりそうだ。▼社会面参照
ニュージーランド五輪委員会などが支援する一方、ハバードは国内外から批判を受けている。ニュージーランドは性的少数者が社会的に認められた国だが、女性の権利を主張する団体は、ハバードが女子で競技することを非難している。

ニュージーランドの公共放送の取材にハバードは「自分は自分。他人の意見を変えるつもりはない」と語ったことがある。2019年世界選手権で朝日新聞社の取材に「東京五輪に出たい」と話したが、性別変更については口を閉ざした。

重量挙げニュージーランド代表のコーチは「男子が女子になれば勝てるという単純な話ではない」。ホルモン治療を受けたトランスジェンダー女性が競技上有利という科学的根拠は、既存の研究を網羅した分析で見つかっておらず、IOCをはじめスポーツ科学の権威は、身長や筋肉の量など外見の違いを「個人差」とみなしている。(忠鉢信一)

『朝日新聞』2021年6月13日 5時00分
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14938181.html?pn=2


nice!(0)  コメント(0) 

6月13日(日)疲労残りで休養 [日常]

6月13日(日)  曇り  東京  28.1度  湿度58%(15時)

11時、起床。
朝食は、マンゴーデニッシュとコーヒー。
210613 (1).JPG
さすがに疲労残りで、昼間はごろごろ過ごす。

昼食は、サンドイッチ少し。
210613 (2).JPG
さくらんぼう。
210613 (3).JPG
夕食は、牛肉を焼く。
210613 (4).JPG
生野菜。
210613 (5).JPG

夜中、リアクション・コメントを読む。

就寝、5時。
nice!(0)  コメント(0) 

武庫川女子大学教育研究所学術講演会 [お仕事(講義・講演)]

6月12日(金)

11時15分、武庫川女子大学へ。

14時~、「本番」の武庫川女子大学教育研究所の学術講演会で講演。
「LGBT+とAllyのための大学教育~女子大におけるダイバーシティの実現~」
本来「学外にも公開」のはずが「緊急事態宣言」下のため、対面は学内関係者に限定。
対面30人+オンライン90人ほど。

副学長さんはじめ学内関係者、かなりインパクトがあった様子。

最初にお声をかけていただいてから、足かけ3年。
「コロナ禍」の中、延期、延期、制約で大変だったが、
中尾賀要子さん(教育研究所准教授)はじめ、粘り強く実現にこぎつけてくださった関係者の皆さんに心から感謝。

18時33分新大阪駅発の「のぞみ」に乗車。
さすがに疲れて、車中は熟睡。

21時半、帰宅。

nice!(0)  コメント(0) 

武庫川女子大学大学院で特別講義 [お仕事(講義・講演)]

6月11日(金)

18時~20時、武庫川女子大学大学院で特別講義。
「トランスジェンダーと社会ー性別越境文化の普遍性ー」。
対面とオンライン合わせて30人ほど。
やっぱり「ポカ~ン」とされてしまったようだけど、それでもけっこう質問も出て、「前座」としてはそれなりの反応。

20時半、辞去。
中尾賀要子准教授の車でホテルまで送っていただく。

明日の「本番」に備えて、早寝。

就寝、1時。
nice!(0)  コメント(0) 

6月11日(金)1年半ぶりの関西出張 [旅]

6月11日(金)

8時半、起床。
10時半、家を出る。

1年半ぶりの関西出張。
新横浜駅11時48分初の「のぞみ27号」に乗車。
名古屋駅を過ぎて昼食。
好物の「深川めし」(1000円)。
IMG_7898.JPG
「ハゼがにゃい!」
2匹のっていたハゼの甘露煮がなくなっている。

その代わり、浅蜊の剥き身が少し増え、海苔の佃煮とおかかがのっている。
やはりハゼの安定供給が難しくなったのだろ
う。
右側の付け合わせも、小茄子の辛子漬けがなくなり、小さな玉子焼きに代わった。
世の中の移り変わりで、仕様変更していくのは仕方ないが、たぶん30年くらい食べ続けてきたファンとしては、ハゼがいなくなったのは寂しい。
190724-220(1)-f1ad7.jpeg
↑ ハゼがいる2020年1月の「深川めし」。

14時14分、新大阪駅に到着。
在来線で大阪駅へ。
今回の出張先の武庫川女子大学(兵庫県西宮市)は阪神電車の沿線にある。
で、今回、阪神電車に初めて乗った。
大阪には何度も行っているし、梅田の地下街に阪神電車の改札口があるのは、前を通過していて知っていたが・・・。
要は、阪神沿線にまったく用がなかったのだ。

イメージでは、黄色と黒の縦縞塗装の電車に乗るのかと思ったら、違った。
都会の私鉄によくある普通の銀色の電車だった。
IMG_7899.JPG

特急に乗ったので、あっという間に、大阪府と兵庫県の境を越えて、大学がとってくれたホテルがある甲子園駅で下車。
IMG_7900.JPG
駅前、広く整備されている。
IMG_7904.JPG
で、甲子園球場はどこだ?
周囲を見回しても、それらしいものが見えない。
首を傾げながら、ホテルに向かう。

武庫川女子大学がとってくれたホテルは甲子園駅から徒歩3分の「ヒューイット甲子園」。
想像していたよりちゃんとしたホテル。
IMG_7903.JPG
私が自分で予約するより2つくらいグレードが上だろう。

荷物を預けるだけのつもりだったが、「チェックインできます」とのことなので、12階のお部屋へ。
おおっ、デラックス・ツインではないですか。
IMG_7902.JPG
もったいない、ありがたい。

後で調べたら、コロナ禍で宿泊客が激減し、ダンピング中らしい。たしかに金曜日なのに関内は閑散としていた。

50分ほど時間の余裕があったので、目覚ましをかけて、ちょっと仮眠。
(続く)
nice!(0)  コメント(0) 

6月10日(木)超久しぶりの関西出張 [お仕事(講義・講演)]

6月10日(木)

11時、起床。
朝食は、クリームロールとコーヒー。
210610 (1).JPG
昼食は、レーズンクリームサンド。
210610 (2).JPG
午後、明日(11日)からの関西出張の準備。
2020年1月以来だから、超久しぶり(1年半ぶり)。

11日(金)の夜に武庫川女子大学(兵庫県西宮市)の大学院で特別講義。
12日(土)の午後に、同大学教育研究所の学術講演会で講演。

どちらも2020年度の予定が「コロナ禍」で延期になり、依頼が来てから1年半以上経って、ようやく実現する。

ほんとうは、大阪でもう1泊して、遊んできたかったが、まだ「緊急事態宣言」中で店が開いていない。
残念だけど、おとなしく帰るしかない。

夕食は、麻婆豆腐を作る。なぜかズッキーニ入り。
210610 (3).JPG
胡瓜と茄子の塩もみ。
210610 (4).JPG

明日は早起きなので早寝。
就寝、2時。
nice!(0)  コメント(0) 

前週比-69人(-13.6%) [世相(新型コロナ肺炎関連)]

6月10日(木)

東京都の木曜日の感染確認数。
4月15日  729人
  22日  861人
  29日 1027人
5月6日  591人
  13日 1010人
  20日  843人
  27日  684人
6月3日  508人
  10日  439人

前週6月3日との比較で、-69人(-13.6%)。
1週間でいちばん多くなる(傾向がある)木曜日で、400人台。
3月末の水準。
少なくとも直近で500人を超える日はないだろう。

実効再生産数Rtは、0.871[右斜め上](前日0.855)。
陽性率は4.3%→。



nice!(0)  コメント(0) 

ワクチン副反応、その後 [日常]

6月10日(木)

ワクチン接種した左腕、ほぼ2日経ってもまだ痛い。
さすがにいちばん痛いとき(昨日)よりは和らいできたけど。

これだけ副反応が出るということは、私の免疫系、ちゃんと働いているということ。

免疫が衰えた高齢者だと、ワクチンを接種しても、免疫系が反応しないから、副反応も起こらない(つまり効かない)。

でも、これだけしっかり免疫系が反応するということは、一般的に副反応が強く出るという2回目がちょっと不安。
nice!(0)  コメント(0)