So-net無料ブログ作成

夜なべ仕事 [日常]

8月30日(金)

夜中、明日(31日)のドキュメンタリー映像「GID/GD/トランスジェンダーの過去・現在」のインタビュー撮影に備えて、質問要旨へのお返事を書き終える(約2000字)。

今日は、午前中のファイルの片付けと、午後のハードなマッサージの反動で疲れたので、少し早寝する。

就寝、2時半。

nice!(0)  コメント(0) 

同性への性的指向、特定の遺伝子なし [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

8月30日(金)

同性愛を発現する特定(単一)遺伝子がないという結果は、予想通り。

今後の関心は、どういう機序(仕組み)で同性愛が発現するのか?になる。
複数の影響が弱い遺伝子の複合的作用なのか、それとも遺伝子ではない別の作用なのか。

-----------------------------------------
同性への性的指向、特定の遺伝子なし 国際研究チーム

人間の性的指向と遺伝子の関わりについて、国際研究チームが約47万人の遺伝情報(ゲノム)を調べたところ、同性との性的行為に強く関わる単一の遺伝子は存在しないことが確認された。専門家は「性的指向は遺伝よりも、様々な要因が影響していることが示された」としている。

論文は29日、米科学誌「サイエンス」に掲載された。豪クイーンズランド大などのチームは、英バイオバンクや米企業が持つ両国など約47万人分のゲノムデータを元に、「同性と性的行為をした」などと答えた人と、そうでない人との違いを見た。

その結果、同性との性的行為に強く影響を与える単一の遺伝子は見つからなかった。一方、同性と性的行為をしない人との間には、一つ一つの影響は弱いゲノムの違いが5カ所見つかった。さらに微弱なものは多数あるとみられる。

こうした結果を元に遺伝子の影響を推定すると、英国で約8%、米国で約24%だった。過去の小規模な研究の結果とほぼ同じ傾向だった。

研究に関わった米ブロード研究所のベンジャミン・ニール氏は「今回の結果は(全体の結果を表すもので)一人ひとりの性的行為を推測するものではない」としている。

ゲノム解析に詳しい東京大大学院の鎌谷洋一郎教授は「同性間の性的行為は、身長や知能などと同様に、個々には効果が弱いものの非常に多くの遺伝因子が関わる『複雑形質』であることが改めて示された。ただ、今回の研究ですべてが明らかになったわけではない。欧米人のゲノムを解析した結果が日本人にそのままあてはまるわけでもないだろう」と話している。

『朝日新聞』2019年8月30日03時00分
https://digital.asahi.com/articles/ASM8X7FY3M8XULBJ01Q.html?rm=493

-----------------------------------------
“同性愛遺伝子”存在せず 国際的なグループが発表

同性と性的行為をしたことがあると答えた人50万人を対象に遺伝子を分析した結果、人の性的指向に強く関わる特定の遺伝子は存在しないとする研究結果を国際的なグループが発表しました。人の性的指向は複数の遺伝子や環境などの要因で決まるとしています。

アメリカのマサチューセッツ総合病院やオーストラリアのクイーンズ大学などのグループは研究機関などが保管している遺伝子のデータを使って、事前のアンケート調査で同性と性的行為をしたことがあると答えた人の遺伝子データおよそ50万人分をゲノムワイド関連解析という手法を使って分析しました。

その結果、同性との性的行為に統計的にみて関連する可能性がある遺伝子が、男性の薄毛に関する部位や、匂いに関する部位などに5つ、見つかりましたが、その役割は限定されていて、グループでは人の性的指向に強く関わる特定の遺伝子は存在しないと結論付けました。

これについてグループは「ほかの多くの人間の行動と同じく、性的指向も、遺伝的な要因と環境的な要因が複雑に結び付いて起きていることが改めて示唆された」と話していて、遺伝子の分析から人の性的指向を予測するのは不可能だとしています。

また性的マイノリティについての知識の啓発を行うNPO、GLAADは「研究結果は性的マイノリティのアイデンティティを議論するためのものではない」としたうえで、「今回の研究によって同性愛は人間にとって自然なことだという、さらなる証拠が示された」とするコメントを出しました。

この論文は今月30日付のアメリカの科学雑誌、サイエンスに掲載されます。


「NHKニュース」2019年8月30日 13時22分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190830/k10012056671000.html
nice!(0)  コメント(0) 

8月30日(金)今日はけっこう痛かった [日常(通院)]

8月30日(金)  曇り  東京  28.0度  湿度82%(15時)

10時、起床。
朝食はダークチェリーパイとコーヒー。
190830-1 (1).JPG
カツサンド(1切れ)。
190830-1 (2).JPG

午前中、ファイルの仕分け・片付け。
だいたい半年に1度(春休みと夏休み)する作業だけど、年々大変になっている。
それだけ仕事量が増えているということ。

昼食は、残りご飯と小肌。
190830-2.JPG

14時半、家を出る。
東急東横線で渋谷に出る。

渋谷駅南口、広域再開発工事で、なんとなく埃っぽい。
IMG_9706.JPG

16時前、桜丘町の「東洋気功整体院」へ。
今週は足の状態が良くない。
左足の脹脛(アキレス腱の上部)、右足全体の張りが強く、解してもらうのに、痛くて大変だった。
7月くらいから、まずまずの状態が続いていたのに、また逆戻り。

17時45分、辞去。


nice!(0)  コメント(0) 

シリーズ「薩摩(鹿児島)と男色」(その1)寺門静軒『江戸繁昌記』 [性社会史研究(性別越境・同性愛)]

8月29日(木)

シリーズ「薩摩(鹿児島)と男色」(その1)

(1)寺門静軒(てらかどせいけん)
 『江戸繁昌記』第二篇(1834年=天保5年刊)神明の章

江戸における陰間茶屋の三大集中地の1つ「芝神明前」の記述に、陰間の客として薩摩藩の勤番武士が出てくる。
芝と薩摩藩邸があった高輪は程近く、男色好きの薩摩武士は常客だったが、田舎者で上客ではなかった。

藩主に従って帰国する勤番武士が馴染みの陰間に語り掛ける。
「このたびかねての約束を破らざるを得なくなった。引き続いて義兄弟でいることができない。帰国しなければならないのだ。短くてもよいから手紙をくれ。たとえ国元にビイドロを逆さにしたような首筋がほっそりして透き通るように色が白い美しい女がいたとしても、決してお前の美貌と見替えるようなことはしない。来年、任務が交代すれば、きっと戻ってくる。その時は薩摩上布を土産に包んでこようか、それとも墨と筆がいいか、名高い国分の煙草か、茶か、国の産物はいろいろある。お前が欲しいものを持参しよう。」

それに対して、陰間は、心中冷笑しながら、
「ふん、声も悪いし言ってることも煩わしい。そんなこと聞きたくもないわ。今のことで手いっぱいで、来年ことなんて知ったこっちゃない。欲しいのはお金だけよ」

薩摩武士の誠意も、すれっからしの江戸の陰間からしたら野暮の骨頂で、ちょっとかわいそうなくらい、相手にされていない。

nice!(0)  コメント(0) 

8月29日(木)都立中央図書館へ [お仕事(調査)]

8月29日(木)  晴れ  東京  34.6度  湿度60%(15時)

11時、起床
甘栗デニッシュとコーヒー。
190829-3.JPG

夏が少し戻ってきた分、心身の調子、やや回復。
足の具合もまずまず。

東急東横線から東京メトロ日比谷線に乗り換え、広尾駅へ。

久しぶりに都立中央図書館へ。
IMG_9695.JPG
有栖川の森、蝉の声がすごい。
私には4種類くらい聞き分けられる。
(帰路にもう1種類)
IMG_9698 - コピー.JPG
3時間ほど調べ物と資料複写。

途中、蔵書検索&請求システムが全部「調整中(ダウン)」になる。
いったい何が起こったんだ?
開館中にシステム変更でもしたのか?
まあ、ほぼ用事が終わっていたから影響は少なかったけど。

17時、退館。

「Segafredo」で休憩。
IMG_9700.JPG
レバーパテサンド&アイスコーヒー。
ちょっと高いけど(1040円)、おいしい。

自宅最寄り駅前の「ドトール」で家猫さんと待ち合わせ。
一緒に帰る。

19時、帰宅。

夕食は、牛肉のステーキ。
190829-3.JPG
オクラとニンニクのソース。

ちょっと疲れたので、少し早寝。
就寝、2時。

nice!(0)  コメント(0) 

東京区部の平均寿命(男性)の東西格差 [世相]

8月29日(木)

テレビ朝日「モーニングショー」そもそも総研「健康格=健康や寿命も収入次第なの?」
EDGRcPWVAAERoX9.jpg
玉川徹氏のまとめ「いま貧しい人については、最低限の状態にまで社会的に引き上げることが大事。20年30年後のことを考えれば、もっと大事なのは教育。教育を貧困と切り離すことです」
----------------------------
以下、私見。

昨日も、アメリカ白人社会の「短命化」をテーマにしたBBCの動画があったが、日本(東京)においても平均寿命の格差(西高東低)がはっきり出ている。
https://www.bbc.com/japanese/video-49479462?fbclid=IwAR00uZMHjNnHbrQZidtZylzASjksOMF6If-AO3lc3BqJ27t8zQkAqlEmKW0

それにしても、同じ東京区部で平均寿命(男性)が3歳以上も違うというのは驚き。
東部の区の状況は、全国ワースト2(短命)の秋田県に近い(ちなみにワースト1は青森県)。

教育の格差が、健康や栄養についての知識の欠落、自己節制意識の低さになり、それが短命化をもたらす。

わかりやすく言えば、ポテトチップス(炭水化物と油脂)をコーラで流し込むような、食生活が身体に悪いという知識がなく生活習慣化していたら、短命になるのは当たり前。

nice!(0)  コメント(0) 

性別変更「同意なく明かされた」 勤務先の病院提訴へ [現代の性(性別越境・性別移行)]

8月29日(木)

この事例、幸いにも飛び降り自殺が未遂だったけど、もし不幸にして既遂だったら、典型的なトランスジェンダーに対する「差別が人を殺す」事例だ。

この1年以上、Twitterでトランスジェンダー女性の排除に血道をあげている「フェミニスト」女性たちは、こうの事例をどう考えるのだろうか?
たとえ何人が死んでも、トランスジェンダー女性の排除を続けるのだろうか?
それこそ「人でなし」の所業だろう。

原告弁護人は、仲岡しゅんさん。
応援しています。
K10012056581_1908301231_1908301243_01_02.jpg
-------------------------------------
性別変更「同意なく明かされた」 勤務先の病院提訴へ

性同一性障害で性別を変えたことを勤務先の病院で同意なく明かされ、同僚らの言動で精神的な苦痛を受けたとして、大阪市の女性(48)が30日、病院を運営する医療法人に慰謝料など約1200万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こす。女性側代理人の弁護士らによると、他人の性に関する情報を同意なく明かす「アウティング」をめぐる訴訟は珍しいという。

女性側代理人の仲岡しゅん弁護士(大阪弁護士会)によると、原告は男性として生きることに違和感を覚え、20代で性別適合手術を受けた。2004年に性同一性障害特例法に基づいて戸籍の性別を女性に改め、05年に家裁に申し立てて名前も変えた。13年10月、大阪府内の病院で看護助手として働き始めた。

訴状によると、原告は働き始めて約2週間後、看護部長から「元男性」と明かしていいかを聞かれ、「すでに戸籍も体も変わっているし、必要はないのでは」と伝えた。しかし、医療に携わる者同士だから問題ないとして、同僚たちの前で明かされたという。

その後、同僚らから、原告が女性更衣室を使うことを「気持ち悪い」などと言われた▽体を見せるよう求められた▽結婚して夫の姓に変わった際、中傷された――などと主張。こうした行為による精神的苦痛が積み重なり、原告は今年2月、病院6階から飛び降り自殺を図り、肋骨(ろっこつ)やかかとを骨折したという。

原告側は「本人の意に反して性別変更を明かすことは許されず、従業員への適切な指導も怠った」と訴えている。病院側代理人の弁護士は「損害賠償請求や提訴の予告を受けておらず、主張を把握していない」などとしている。(大貫聡子)

「アウティング」防止、国も動く
自分の性をどう認識しているか(性自認)、どんな人に恋愛感情を抱くか(性的指向)について、他者が本人の意思に反して明かす「アウティング」。原告は「人格を否定され、嫌がらせを受けて本当に苦しかった」と主張する。

東京都国立市は昨年4月、こうした行為を禁じる条例を施行。厚生労働省も防止に力を入れ、今年5月には改正労働施策総合推進法が成立した。企業に具体的な防止策を求めることになり、その指針ではアウティングをパワハラ行為の一つとして記す方針だ。

性的マイノリティーの問題に詳しい金沢大の谷口洋幸准教授は「性自認や性的指向は、他人がみだりに踏み込んではいけない領域。望まない公開をされて、聞かれたくない質問をされて嫌な思いをする人は少なくない」と指摘している。

アウティングをめぐっては、同性愛者であることを同級生に暴露された後、建物から転落死した一橋大学法科大学院生の男性の両親が、同大学に損害賠償を求めて提訴。今年2月の東京地裁判決は「安全や教育環境への配慮義務に違反したとは認められない」と両親の請求を棄却した。両親は当初、アウティングをした同級生も提訴したが、和解していた。

『朝日新聞』2019年8月29日13時00分
ttps://digital.asahi.com/articles/ASM8K3JX6M8KPLZB001.html?rm=690

-------------------------------------
看護助手の女性 性別変更を同意なく明かされ 提訴 大阪

性同一性障害で、性別を変えた大阪の看護助手の女性が、勤務先の病院の上司に、元男性であることを同意なく職場で明かされ精神的苦痛を受けたなどとして、病院を運営する医療法人に慰謝料などを求める訴えを大阪地方裁判所に起こしました。

訴えを起こしたのは大阪 吹田市の病院に勤務する48歳の看護助手の女性です。

訴えによりますと、女性は心と体の性が一致しない性同一性障害と診断され、20代で性別の適合手術を受け、その後、戸籍上の性別を改めました。

6年前、大阪 吹田市の病院で看護助手として働き始めましたが、上司から元男性であることを職場で公表するよう要求され、拒否したところ、同意なく明かされたということです。

その後、女性更衣室を利用する際、同僚から「気持ち悪い」とか、「体を見せてほしい」などと言われ、精神的な苦痛からことし2月、飛び降り自殺を図り、大けがをしたということです。

このため女性は「病院側は、ハラスメントが生じないようにするための従業員への教育や指導を怠った」と主張し、病院を運営する医療法人に慰謝料などおよそ1200万円の賠償を求めています。

女性の代理人を務める仲岡しゅん弁護士は「原告の女性はいまも治療中で働けない状態が続いていて、『非常につらく、こういった差別がない社会にしたい』と訴えている」と話しています。

一方、医療法人側は「訴状の内容を確認したうえで誠実かつ適切に対応したいと考えています」などとコメントしています。

「NHKニュース」2019年8月30日 12時43分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190830/k10012056581000.html?fbclid=IwAR3C1csrKU2ZHwu3LX0emy07ZoxYHu__DIPVwuRFSMWloUADx6sd24JAk3U
nice!(0)  コメント(0) 

8月28日(水)駄目駄目な日 [日常]

8月28日(水)  雨  東京  28.1度  湿度95%(15時)

10時、起床。
朝食は、アマンドショコラとコーヒー。
190828 (1).JPG

夏が終わりかけて、湿度が高くなったせいか、高湿度が苦手な私は月曜日あたりから、心身低調。

月曜日は頑張って美容院に行き、火曜日は頑張って論文の初校を片付けた。
でも、今日、水曜日は頑張れないくらい低調。

昼食は残りご飯に、残り物のグリーンカレー、麻婆豆腐。
190828 (2).JPG190828 (3).JPG

夕食は、OGビーフのステーキ。
190828 (4).JPG
270gもあるので家族3人で分ける。
190828 (6).JPG

それと、海鞘の酢醤油付け。
190828 (7).JPG

結局、ちょっと調べものをした以外は、一日中、ダラダラ過ごす。
本当に駄目駄目だった。
明日は、雨は止むみたいなので、回復したい。

就寝、2時半。
nice!(0)  コメント(0) 

九州北部、記録的な大雨 [天文・気象・生物]

8月28日(水)

8月28日(水)

秋雨前線にそって線状降水帯が発生し、九州北部で記録的な大雨。

佐賀市を含む筑後川下流域の筑後平野はほんとうに真っ平。
もともと有明海沿岸の低湿地を干拓して平野にしたような所だから、水はけが良いはずがない。

想定外の大雨が降ったら、広域に浸水・水没するのは、容易に想像できる。

以前にも書いたけど、私は山間の河岸段丘の街に生まれ育ったので、どんなに大雨が降っても、水はたちまち坂を流れ下って、街の下を流れる峡谷に吸い込まれてしまう。
水が溢れるということが理解できなかった。

それから何十年か経って、多摩川の河原に住むようになり、2007年の多摩川大増水を経験して、やっと洪水の恐ろしさが実感できるようになった。
ともかく。大事なのは、情報の的確な収集、早期の避難だと思う。

nice!(0)  コメント(0) 

8月27日(火)論文の初校ゲラをチェック [日常]

8月27日(火)  曇り  東京  29.4度  湿度77%(15時)

10時半、起床。
朝食は、マンゴーデニッシュ(崩壊)とコーヒー。
190827 (1).JPG

昼食は、残りご飯にグリーンカレー(チキン)。
190827 (2).JPG

午後、論文「LGBTと法律 日本における性別移行法をめぐる諸問題」の初校校正。
締切りはまだだけど、夕方までかけて片付けてしまう。

夕食は、「学大市場」の「日本一」の焼き鳥。
190827 (5).JPG
↑ 左から、砂肝、鶏皮、つくね、ボンジリ。
平茸と卵のお汁。
190827 (3).JPG

今日は、体調、やや低下。
夜は、仕事をしないで、のんびり過ごす。
nice!(0)  コメント(0)