SSブログ
2024年05月| 2024年06月 |- ブログトップ
前の10件 | -

ボディコン・ワンピースの背景 [生活文化・食文化・ファッション文化論]

6月13日(木)

1990年代のバブル崩壊期のディスコファッションとして身体のラインが出るボディコンシャスな服が流行った背景には、伸縮性に富んだスパンディング素材の導入がある。
ボディコン・ファッション1(1993) 3.jpg
ボディコン・ファッション4(1993).jpg
↑ 私が着ているボディコンワンピース(1993年)はどちらも、かなりの伸縮素材。

人間、とりわけ女性の身体には凹凸があるので、スパンディング素材がない時代に、身体ラインにぴったりした衣服を作ろうとすると、丁寧に採寸して、立体裁断・縫製をしなければならなかった。

しかも、そのままでは脱ぎ着ができないので、背中などを開いて、着た後にファスナーで閉じるという操作が必要だった。

それがスパンディング素材の導入で、頭からすっぽり被れば、あるいは下から引き上げれば、誰でもボディコンシャスなワンピースを着られるようになった。

実 は、1980年代のバブル全盛期のディスコファッションは、それほどボディコンシャスではない。
ちょうど1990年前後を境に、衣料素材の変化があったということ。

Fashion3.jpg Outdoor33.jpg
↑ 2000年代の欧米のボディコンファッション。
見事にボディラインが演出されている。
nice!(0)  コメント(0) 

サイドが開くボディコンミニ(その2) [生活文化・食文化・ファッション文化論]

6月13日(木)

バブル崩壊期、1992~93年頃のディスコファッション、サイドが開いているボディコンミニは、通常の下着が着けられない。
930203-3.jpg
ブラジャーのサイド部分やショーツの紐がみえてしまうからだ。

で、どうしたかというと、特殊な形状の下着?を着けていた。
ブラは、乳房に直接貼り付けてリフトする「ヌーブラ」。
ヌーブラ.jpg
ショーツは「Cッッストリングス」という、下着と言えるのか?と思う不思議なものを着けていた(らしい)。
Cストリングス.jpeg

私はどうしていたかというと・・・。
胸はシリコン製の偽乳を接着剤で直接貼り付けていた。

股間はいわゆる「前バリ」。
ガーゼを三角形にたたんで脱脂綿を当てて、それを粘着テープで股間に装着していた。
これは、おしっこに行けないので、耐久時間は長くない。
あと、接着剤や粘着テープはけっこうかぶれる。

今にして思うと、なんでこんなことしてたのだろう?と思うけど、そういう時代だったのだ。



nice!(0)  コメント(0) 

サイドが開くボディコンミニ(その1) [生活文化・食文化・ファッション文化論]

6月13日(木)

バブル崩壊期、1992~93年頃のディスコファッションは、ボディコンミニの裾丈が極限的に短くなって、もうこれ以上は無理状態になると、なぜかサイドが開き始めた。

ボディコン・ファッション1(1993) (2).jpg
↑ 私が着ているワンピース(1993年)は、裾から腰骨のあたりまで、そして両袖のサイドが金属リングになっている。

ボディコン・ファッション2(1992~93) (2).jpg
↑ この女性のワンピース(1992年)が典型的で文字通りサイドに穴が開いているデザイン。

ボディコン・ファッション3(1993年後半) (2) - コピー.jpg
↑ この女性のワンピース(1993年)など、前身頃と後身頃がほとんど分離してい手、紐でつなげている。

こういうファッション、欧米にもあるのか?と思い、ファッション画像のコレクションを探してみたが、ほとんど見当たらない。

Fashion131-2.jpg
↑ この女性の白いワンピース、片方のウェストが開いているが、デザイン的になんか違うように思う。

さらに探したら、デザイン的に似ているのを見つけた。
Karla Carrillo 1.jpg
Karla Carrillo というshemaleのお姐さん。
ただし、これから男性と遊ぶ(Sexする)状況なので、服というよりランジェリーなのかも。

結論的に、サイドが開くボディコンミニは、日本独自の進化ということで、いいように思う。

nice!(0)  コメント(0) 

『週刊新潮』2024年6月13日号にコメント [お仕事(出演・取材協力)]

6月13日(木)

『週刊新潮』2024年6月13日号 ワイド特集「カメラの裏側」。
「『虎に翼』「土屋志央梨」演じる”男装の麗人”は実在したのか?」
IMG_9143.JPG
1頁ほどの記事で、4分の1くらいが私のコメント(笑)
--------------------------
 性社会文化史の研究者で明治大学非常勤講師の三橋順子氏に訊ねると、
「明治期から戦前にかけて女性の男装には3つのパターンがあっりました。1つ目は〝防御としての男装〟で、これは主に男性の性的な視線や性暴力から身を護るため。たとえば、絵を嗜む女性が郊外まで風景をスケッチしに出かける時に、男装していたという記録が残っています」
 2つ目は〝社会に参加するための男装〟で、
「これは政治活動などの男性が圧倒的多数を占めていた分野に、女性が潜り込む術だったとされています。そして、3つ目はトランスジェンダーの方々の男装で、やはりこちらも一定数が存在していました」(同)

 ならば、よねの男装はどれに該当するのか。
「今のところの彼女は、その悲しい過去を踏まえれば、1つ目のパターンです。ただし、司法試験に受かるなどして社会に進出していけば、2つ目の意味合いが大きくなるでしょう。いずれにしても、よねの男装は史実をきちんと反映しており、かつ、女性の社会進出という物語のテーマにも沿っている。巧みなキャラクター設定だ思います」(同)

nice!(0)  コメント(0) 

6月12日(水)突然の停電 [日常]

6月12日(水)

13時半頃、予告なく停電。
ご近所の人も騒いでいたので、自宅だけでなく、地域ぐるみ。

インターネットも使えないので、昼寝していたら、1時間半ほどで復旧。

後で調べたら、これだった。

2024/06/12 13:39~15:02 神奈川県 川崎市中原区 約360軒 弊社設備のトラブル

驚いたけど、被害はなかったので。まあいい。
nice!(0)  コメント(0) 

薬物まみれ [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

6月12日(水)

「かなざわにじのま」事件の元・事務局長、覚醒剤のほかに指定薬物3種を所持していたとのこと。

事情通の人によれば、おそらく1つは「ラッシュ」(亜硝酸イソプロピル:ゲイの人たちが性行為の際に多用する興奮剤)、もう1つは「フォクシー」(5-メトキシ-N,N-ジイソプロピルトリプタミン:性感を高める幻覚剤)ではないかとのこと。

ともかく、薬物まみれ。
nice!(0)  コメント(0) 

「・・・ですが・・・」構文 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

6月12日(水)

この「・・・ですが・・・」構文、犯罪責任を回避する際に、いろいろ使えそう。

たとえば
「飲酒運転で児童を殺傷してしまったのは犯罪ですが、それを引き起こしたアルコール依存症は国際的に認められている心の病気です。適切な治療が必要になります」
みたいに。

なぜ「犯罪です」と言い切れないのか?
それで犯罪責任が回避できると思っているのなら、実におめでたいことだ。
---------------------------
東京レインボープライド #TRP
@Tokyo_R_Pride
プライドコミュニティの元スタッフが覚醒剤取締法違反で逮捕された旨、大変残念に感じています。
薬物乱用は犯罪ですが、それを引き起こす薬物依存症は国際的に認められている心の病気です。適切な治療が必要となります。…

nice!(0)  コメント(0) 

女性の行動を制約する衣服 [生活文化・食文化・ファッション文化論]

6月12日(水)

以前(10年前)、資料として集めたフェティッシュ・ファッションの画像。
Latex20.jpg
この女性のポーズがずっと不思議だった。

画像処理を変えたら、モデルさんが挙げている右手は、天井に着いているのがわかった。
つまり、つっかえ棒にして身体を支えている。

この接地面積ではそうでもしないと立っていられない。

Latex7.jpg
こちらの画像の女性も同様で、左右の壁に手を突っ張って、姿勢を保っている。

問題は、そんなことをしないと、立ち姿勢を保てないような身動き不自由なファッションをなぜする(させる)のか? そうした欲望はどこから来るのか? ということ。

端的に言えば、女性の行動を制約(身動きを不自由にする)する欲望。

衣服(靴を含む)や身体変工がそうした欲望の道具になっている。

念のため付け加えると、このモデルさん2人は生得的女性です(たぶん)。



nice!(0)  コメント(0) 

それで済むなら、おめでたい [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

6月11日(火)

私が6年ほどを過ごした1990年代の新宿歌舞伎町は、覚醒剤(シャブ)の売人がうろちょろしている世
界。
手に入れようと思えば、すぐに白い粉が入った小さなポリ袋が配達される。

そんな環境でも99%以上の人は覚醒剤には手を出さない。

なぜなら多くの人が、シャブ中を自分の目で見ているから。
「シャブはヤバいよ。ああなったら人間お仕舞いだよ」
私のような安酒場のホステスでも、シャブは怖いということを理屈じゃなくこの目で見て知っている。

そんな環境でシャブにはまってしまうのは、自尊心・自制心や遵法意識が低い人。
ある意味、端から壊れている人。
その点では、弱い。可哀相な人。
そういう人がシャブにはまって、さらに壊れていく。

「薬物依存症は病気なのだから治療を優先すべきだ」
というのは正論だ。
それで済むなら、おめでたい。
だけど、現実には、治療はかなり難しい。
「薬」を完全に抜くのは容易なことではない。
覚醒剤使用の再犯率の高さがそれを物語っている。

執行猶予がついたからといって、「おかえりなさい」とコミュニティに迎え入れるのは、あまりに安易。
執行猶予期間の4年くらい、山岳修験の道場として名高い、白山に籠って、精神を鍛え直して欲しい。



nice!(0)  コメント(0) 

「金沢レインボープライド」の元事局長に懲役2年・執行猶予4年 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

6月11日(火)

「金沢レインボープライド」の元事局長が、3月下旬、金沢市池田町にある交流施設「かなざわにじのま」で覚醒剤を使用し、覚醒剤取締法違反(所持・使用)に問われた裁判。

金沢地方裁判所が、被告の男性(50)に、懲役2年・執行猶予4年(求刑は懲役2年)の判決。

初犯のわりには、やや重い。
常習性が考慮されたと思われる。

-------------------------------
LGBTQ支援団体の元事務局長 覚醒剤使用で執行猶予付き判決

LGBTQなどの性的マイノリティーの交流施設を運営する団体の事務局長だった男が覚醒剤を使用した罪に問われた裁判で、金沢地裁は執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。

「金沢レインボープライド」の元事務局長で、白山市横江町の奥村兼之助被告(50)は、3月下旬、金沢市池田町にある交流施設「かなざわにじのま」で覚醒剤を使用したなどの罪に問われています。

これまでの裁判で検察側は懲役2年を求刑し、弁護側は執行猶予を求めていました。

判決で金沢地裁の野村充裁判官は、所持していた覚醒剤や指定薬物は少量とは言い難く、常習性も認められるとしました。

その一方で、奥村被告に前科がないことや反省の態度を示していることから、懲役2年・執行猶予4年の判決を言い渡しました。

「MRO北陸放送」2024年6月11日(火) 18:38
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/mro/1224746

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -
2024年05月|2024年06月 |- ブログトップ