SSブログ

6月18日(火)明治大学文学部「ジェンダー論」第9講「衣服とジェンダー&セクシュアリティ(1)―人はなぜ服を着るのか?―」 [お仕事(講義・講演)]

6月18日(火)  曇り  東京  27.7度  湿度65%(15時)

9時、起床。
朝食はアップルデニッシュとコーヒー。
IMG_8047.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
化粧と身支度。
黒地に茶と白の花柄のロングチュニック(3分袖)、黒のレギンス(5分)、黒のサンダル、ベージュのバッグ。

11時、家を出る。
駅までの道のお宅、百合がきれい。
IMG_8048.JPG
IMG_8049.JPG
東急東横線から都営地下鉄三田線に入り、神保町駅で下車。
今日も1本早い電車に乗れたので、靖国通り沿いの「ドトール」で昼食を済ます。
IMG_8050.JPG
今日もエビマヨ・ミラノサンド。
12時25分、明治大学(駿河台)に到着。
IMG_8051.JPG

レジュメは420部×3枚=1260枚を印刷。
講義開始30分前に2回に分けて教室に運び、設置。
講師控え室に戻って前回の出欠記入。

13時30分、講義開始。
まず、肝心なところを残している第8講「トランスジェンダーと社会(後半)」を解説。

1 トランスジェンダーの基本定義
2 「第三の性」(Third Gender)の存在
3 性別越境者の職能
4 日本におけるトランスジェンダーの歴史 ―その職能を中心に―
 (1)トランスジェンダーの職能
 (2)トランスジェンダーの職能の展開
----------------(ここから)-----------------
5 「双性原理」について
 (1)「双性原理」とは何か
 ※女装を伴う祭礼
 (2)「双性原理」と「聖」・「賤」
 (3)「双性原理」と多神教・一神教

続いて、第9講「衣服とジェンダー&セクシュアリティ(1)―人はなぜ服を着るのか?―」に入る。
1 衣服の機能
(1)性器の隠蔽
(2)身体の保護・保温
(3)着心地・運動性
 (Topic1)貴族女性のドレスと運動性
(4)性別(ジェンダー)指標
---------------------(ここまで)---------------------
 (Topic2)「モテ服」の不思議 
 (Topic3)「お立ち台ギャル」は誘っているのか?
(5)身分指標
 (Topic4) 武士は、なぜちゃんと着衣しているのか?
 (Topic5) 欧米における娼婦の記号  
(6)自己表現 
 (Topic6)  ふたたび、性的誘引か、自己表現か


まだ、積み残しが解消できない。
来週、頑張ろう!

15時10分、終了。
(続く)

nice!(0)  コメント(1) 

李琴峰「五つ数えれば三日月が」、第161回芥川賞候補に [世相]

6月17日(月)

李琴峰さん、ほんとうに文章がうまい。

私は純文学はまったくの専門外だが、物を書く人間として、文章にはそれなりのこだわりがある。

正直言えば、今まで、年下の人で「うまい!」と思った人はあまりいない。
その私が「うまい!」と思った数少ない人。

芥川賞初ノミネートだが、一気に受賞もあると思う。
そうなることを願っている。
--------------------------------------------------
李琴峰|『独り舞』発売中‏ @Li_Kotomi
【ご報告】
令和初の『文學界』に発表した小説「五つ数えれば三日月が」が、令和初の芥川賞(第161回)にノミネートされました。小説は、平成最後の夏に久しぶりに再会した台湾人女性と日本人女性の物語。
https://twitter.com/Li_Kotomi/status/1140349939404300288


nice!(0)  コメント(0)