SSブログ

ポイントは事実婚 [現代の性(性別越境・性別移行)]

6月22日(土)

21日の最高裁判決の案件、ポイントは。女性パートナーとの関係が、法律婚ではなく事実婚であること。

法律婚だと民法の「嫡出推定」規定で、長女が誕生した時点で、夫である男性は自動的に父親になるので、「GID特例法」第3条1項3号(未成年の子がないこと要件)に引っかかって,女性への性別変更はできない。

しかし、事実婚の場合は「嫡出推定」が適用されないので、長女を認知しなければ、実質は父親であっても、法的には父親ではない。
家庭裁判所に提出する戸籍謄本にも、子の存在は記されていない。だから、3号要件に制約されることなく、戸籍の性別を女性に変更できた。

次女も誕生した後、認知を請求したのが今回の裁判で、て認められれば(認められた)「父親である女性」になれる(なれた)。

妊娠・出産がからむので、男性1人ではできないことで、パートナーの女性の協力が不可欠。
行き当たりばったりではなく、2人で周到に計画・実行された行動ではないか。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました