SSブログ

「キメセク」という言葉 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

6月10日(月)

「かなざわにじのま」事件についてのGの方の書き込みに「キメセク」という言葉があった。

知っているような知らないような微妙な言葉だったので、とりあえずwikipediaで調べてみた。

「薬物セックス」のことで、「性的快感を増幅させる媚薬や違法薬物(覚醒剤や危険ドラッグなど)を使用しながら行う性行為(セックス)のこと」とある。

そして、以下のように解説されている。
「薬物は多数のゲイ(男性の同性愛者)の健康や安全を脅かし、ゲイ・コミュニティ全体を揺るがす大きな社会問題と見なされている」。

「経口服用あるいは吸引ではなく、薬物を静脈に注射した後にセックスを行うこともあり、英語ではス
ラムセックス (slamsex) と呼ばれる」

「薬物乱交パーティーに参加する人は、多数の相手と安全でないアナルセックスを行うことにより、HIV/AIDSを含む様々な性感染症にかかる可能性が非常に高い。したがって、このようなパーティーはよく「公衆衛生上の要注意事項」と見なされる」

警察・検察の捜査結果は、単独使用ということで決着しているので、まさかとは思うが、逮捕時に所持していた覚醒剤の量の多さ(数10回分)が、どうしても気になる。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました