So-net無料ブログ作成

男性カップル宿泊、ホテル2軒が断る 尼崎市が行政指導 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

5月18日(月)

男性同士のカップルの利用を拒絶するのが、ラブホテル業界の「長年の慣行」だった。

それが、2018年に「旅館業法」の「衛生等管理要領」が改正され、「性的指向、性自認等を理由に宿泊を拒否することなく、適切に配慮すること」という文言が入ったことで、改善されたはずだったが、やはり「長年の慣行」は根深いものがあるということ。

ちなみに、男性と女装者のカップルは、ほとんど拒絶されないのも「長年の慣行」。
----------------------------------------------------
男性カップル宿泊拒否、尼崎市が行政指導 ラブホテル2軒に対し

男性カップルの宿泊を断ったとして、兵庫県尼崎市が市内の二つのラブホテルに対して、旅館業法に基づく行政指導をしたことがわかった。同性カップルの宿泊拒否をめぐっては、厚生労働省が2018年、旅館業における衛生等管理要領を改正し、「性的指向、性自認等を理由に宿泊を拒否することなく、適切に配慮すること」と記している。

同市内に住む30代の男性によると5日午後2時ごろ、同居するパートナーの30代の男性と市内にあるラブホテル2カ所を訪れたが断られたという。

一つ目のホテルの担当者は取材に「会社として性的少数者の支援を掲げ、同性カップルを受け入れてきた。今回断った理由は同性同士だからではない」と説明。一方、二つ目の担当者は「業界では男女の利用を想定し、男性2人は断るのが通例だった」としたうえで、「法律や人権に関わる問題なので、今後の対応を検討する」と話した。(花房吾早子)
『朝日新聞』2020年5月16日 17時47分
https://www.asahi.com/articles/ASN5J5QKSN5GPTIL00T.html


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。