So-net無料ブログ作成

2020東京オリンピックのマラソン代表選考MGC [スポーツ]

9月15日(日)

自分としては、やや早起きをして、2020東京オリンピックのマラソン代表(3名中2名)を決めるMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)の中継を見る。

まず、男子。
暑さの中、2位以下を2分以上も離して大独走していた設楽悠太(ホンダ)が大ブレーキ。
36kmの神楽坂下交差点を過ぎたあたりで、第2集団(9人)に一気に抜かれ、まったく付いていけない。
日本歴代2位の記録を持つ有力選手が脱落(結果、14位の惨敗)。
2位に入ればいいのに、なぜ、こんなレースをしたのか?かなり疑問。

39km過ぎで、一番きつい上り坂の前で中村匠吾(富士通)がロングスパート。
大迫傑(ナイキ)と服部勇馬(トヨタ自動車)がくらいつく。
この3人から2人の展開に。
結局、中村が逃げ切り、2位は大迫をかわした服部。
1位中村と2位服部が内定。

日本歴代1,2位の記録をもつ選手が内定から漏れる結果となった。

時差スタートの女子。
18kmで集団から抜け出し首位に立った前田穂南(天満屋)が独走となる。
35kmからの上り坂に差し掛かる地点で、2位は鈴木亜由子(日本郵政G)、3位は小原怜(天満屋)。
参加人数が少なく(10人)、上位の選手の間隔が開き、みな「独走」状態で「競走」にならない。

4位の松田瑞生(ダイハツ)もバテているので3位との差が詰まらない。
アクシデントがない限り、このまま決まりそう。

それにしても、このコース、38km以降の上り坂がきつい。
東京低地と武蔵野台地の比高は30m以上ある。
車道だから、一気に上るわけではないが、35km全力で走ってきて最後の最後に、この坂は過酷だ。

結局、1位前田、2位鈴木が代表内定、3位は小原。
前田は2時間25分15秒の(この暑さの中では)好タイム。
本大会でも、そこそこいける(8位入賞圏)と思う。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。